人気ブログランキング |

カテゴリ:567倶楽部ウォーク( 62 )

紫陽花の三室戸寺から黄檗山万福寺へ

b0044663_07045353.jpg
 古いネット仲間と歩くウオーク。たぶん2000年ころからだから19年にもなる。古くいつも参加していた人たちも、3名ほど亡くなって、他の参加者も年を取って少なくなった。今日も、3名のネット仲間と、プラス4名が集まった。元のメンバーで僕一人になったらやめようかな?
 さて、JR宇治駅前に、集合して出発。宇治橋前から、平等院参道を歩き、塔の島に渡り、朝霧橋を渡って宇治神社に入る。あっ!朱の鳥居がない。去年の台風21号の被害を受けたようだ。さらに、進んで世界文化遺産の宇治上神社に参る。宇治神社とともに菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)を祀り、明治以前は二社でひとつと考えていたという。宇治上神社を後に、仏徳山への道を見送り、宇治市源氏物語ミュージアムの前を通り、三室戸寺への道を行く。道端には綺麗な紫陽花が咲いていて期待が膨らむ。ところが、三室戸寺に着き拝観料800円(特別料金)を払って入ると、何と寂しいやっぱり早かったんだ。一番高いところにある本堂の前の、蓮もまだ蕾だった。これで800円?それでも、2分咲きぐらいの紫陽花園をゆっくりと回る。写真が目的で来たHaさんも、40分ほど取った時間も早めに繰り上げて出口に集まり再出発。ここからは、宇治市街に戻らず、北に進む。途中の安養寺で鉢植えの睡蓮が咲いていて、その水槽にはちっちゃなメダカがすいすい泳いでいた。さらに北に進んで京滋バイパスの上を越えて、黄檗公園で昼食。木陰で涼しい風を浴びながら弁当を食べる。目の前には、ヤマモモの実がなっていて、ちょっとつまんで食べる。甘い。
 午後は、集合写真を撮って、万福寺へ。天王殿で大きなおなかの布袋像を眺めて、境内をゆっくり散策。木魚の原形とされる開版(魚梆)もおなじみだ。比較的ゆっくりと拝観をして、JR黄檗駅で解散となった。
b0044663_11121647.jpg
朝霧橋を渡る
b0044663_11132522.jpg
現存する最古の神社建築の宇治上神社の本殿(国宝)
b0044663_11183450.jpg
三室戸寺に向かう途中の紫陽花
b0044663_11195843.jpg
中に入るとこんな程度
b0044663_11204666.jpg
高いところにある本堂(蓮はまだだ)
b0044663_11261457.jpg
b0044663_11264955.jpg
b0044663_11271827.jpg
b0044663_11274846.jpg
安養寺
b0044663_11281936.jpg
安養寺の睡蓮
b0044663_11285017.jpg
メダカがいっぱい
b0044663_11291652.jpg
もう萩が咲いている
b0044663_11301554.jpg
黄檗山万福寺の三門
b0044663_11305317.jpg
弥勒菩薩の化身と言われる布袋尊
b0044663_11315065.jpg
木魚の原形とされる開版(魚梆)
b0044663_11324502.jpg
総門を後に

by take4ni4da | 2019-06-09 23:45 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

