明日香村の棚田と案山子

b0044663_1517496.jpg囲炉裏村のオフで奈良明日香村の稲渕に彼岸花と案山子を見に行ってきた。昨日ほどではないけれど、からっと晴れて気持ちが良かった。朝9時に近鉄「飛鳥」駅に19人のメンバーが集まった。計画がアップされたのが金曜日、まさかこんなに大勢になるとは思っていなかった。主宰者のこまくささんいわく、「みんな、暇やなあ。」
b0044663_15163581.jpg
駅前からバスで石舞台にいき、石舞台が始めての人だけ中に入って見学(有料)。ぼくは初めてではないけど、せっかく来たんだから入る。石舞台の周りには白い彼岸花が満開だ。2,3枚写真を撮って出る。ここから、ややのぼりのアスファルトの道を行く。談山神社への分岐を右折れして、「まら石」(何でしょう?)のところを過ぎると、いよいよ棚田が見えてくる。中を通る道路の片側に車がぎっしり止まっているのが見える。稲渕の棚田という看板を過ぎるといよいよ案山子の立ち並ぶ棚田の中に入っていく。毎年のイベントの今年のテーマは「夢」。ユーモラスな案山子の連続だ。
b0044663_15164815.jpg
時節柄、「タナ(棚)ちゃんのイナ(稲)バウワー」という案山子もあり、人気を呼んでいた。棚田の上のほうから見ると、それぞれの田の畦に咲く彼岸花がきれいだ小一時間ほど、楽しんだ後、分岐に戻り、談山神社のほうに向かう。しばらくはまだ右手に棚田と彼岸花が美しいなか、さっきよりやゝのぼりきつい道を行く。日差しはじりじりと強い。しばらく行くと右手に神社があり、
b0044663_15171660.jpgちょうど昼なので弁当にする。メンバーの持ってきた美味しい差し入れをいただきながら楽しく過ごす。やや長めの昼食の後は、いよいよ談山神社への登りだ。普通ならなんとも無い登りだけれど、満腹の後にはちょっときつい。黙々と登る。何度か道路を横切ってやっと神社の入り口に着く。ここで、こまくささんが持ってこられたメロンをいただく。美味しい。
そのあともうちょっと登って、神社の裏山の御破裂山に登り展望台から奈良盆地を眺める。今度はちょっと下って、中大兄皇子と藤原鎌足が「大化の改新」の相談をしたという「談山(かたらいやま)により神社まで下る。神社で有名な十三重の塔をみて帰る
b0044663_1517281.jpg
b0044663_15174926.jpg
# by take4ni4da | 2006-09-24 20:30 | Comments(0)

今日の朝食

b0044663_1115020.jpg
朝6時20分ごろ家を出るので、いつも朝食は一人。前は、ぎりぎりまで寝ていて朝食もとらずに飛び出していき、会社の近くのコンビニでパンを買って始業前に朝食であった。
いつごろからか、5時半には目が覚めるようになり(年をとったせいか?)朝食の余裕もできた。毎朝ぼくの嫁はまだ睡眠中。しかたなくご飯やパンを用意して食べていくようになった。
# by take4ni4da | 2006-09-22 11:03 | Comments(0)

重松清著「その日のまえに」

b0044663_13224455.jpg重くなりがちな題材「死」についてを扱いながら
決して重くない。かえってさわやかな短編集。
「その日」とは、癌の妻の死ぬ日。
「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」と
後半のこの三つの章は繋がっている。

前半には、「ひこうき雲」「朝日のあたる家」
「潮騒」「ヒア・カムズ・ザ・サン」といずれも死を見つめる短編が続く。

前に読んだ、同じように癌の死を扱った「象の背中」の
男の垢をそぎ落としていくようなのとは違い清い話で、ちょっと泣ける。

友人が、ちょっと若い同僚に読ませたところ
あまり感動しなかったようだ。このような小説で泣くのはまだ早いのか?
# by take4ni4da | 2006-09-20 12:54 | Comments(0)

夜な夜な聴くCD

b0044663_12292730.jpg僕のお休みの音楽は最近ずっとちあきなおみアナザーワールドだ。彼女のオリジナルじゃなくて、ポルトガルのファドやフランスのシャンソンを歌ったすばらしいアルバムである。演歌歌手として有名な彼女はこんな歌も難なくこなしてしまう素晴らしい才能の持ち主だ。近年、歌手生活を止めているらしいが惜しい気がする。
# by take4ni4da | 2006-09-13 12:35 | Comments(2)

花田少年史

b0044663_13424773.jpg「花田少年史」を観て来た。人気コミックの映画化だ。
腕白三昧の少年一路(いちろ)が、交通事故に遭って、幽界をさまよっているときに幽霊の少女にそれ以上行っては行けないと呼びとめられ、息を吹き返す。
そのときから一路は死んだ人の幽霊が見えるようになり、その幽霊達が、存命中の心残りのことを一路に託すという、大分雰囲気は違うけど日本盤「シックスセンス」かな。

