音楽三昧その1(友人のコーラス)

友人のコーラスグループ「ポコリ」のファーストミニコンサートに行ってきた。
JR丹波口近くのクリニック6階のホールで行われたコンサートには、僕が行ったら既に30名ほどの人が詰め掛けていた。
団員が、原文をみんなで訳して歌詞を考えたというアイルランド民謡2曲以外は、良く知っている曲ばかりで、途中、アコーディオン独奏や、ピアノ独奏に、団員の女性の独唱、さらに客席を交えての合唱など、一番年長だと言われる、司会者の和やかな進行もあり、バラエティーに富んでいて大変楽しいコンサートだった。
b0044663_16422867.jpg

# by take4ni4da | 2007-02-24 23:34 | Comments(0)

一ヶ月のご無沙汰

b0044663_1241693.jpg
「一週間のご無沙汰でした」という、司会の挨拶で始まる音楽番組があったなあ。
最近、別のことにはまっていてなかなかこちらに書き込みが出来ない。

時々、見ていただく方もいらっしゃるので、たまには顔を出さないといけないね。

その間、京都一周トレイルの第2回目に参加したり、飛鳥へウォーキングしたり、
コンサートに行ったり、いろいろあったので、やっぱりレポートしないとと思う。

世間は、中途半端な冬が終わりかけて、一気に梅が咲き
花粉が飛び春が迫ってきているというより、もう来てる。
先日、通勤途上の梅田で「どーこーかで、はーるうが生まれーてるう」と
流れていた。

明日は、息子の高校卒業式で、そのあと友人のコーラス発表会に行く予定だ。
# by take4ni4da | 2007-02-23 12:50 | Comments(0)

DreamGirlsを観てきた

会社の帰りに映画「ドリームガールズ」を観てきた。

60年代後半を騒がせたシュプリームスがモデルのミュージカル映画で、出演者全員すごい歌唱力。
「レイ」のジェイミーフォックス、「ビバリーヒルズ・コップス」のエディーマーフィーに、 ダイアナロス役にディスティニーズ・チャイルド(コーラスグループ)のビヨンセがでている。
他に、ダニーグローバーまで。
中でも、途中でグループを追われるメンバー役の、ジェニファー・ハドソンの歌唱力は抜群で、
アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされているとか。

音楽ファンには堪らない、その当時のシュプリームスを髣髴とさせるくすぐる要素たっぷり。
それでも、シュプリームスのヒット曲は一曲も使われていなくて、このミュージカルのために
書かれたオリジナル曲ばかりで、へんに古臭くなく現代に通じる曲作りになっていて新鮮。
レコードジャケットや、スチール写真(ビートルズと一緒に写している写真もある)などの小物も、
シュプリームスのレコードや当時の音楽状況を知っているものは思わずにんまりとしてしまう。

黒人暴動やドラッグで荒れていたアメリカの当時の音楽業界の裏側の描写も実に面白いし、
息をつかせないすばらしい歌の連続で、飽きさせない。
最後は、不覚にもうるうるときてしまったb0044663_12475947.jpg
# by take4ni4da | 2007-02-23 12:49 | Comments(0)

囲炉裏村の月例会

囲炉裏村の月例会に参加した。今日は、久しぶりに参加者が少なく、こじんまりとしていた。ぼくは、囲炉裏村に参加してから、皆勤賞で参加している。来月も頑張って参加しようと思う。

わーっ!上の文章は月例会からの帰り酔った勢いで電車の中から携帯で投稿したのだが、なんと5回も参加という言葉が入っている。なんじゃらほい。
# by take4ni4da | 2007-01-24 23:19 | Comments(0)

亀岡:丹波七福神めぐりウォーク

亀岡にある七福神めぐりに行ってきた。
b0044663_15452686.jpg

明智光秀の亀山城、今は大本教本部の中にあり、本丸跡のてっぺんは聖域として立ち入り禁止になっている。
b0044663_15453939.jpg
一番神応寺裏のかわいいお地蔵さん
b0044663_15455691.jpg
b0044663_1546740.jpg

あちこちで蝋梅が満開だった。
b0044663_15462087.jpg

せっせと集めた朱印台紙
# by take4ni4da | 2007-01-21 20:30 | Comments(0)