恒例:山の辺の道ウオーク2019

b0044663_21101696.jpg
天理トレイルセンターにて
 今年は雨の山の辺ウオークとなった。Yaちゃんは、いつ中止の知らせが入るかと、ちょっと期待していたようだ。雨だからやっぱり集まりは悪い。男4名、女3名の計7名。桜井駅を出発して、傘をさして歩く。まだ、雨は僅かだ。三輪山は雲の中で見えない。海柘榴市(つばいち)の仏教伝来の地の碑前で一休み。金屋の石仏の前を通り、急な石段を登り聖徳太子の創建とされる平等寺を訪ねる。最近、境内の満開のつつじを見ていなかったが、今年は、満開とはいかないけど、そこそこ咲いて迎えてくれた。平等寺から三輪大社に向かう途中、いままでで最高のギンリョウソウの群生に遭遇。令和元年の初詣でごった返す三輪大社を通り抜けて、さらに進み狭井神社に寄る。三輪山の登拝は今日は禁止ということだった。ここからが、山の辺の道の神髄。ウマノアシガタや山藤の咲く道を進む。以前は玄賓庵前には、ウマノアシガタの群生が有ったが、いつのころからか皆無になってしまっていたが、今年もダメだった。和辻哲郎書の山邉道の石碑を過ぎて、桧原神社で休憩。鳥居の間からの二上山が見えない。残念!大和の青垣と呼ばれる山々を眺めながらさらに北上、景行天皇陵、崇神天皇陵とめぐり、天理トレイルセンターの到着。ここで、昼食とする。雨も当初の予想より強くなってきたので、この後に進む気力なし。昼食後は、長岳寺のつつじをゆっくり見て、黒塚古墳からJR柳本駅にゴールとする。Haさんは、長岳寺のカキツバタを撮ろうと30分の時間を要求するも、カキツバタがまだ咲いていないとのことで長岳寺に入らず、つつじを観るだけにする。
b0044663_21124791.jpg
海柘榴市(つばいち)の仏教伝来の地
b0044663_21135976.jpg
金屋の石仏
b0044663_21115429.jpg
平等寺
b0044663_21145640.jpg
ご本尊十一面観音像
b0044663_21160897.jpg
大神神社に向かう途中
b0044663_21170822.jpg
大神大社手前のギンリョウソウの群落
b0044663_21180571.jpg
大神大社の賑わい
b0044663_21184912.jpg
狭井神社
b0044663_21193165.jpg
山藤が
b0044663_21200123.jpg
山ノ邉の道石碑
b0044663_21204334.jpg
桧原神社
b0044663_21211174.jpg
二上山は見えない
b0044663_21214254.jpg
景行天皇陵
b0044663_21221741.jpg
崇神天皇陵
b0044663_21225160.jpg
長岳寺のつつじ(今一つ)
b0044663_21234494.jpg
黒塚古墳



by take4ni4da | 2019-05-01 23:40 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