一路を演じているのが、「三丁目の夕日」で、素朴ななにか愛らしい少年を演じていた須賀健太。三丁目とは打って変わって非常に活発な、腕白坊頭を演じている。なかなか、才能の有る少年だなあ。
コミック判では、不細工でパワフルなかーちゃん役を篠原涼子が演じており、ちょっとイメージが違うけど映画だからこれも有りなんだ。

全体に、愉しいお涙あり、アクションありの面白い映画だ。
途中、幽霊同志が戦うシーンなど、えーっ?ドラゴンボールやと思われるところも有った。
やっぱり、お化け映画ですから時々ビックリさせられるところも有る。
芸術作品ではないけど、ほんわか愉しいしお薦めだ。

吊られて、コミックも買ってしまった。これも面白い。
# by take4ni4da | 2006-09-03 20:00 | Comments(0)

青い空と白い雲

b0044663_15145056.jpg綺麗な空と白い雲。空気が澄み渡っている。犬の散歩のとき空を見上げるとこんな空だった。
秋らしく空気が澄んでいる。蝉も鳴かなくなった。煩かったけどちょっと淋しい。昨日は、一日家でごろごろしていたので今日はどうする?
# by take4ni4da | 2006-09-03 08:00 | Comments(0)

朝日岳と雪倉岳

b0044663_150140.jpg久しぶりに、アルプスの山に行ってきた。25日の夜出発し翌朝蓮華温泉から出発。駐車場から正面に雪倉岳が雄大なすがたを見せている。最初緩やかな下りでしばらく行くと、湿原につく。木道の廻りには、シモツケソウや、マイヅルソウなど色とりどりの高山植物が咲いている。樹林帯に入ってなおも下りのみちを行くと渡渉地点に鉄パイプで作ったちょっと頼りなげな橋を渉る。b0044663_1505178.jpg
(話を中断するとだんだん記憶が薄れていくなあ。)さて、ここまででちょっとへばってしまった.いわゆるシャリバテ。友人の励ましを受けて、休憩中にパンをかじる。ちょっと元気が出てきたカナ???
これからが、本格的な登り。慌てずぼちぼち行こうと思う。友人達は先にどんどん行ってしまう。一歩ずつでも前に進もうと進むが、なかなか調子が出ない。ようやく樹林帯を抜けて湿原のピークにつく。ニッコウキスゲが所々咲いていて、中ほどに水場があったので、コップを出して飲む。たまらん。b0044663_1523195.jpg
まだしんどいが、もう戻っても同じこと、ちょっとずつ前へ前へ、上へ上へやっとこさ日本海へ続く栂海新道の分岐に着く。この前どんかっちょ!さんとひげQさんが通ったところだな。ここからは朝日岳三角点までもう少し、よっしゃあ頑張るぞお!木陰もないざらざらの山道を、地面を見ながらふうふう言ってゆっくり登る。廻りの景色は雲がかかっていて見えにくい。と言うより見ている余裕が無い。頂上近くになって上のほうにまささんの姿が見えた。b0044663_16382384.jpg
もう少しだ。午後4時やっとこさ頂上に着く。やれやれ。友人が写真を撮るために待っていてくれた。b0044663_173754.jpgb0044663_16231249.jpg感謝!友人達に先に行ってもらって、ちょっと休む。360度の眺望だが天気はいいけど雲が多くて今一つだ。これからは朝日小屋まで下り。木道がしっかりついていて、辺りにチングルマが群生している.傾き掛けた夕日にきれいだ。やがて赤い三角屋根の朝日小屋が見えてきた。5時前ようやく友人達の待つ小屋に到着。ああ、つかれたあ。用意してくれた缶チューハイをググッと呑む。美味い。
b0044663_1721152.jpg
ここの小屋の夕食は結構美味しい。疲れた後のビールは美味しいと期待していたが、疲れすぎて今一つ進まなかった。窓から夕日と雲海が見える。夜はさぞ星が綺麗だろうなと思ったが、疲れて寝てしまった。
翌朝は四時半起床、今日は予定では12時間の長丁場なので朝食は途中で食べることにして5時に出発する。朝日岳の裾の水平道をどんどん行くが、少々のアップダウンが答える。天気のほうは上々だ。草が生い茂っているためか、小さな虫がぶんぶんと飛び回るので鬱陶しい。それぞれ、虫除けスプレーを出してシューッ。
b0044663_11445077.jpg
ようやく着いたツバメ平で一休み。ここから雪倉岳頂上まで登りだ。また、みんなからどんどん遅れていく。木陰の無い道を黙々と登るが、もう登るしかない。ところどころに綺麗な花が咲いていて、疲れを安らげてくれる。ひと登りして、尾根道に出ると頂上まで一直線。先に登った友人が、「もう少しよ。」と声をかけてくれる。最後の力を振り絞ってようやく頂上だ。さっそくバンダナショットを撮って、風があって寒いので、ちょっと下りたところの非難小屋に急ぐ。b0044663_11455534.jpg下りる道もザレていてズルッと滑りやすいので注意していく。30分ほどで非難小屋に着いた。中にはトイレもあり、ニ間ほどの板の間になっている。少しの休憩で、次の小ピークまで緩やかな登り例によって遅れ遅れ行く。見上げれば鉢ケ岳の勇姿。鉢の鞍部を過ぎると分岐点のピーク。最初の予定では、このまままっすぐさらに三国境まで行き、小蓮華山を越えて白馬大池を廻り天狗の庭を通って蓮華温泉に下りる予定だったが、時間がかかりそうなので、ショートカットの鉱山道を行くことにする。b0044663_1146610.jpg
今度は僕が遅くなると行けないので、友人に前後挟まれた状態で下りる。ちょっと辛いものがあるがこれもみんなで愉しく下りるのはいい。しばらくサレたゆるい下りを行く。途中コマクサも咲いていた。所々に雪渓もあり一個目の雪渓で転んで服がどろどろになる。四個ほどの雪渓は無事通過。途中昔の鉱山の作業所や事務所跡があり、こんなところまで作業員は通っていたのかと思いをはせる。「うまい水」と岩に書いてある水場で飲んでみたら本当に美味かった。b0044663_11461837.jpg昼過ぎになっていて腹も減ってきたので大休止して食事をとる。まささんとひいちゃんがラーメンを作ってくれたので分けてもらう。そんなこんなでようやくスリル満点の不安定な橋を渉り、向かいの崖を攀じ登って、しばらく行くと行きに通った木道に出た。もう少しだ。「ビール!ビール!温泉!温泉!」と声を掛け合いながらやっと蓮華温泉に到着。さっそく温泉小屋でビールを購入し(わかばさんは、コーヒー)乾杯!お疲れさん。あと、熱い温泉に入って(気持イイ!)サッパリした所で、帰路につく。最後まで、励ましてくれたみんなに感謝です。ありがとう。