京都一周トレイル

囲炉裏村のファイヤーマンさんの企画で、京都の周りの山をぐるーっと一周する「京都一周トレイル」の第一回目のオフに参加してきた。出発地の京阪伏見稲荷駅から4人で歩き始める。正月も過ぎているのに参拝客が割りと多い。有名な赤い鳥居のトンネルをくぐり急な石段を上って見晴らしのいい四つ辻に。しばらく眼下の京都市街を眺めた後、稲荷山一周の道へ。相変わらず赤い鳥居と石段の道が続く。途中横道にそれて、稲荷山の三角点に寄る。途中、あらじん読者倶楽部のSさんにばったり出会う。見晴らしの悪いひっそりとした三角点を後に元の道に戻って再び四つ辻へ。今度は尾根道から急なコンクリで固められた道を降り、住宅地に入る。「住宅地では静かに歩いてください」との看板がある。静かに歩こう。こんもりとした森に入るとすごに「泉涌寺」の前に出る。今日は歩くのが目的なので、入らずに通り過ぎ、その先の「今熊野観音寺」もやり過ごして先を急ぐ。しばらく迷いそうな民家の間を通って再び山道に入る。町の中とは思えないような山道だ。この下を、東海道線が通っている。
b0044663_1304432.jpg
b0044663_1311330.jpg

b0044663_1321111.jpg

しばらく、山道を行きちょっとコースからはずれ秀吉の墓である「豊国廟」で弁当を食べる。本コースに戻って、さらに行くと突然道路に出る。右に行くと京都の斎場がある。しきりに霊柩車などが通り過ぎる。五条バイパスの下をくぐり、きつい階段を登り清水寺方面に歩く。右手にまた山道に入りしばらく登って、わき道に50歩入ると清水山三角点に着いた。こちらも周りに木があって展望はゼロ。元の道に戻って気持ちのいい散歩道を行くと視界が開けて「将軍塚」に着いた。ここからの眺めも比叡山方向、西山方向とも抜群だ。最後は、急な坂を下りて、粟田口に着き今日の行程は終わり。祇園まで歩いてビールと壱銭洋食というお好み焼き風の食べ物とビールで打ち上げをして解散した。
b0044663_15422738.jpg
b0044663_15423825.jpg

# by take4ni4da | 2007-01-20 20:30 | Comments(0)

繖山(きぬがさやま)と湖国大パノラマ

囲炉裏村「はんなりオフ」で、滋賀県の繖山(きぬがさやま)に登って来た。能登川駅に18名が集合。まずは、先に干支の山「猪子山」に向かう。アスファルトの嫌な登り道に続いて、長ーい石段を登ると大きな岩に抱かれた小さな祠があるこの中に「北向十一面観音」が安置されているというが、横の大きな岩に気を取られて、見逃してしまった。この大きな岩によじ登ると、大パノラマ実に気持ちがいい。その岩からちょっといったところが「猪子山」の三角点だ。三角点を通りすごして、尾根道をアップダウンしながら、目的地の繖山(きぬがさやま)に向かう。途中、何年か前に山火事で焼けた禿山の道を通ると、両側は開けた大パノラマロードになる。湖国の隅々まで見渡せる素晴らしい道だ。でも、ずーっと上まで階段の連続。しんどいけど景色がいいので疲れを忘れる。所々の谷すじには残雪もあった。能登川の駅から約2時間で、目的地の繖山三角点に到着。全員そろったところでバンダナショット(囲炉裏村のバンダナを広げて集合写真を撮る)。お昼も廻ったところなので、少し進んだ広場でお弁当を食べる。今回は、お正月なので、お雑煮を全員で食べる。満腹になって、荷物をデポして西国三十三箇所の札所である「観音正寺」に向かう。ここの建物も山火事のときに焼失したため真新しい本堂が建ち、なおも建て増し中であった。人影もまばらな寺を後に、元の所に戻り下山にかかるが、下山道も段差の高い階段の連続で膝が笑う。ようやく下の道に下り、最後の目的地「安土城址」に向かう。城址入り口で500円払って、いきなりまた階段の道をのぼりフウフウ言いもってようやく本丸跡にたどり着く。ここからも伊吹山が綺麗に見えた。本丸跡から、山内を巡回してもとの入り口に戻り、ゴールの安土駅に4時前に到着。反省会組は、京都駅で下車。ビヤホールで楽しいときをすごして解散。階段の連続でかなり足に来ているが、天気はよくて快適な山旅であった。皆さんに感謝。
b0044663_12295226.jpg
大パノラマの登り階段の連続
b0044663_1230649.jpg
その大パノラマ琵琶湖西の湖と安土城址のある山
b0044663_12304317.jpg