八幡背割り桜から長岡京ウオーク

b0044663_23070432.jpg
 仲間のウオーキング。4月のスケジュールがいっぱいなので、3月31日に4月分とした。骨折で、ほとんど諦めていて、嫁さんに代役を頼む予定だったが、ここ2日ほど、痛みも和らいできたので、行けるところまでという気持ちで、参加を決めた。と言っても、「まだ早いかな?」という気持ちで、とりあえず代案を用意して出かける。インターネットによると、「ちらほら咲き」ということだったが、行く途中の車窓から、うっすらとピンクになっているのが分かったので、当初の予定通り背割り桜を楽しむことになった。
 集合時間になって、集まった仲間は11名。まあまあか。京阪八幡市駅前を出発。多くの人が同じ方向に歩いていく。ちらほら咲きということで、去年よりちょっと人が少なくて歩きやすい。御幸橋を渡るとき、左手に背割り堤が見えて来て、うっすらとピンクに染まっている。背割堤を、とりあえず先のほうまで行く。3分咲きぐらいだろうか、圧巻というほどではない。去年の台風の影響で、そこここに折れた枝を切った後があり、スカスカだ。風があって、少し寒い。
 一番先端まで歩き、堤防の下に降り、下の道を引き返す。やっぱり、例年に比べたら、見上げる桜も寂しいなあ。これからだもんね。しばらく戻り、中間付近で、早めのお弁当を食べる。パラパラとにわか雨が降り始め、慌てて雨具を着る。でも、大したことはなく、着ないでもなんとかなる。一週間ぶりのビールを、「たけちゃん、もう呑んでいいの?」と、みんなに冷やかされながら飲む。美味しい!
 午後は、背割りの入り口まで戻り、道路を挟んで向かいにある「さくらであい館」でしばらく休憩後出発。北の御幸橋を渡り淀に向かう。淀城跡で休憩して、桜を鑑賞。與杼神社に参って宮前橋を渡り、サントリー通りを進み、落合橋を渡って小畑川沿いの道を行き、恵解山古墳を訪れる。このへんは、ナガスポの例会のコースだから、目を瞑ってでも歩ける。犬川を渡って、勝龍寺に参る。ぼけ封じの観音
さんを、よく拝んでおいてね。つづいて勝竜寺城公園で休憩。期待の桜は、こちらもまだ3分咲き程度だった。公園真ん中の枝垂桜は満開で、ピンクの花で和ませてくれた。公園を出て、旧西国街道を進み、JR長岡京駅前で数人と別れ、後のものはさらに進んで、阪急・長岡天神駅でゴールとなった。一日中、日がさしたり、にわか雨にあったりと、ややこしい天気だったが、ぼくとしては、無事最後まで歩くことが出来て大満足だ。
b0044663_13201203.jpg
御幸橋を渡る前、うっすらとピンク
b0044663_13210531.jpg
少ないなあ
b0044663_13222334.jpg
人も少ないな
b0044663_13244242.jpg
垂れさがる枝も迫力がない
b0044663_13253228.jpg
この辺はだいぶ咲いている
b0044663_13261463.jpg
堤の先端に行くほど咲いている
b0044663_13273255.jpg
下に降りて見上げても
b0044663_13281079.jpg
去年かこんな感じ
b0044663_13291028.jpg
スカスカ
b0044663_13294746.jpg
淀城跡
b0044663_13304597.jpg
恵解山古墳
b0044663_13312493.jpg
勝龍寺のぼけ封じ観音
b0044663_13323296.jpg
勝竜寺城公園の細川忠興、ガラシャ像
b0044663_13343866.jpg
勝竜寺城公園の桜も3分咲き


by take4ni4da | 2019-03-31 23:30 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

池田を歩く

b0044663_18125613.jpg
 久しぶりの仲間のウオークだ。今回は、今話題のNHK朝ドラの「まんぷく」でおなじみの場所を歩く。でも今日の天気予報は、雨だ。出発のときから、ぽつぽつ。でも傘をさすほどでもない。池田駅から、線路に沿って宝塚方面に向かいすぐの「呉服(くれは)神社」に。日本書紀にある呉服(クレハトリ)、穴織(アヤハトリ)姉妹が、機織、裁縫の技術を伝えたとされて二人を祀っている。民家の中の小さな神社だ。阪急のガードを反対側に抜けて、左方向に進みほんまち通りを進むと左に「旅芝居の名門」大衆演芸場の「池田呉服座」の前を通り、その先の「落語みゅーじあむ」に入る。ミュージアムに入ると正面に演台が設けられて、館内に落語に関する展示がされている。「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」など、池田のと題する落語の演目が多いので、2007年に開館されたという。ほんまち通りをさらに進み少し坂を登り、池田文庫の隣に、逸翁美術館に到着し、入館料700円のところ、シニアは500円払って入り、展示物を観賞。小林一三(雅号・逸翁)の収集品の内「西洋ちょこっとアンティーク」という企画でコレクションが展示されていた。逸翁美術館からさらに登って、池田城跡公園に。やぐら風展望休憩舎から、池田市街を展望。まだ小雨の降り続く中、さらに登って五月山山麓の道路を西へ。雨も降っているし、どこか雨宿りして昼食をとれる場所がないか考えていたら池田市五月山体育館の受付で、中でお弁当を食べさせてもらっていいか聞いたら、快諾されたので入ったところの休憩スペースで、ちょっと早いが昼食とした。
 午後は、五月山動物園前を通り、サカエマチ商店街のアーケードを歩いて、池田駅に戻り、ガード下を通って、南へ。行く道すがら、カップラーメンを持った人々とすれ違う。そして、安藤百福氏の銅像が見えてくると、カップヌードルミュージアムに到着。入り繰り付近ではこれから入館しようという人たちで混雑していた。百福の銅像の前でみんなで記念写真を撮って後入館。30分ほどの見学時間を取って解散。もちろん「マイカップヌードル・ファクトリー」は、大人気で長蛇の列ができているので今日はやめて置きます。「カップヌードルドラマシアター」でビデオで、「まんぷく」の場面を思い浮かべながら鑑賞の後、「チキンラーメンの女房・安藤仁子展」を興味深く見て、集合時間になったので玄関前に集まって、阪急池田駅前に戻り解散となった。
b0044663_18133281.jpg
呉服(クレハ)神社
b0044663_18141568.jpg
大衆芸能の「池田呉服座」
b0044663_18151617.jpg
落語みゅーじあむ
b0044663_18154923.jpg
街角にあった「ビリケンさん」
明治末期田村駒治郎氏が商標登録したが、田村氏が池田出身だったので設置された
b0044663_18194841.jpg
逸翁美術館
b0044663_18202101.jpg
池田城跡のやぐら風展望休憩舎
b0044663_18282175.jpg
安藤百福の像
b0044663_18290481.jpg
こんなのもあったのかと思うインスタントラーメンの展示
b0044663_18310872.jpg
大賑わいのマイカップヌードルファクトリー
b0044663_18320910.jpg
安藤仁子展(なんとなく福子に似ているね)
by take4ni4da | 2019-03-10 23:50 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