b0044663_11462974.jpg
# by take4ni4da | 2006-08-28 06:00 | Comments(1)

LAN配線

今の家に、各部屋でインターネット出来るように、LAN配線をしようと見積もりを取ったら
初めの工事が19000円で配線が一本増えるごとに+10000円と高いので、ためしに一本
隣の部屋同士の配線を試みた。
家を建てるときに、それぞれの部屋に配線できるように、壁の中にパイプ?を入れてもらった。
それで、先日梅田のヨドカメでモジュラージャック2個(各1030円)と
10mのLANケーブル(910円)を買ってきて、今日やっと取り掛かった。
恐る恐るやったが、約3時間ほどで何とかできた。案外簡単や。まずは締めて2970円。
テストもOKで一安心である。
# by take4ni4da | 2006-07-21 01:36 | Comments(1)

毎朝ウォーキング

このところ毎朝、梅田から会社まで約50分歩いている。
蒸し暑いので着いたころには汗びっしょりになる。
週末の山行きに備えてのトレーニングだが、アプローチの長い南アルプス荒川三山にこんな事で登れるのかな。
なにしろ、去年、蜂に射された大笠山以来の山行きだからちょっと不安だ。
b0044663_1453171.jpg

# by take4ni4da | 2006-07-12 14:08 | Comments(0)

セミが鳴き出した。

今朝、通勤途中歩いていたら近くの木でセミが鳴き出した。
まだ。あまりうるさくないが、いよいよ本格的な夏がやってきた。
b0044663_1030186.jpgb0044663_10303652.jpg
# by take4ni4da | 2006-07-11 10:28 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

ジョン・レノン
at 2018-12-08 23:36
暇な最近のこと
at 2018-12-07 14:52
紅葉に映える胡宮(このみや)..
at 2018-12-02 23:40
歩育:京の食文化ミュージアム..
at 2018-12-01 16:34
鷹峯・光悦村を訪ねて
at 2018-11-30 23:31

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

いいえ、反則ではありませ..
by take4ni4da at 22:12
いいな〜 私も仲間に入..
by としこ at 17:00
りゅうちゃん、お疲れさま..
by take4ni4da at 10:29
会久々のコメントです。1..
by りゅうちゃん at 19:40
> まあちんさん、Jさん..
by take4ni4da at 09:53
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 20:31
でこさん、そうでしたね。..
by take4ni4da at 18:10
お疲れさまでした。ほんま..
by でこ at 17:58
> ミミさん いつも見..
by take4ni4da at 22:19
綺麗な花たち。良いですね..
by ミミ at 09:25

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