観音正寺の真新しい本堂
b0044663_1231083.jpg
安土城址の登り階段
b0044663_12303153.jpg

# by take4ni4da | 2007-01-14 20:30 | Comments(0)

ニューイヤーコンサート

b0044663_1243148.jpg今日のウォーキングが悪天候のため、延期を昨日早々と告知した。京都は朝から横殴りの吹雪で中止にしてよかったと胸をなでおろした。さて、ぽっかりと暇になったなあと思っていたら、嫁はんがコンサートのチケットを貰ったので行かない?と言ってきた。うん?京響のニューイヤーコンサート?行く行くと即決。京都コンサートホールに向かう。おりから、雪もやんで丁度よい。今日の演目はシュトラウスの「春の声」、ベートーベンの「運命」とドボルザークの「新世界から」で、どれもこれも超有名曲だ。一年のうちニューイヤーだけは、京響の女性の楽団員は赤や黄色のドレスや着物を着て華やかな舞台だ。曲のほうは、やはり有名曲で聴きやすく心地よい。ただ有名なだけじゃない素晴らしいものがある。今日一番うれしかったのは、アンコール曲で僕の大好きなドボルザークの「スラブ舞曲第10番」をやってくれたことだ。映画音楽にも似たつややかな曲に酔いしれてしまった。
# by take4ni4da | 2007-01-07 20:30 | Comments(0)

夢枕獏著「神々の山嶺(いただき)」

b0044663_1253590.jpg
へなちょこ登山の僕には想像できないエベレスト登山の小説だ。発表されたのはずいぶん前だが、友人の勧めで今回はじめて読んだ。エベレスト登山にすさまじいばかりの執念を燃やす男の話。だれも登ったことのない壁を無酸素で登頂に挑戦する。物語は、エベレスト登山に同行し、二人の隊員を遭難で失ったカメラマンが、カトマンズのとある店で、壊れたカメラを見つけるところから始まる。ところが、ホテルを留守にしている隙に、カメラが盗まれ町を探し回っているうちに、数年前に姿を消した伝説のクライマーに出会う。そこから話はその羽生というクライマーの話になっていく。ちょっと、ミステリータッチの物語だ。
「ミニヤコンカの奇蹟」「凍」など、コレまでも山岳小説を読んだが、どれも緊迫する物語だ。
作者は最近陰陽師「安倍清明」などで有名だが以前はこんな山岳小説を書いていたんだとはじめて知った。お恥ずかしい話だ。
# by take4ni4da | 2007-01-06 12:54 | Comments(0)

愛宕山初登山

山仲間の囲炉裏村で、2007年登山の安全祈願に愛宕山に初詣登山をしませんかと呼びかけたら、なんと21人も集まった。10時に清滝に集合して、表参道をゆっくりと登り始めるが、次第に前後の間隔が空いてきて、頂上に着くまで4回ほど人数確認のため休憩した。約2時間ほどで全員山頂の広場に着き、そろってさらに石段を登りつめた社殿に参拝した。去年は、このあたりは雪が積もっていたが、今年はわずかに残雪があるくらいだ。毎年買う「火の要慎」お札を買って、三角点に向かう。三角点で弁当を食べる。ここからの京都市内が見えるが、雲がかかっていてちょっとはっきりしない。元の道を戻り、下りは月輪寺経由で清滝に向かう。表参道の階段の多い道に比べるとこちらは本当の山道だ。とんとんとんと結構急な下りで、一気に月輪寺までおり、ちょっと休憩してさらに林道まで下りた。希望者だけ、空也の滝を見に行き、再び合流して最終清滝に向かい、解散する。そのあと、一部の人(11人)だけ、京都駅で反省会をして、帰路に着く。
b0044663_11163066.jpg

# by take4ni4da | 2007-01-03 20:30 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

南房総フラワーマーチに参加
at 2018-02-19 15:25
昔の写真でお遊び
at 2018-02-10 11:50
やっと行けた
at 2018-02-08 23:11
京の門前菓子ウオーク
at 2018-02-04 23:07
歩育 ダスキンミュージアム見..
at 2018-02-03 23:33

以前の記事

2018年 12月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> でこさん 参加あり..
by take4ni4da at 18:54
お疲れ様でした。1年ぶり..
by でこ at 16:38
> ミミさん コメント..
by take4ni4da at 23:58
みなさま良く歩かれますね..
by ミミ at 09:32
> shizuko-65..
by take4ni4da at 22:04
タイミング良く取材されて..
by shizuko-65 at 18:33
> でこさん コメント..
by take4ni4da at 14:15
リーダーお疲れ様でした。..
by でこ at 09:12
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 01:22
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 21:30

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