泉涌寺七福神めぐりウオーク

 青空に映える京都タワーを仰ぎながらの集合場所京都駅前に、続々と参加者が集まった。久しぶりに大盛況に、用意した地図もぎりぎり間に合う。出発式の後地下街を通り、七条通を東に向かう。河原町を北上し正面通りを東へ進み、正面橋を渡って、耳塚を過ぎ、豊国神社前を南に折れて、京都国立博物館から、三十三間堂に至り列詰め休憩をとる。南大門を出て、東大路から剣神社前を通り、東山トレイルを南に辿り、今熊野観音寺の赤い橋をくぐって宮内庁書陸部事務所前で、一旦解散となった。12時45分の集合を約束し、参加者それぞれに泉涌寺の七福神に離散。界隈には、七福神のご利益をいただこうという人たちでにぎわっていて、小豆粥、甘茶などの接待に行列ができていた。今日の担当は広報なので、売店できつねうどんを食べて取材に向かう。参加者はそれぞれに、うどんや、そばなどで昼食をとり、福笹に吉兆と言われる縁起物を集めて回り、約1時間半あった自由時間も瞬く間に過ぎて、集合時間となる。時間が足りないと嘆く参加者もいたそうだ。集合時間になり、泉涌寺を後に、東福寺前を通り、九条通りから京都駅をまたいでKWA事務所前にゴール。日差しが温かく、楽しいウオークとなった。
b0044663_11073643.jpg
京都駅前で出発式
b0044663_11084150.jpg
修理中の三十三間堂前で休憩
b0044663_11093438.jpg
一番 即成院(福禄寿)
b0044663_21324634.jpg
二番 戒光寺(弁財天)お寺の中に真っ赤な鳥居が
b0044663_21340170.jpg
戒光寺では、小豆粥の接待が
b0044663_21345594.jpg
番外 新善光寺(愛染明王)
b0044663_21360409.jpg
三番 今熊野観音寺(恵比寿神)
b0044663_21371308.jpg
四番 来迎院(布袋尊)
b0044663_21382521.jpg
普段は静かな泉涌寺本堂
b0044663_21390993.jpg
泉涌寺の鬼瓦。目が光っているね
b0044663_21400189.jpg
五番 雲龍院(大黒天)
b0044663_21440768.jpg
番外 楊貴妃観音
b0044663_21412405.jpg
六番 悲田院(毘沙門天)
b0044663_21464485.jpg
悲田院からの眺め

b0044663_21453316.jpg
七番 法音院(寿老人)



by take4ni4da | 2019-01-14 10:58 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

御所から洛中散歩

b0044663_21251928.jpg

 567倶楽部ウオークの例会。いつも悩むがもう150回以上ともなると、どこへ行こうか悩みぬいた末、開催の1週間前ぐらい前に告知するためか、参加者がだんだん減って来た。昔は、20名前後の参加者があったが、最近はめっきり少ない。少なければ少ないなりのメリットはあるが、ちょっと寂しい。というわけで、今日も参加者は9名だった。集合場所の京都地下鉄丸太町駅を出て、御所の参観に向かう。この春から、通年参観になって初めての参観だ。入り口で、持ち物チェックを受ける。やっぱり、宮内庁だ。チェックは厳しい。10時40分過ぎなので、11時15分に出口で集合として、中に入り自由参観とする。昨日と今日は御所で「宮廷文化の紹介」ということで、いろいろな催しが行われていて、我々が行ったとき、ちょうど蹴鞠の協議が終わったところで、次回が11時。ちょっと時間的に会わないなあ。御所の行事に詳しい人から聞いていたのだけど残念!ゆっくりと御所内を参観した後、出口で集合し相国寺に向かう。相国寺は境内を通り過ぎて、応仁の乱勃発の地の御霊神社に。その後、西に向かい扇町公園(京都にもあります)で昼食。朝から、雨に心配していたが、何とか昼食までたどり着いた。そばにある「水火天満宮」前で、記念写真を撮って西に向かう。人形寺と呼ばれる「宝鏡寺」をとおりさらに西へ。西陣の町を巡り千本通に出て、本堂の周りに夥しく飾られたくぎ抜きの釘抜地蔵の「石像寺」に参り休憩。さらに西に進み可愛い顔のお亀像の千本釈迦堂から、上七軒を通り北野天満宮にゴールした。
b0044663_21573146.jpg
紫宸殿
b0044663_21590833.jpg
蹴鞠の実演が終わった後だった。残念!
b0044663_22001233.jpg
静かな庭園
b0044663_22012413.jpg
相国寺山門
b0044663_22015286.jpg
応仁の乱勃発の地の碑
b0044663_22024783.jpg
扇町公園で昼食
b0044663_22034953.jpg
水火天満宮の拝殿
b0044663_22043082.jpg
西陣の町の風情(糸屋町)
b0044663_22052492.jpg
釘抜地蔵
b0044663_22060573.jpg
千本釈迦堂のお亀像
b0044663_22065346.jpg
北野天満宮

by take4ni4da | 2018-11-04 23:24 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

高槻コスモスロードウオーク

 仲間のウオークの月例会。今回は、先日下見した高槻コスモスロードまで歩く。快晴の阪急・茨木駅で集合。東に向かい安威川を渡って、東雲運動公園で休憩。さらに寄るところもない道を進む。工場やら倉庫が多い道だ。やっぱり、前の震災の被害を受けたブルーシートがかかった家が目立つ。照り付ける日差しの中進み、三島鴨神社に到着。寄る前に、車で当地を訪れた人に、「コスコスロードはどこですか?」と聞かれた。とりあえず、下見に行った知識で、こっちの方です」と答えたが、ちゃんとたどり着けたのかな?この神社、下見の時は、するっと前を通っただけだったけど、せっかく来たんだからちょっと寄ってみる。古墳時代に造られた神社だそうで、建物は予想に反して格式が高そうだ。社伝によれば、伊予(愛媛)、伊豆(静岡)とともに三三島ともよばれているという。三島鴨神社を通り抜けて、いよいよ高槻コスモスロードだ。休耕田に造られたコスモス畑が、あちこちに点在する。ちょっと遅いのか、しおれた花もちらほら。それらの畑を写真を撮りながら散策。新幹線をバックにというところも有るけど、撮ってみるとただの白い線だ。珍しい野焼き風景も楽しんでしばし。堪能して、淀川河川公園に降りると、以前このウオークに来てくれていた人たち(4名)にばったり。宇治のウオーキングのグループらしい。嬉しい再会で話をした後昼食。この昼食場所、椅子にテーブルがあるのは嬉しいが、椅子が低くテーブルが高いので、ちょっと食べにくい。
 昼食後、記念写真を撮って再出発。再び堤防を越えて、コスモスロードへ。途中、この間までKWAのスタッフをやっていたTaさんとまたまた偶然遭遇。高槻の歩こう会のイベントで来ているらしい。Taさんンと別れて、帰り道をたどり柱本公園で休憩した後、若園公園でバラ園を楽しんだ後、阪急・南茨木駅にゴール。ゴール後、高槻市駅に移動して反省会となった。お疲れさん。
b0044663_21402649.jpg
三島鴨神社
b0044663_21414939.jpg
コスモスロード1
b0044663_21422882.jpg
コスモスロード2
b0044663_21432424.jpg
野焼き風景。煙たかった
b0044663_21441071.jpg
新幹線と。白い線分かるかな?
b0044663_21451160.jpg
昼食場所のテーブル。高い!
b0044663_21460809.jpg
若園公園のバラ園。秋バラ、ちょっと寂しい
b0044663_21471909.jpg
こんなところにホテイアオイ

by take4ni4da | 2018-10-21 23:07 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

本薬師寺のホテイアオイと今井町ウオーク

 567倶楽部で私が主催するウオーキングは第一回が京都のポンポン山でやって以来もう150回以上になる。当時は若かった仲間も、15年以上になるとそれぞれ足腰も衰えて来たり、ひとり、二人といなくなったりで、参加者人数も最初は20人前後だったけど、最近は10人前後とだんだん減って来た。
 さて、今日は何人来てくれるかなあ?と思いながら集合場所の八木西口駅に着いてみると、わたしを入れて5名と少ないなあ。快晴の駅前を出発。JR畝傍駅前を通り長壽通と言うおふさ観音への道を南に向かう。畝傍駅には、天皇が橿原神宮に向かう際の貴賓室があると、奈良出身のHaさんが教えてくれた。
 細い街並みを抜けてしばらく行くと、おふさ観音(観音寺)に着いた。山門をくぐると境内一面がバラ園になっている。イングリッシュローズを中心に1800~2000種植えられていて、花を用いて曼荼羅を表現していて「花まんだらの寺」ともいわれている。
 おふさ観音を後に、飛鳥川に沿って南下し本薬師寺跡に着く。先日来た時と変わらないほどたくさんのホテイアオイが咲いていて、おまけに彼岸花が咲き始めていて綺麗だ。本薬師寺跡には多くに人が訪れて満開のホテイアオイを楽しんでした。30分ほど自由時間を取って群生地をうろうろしていたら、もと567倶楽部のKuさんに遭遇。いつもきれいな写真を撮っていらっしゃるKuさんは、これから夕方まで粘って畝傍山に沈む夕日を撮るんだそうだ。どんな写真が撮れたのかな?
 本薬師寺跡を後に、畝傍山に向かって歩き、近鉄畝傍御領駅を越えて畝傍山の麓にある橿原森林遊苑にあるジェイクトアリーナ奈良の前のベンチで昼食とする。
 午後は記念写真を撮った後出発。大きな道路を向かい側に渡り、北へ進み、神武天皇陵に。深い緑に囲まれて広大な天皇陵を訪れた後、ふたたび広い道路に出て北に向かい四条町の交差点を渡ってさらに進んで今井まちなみ交流センターに入り休憩。冷房が効いたビデオルームで今井町紹介のビデオを観る。しばらく交流センターで涼んだ後、いよいよ今井町の町並を散策。土曜日なのに訪れている人がほとんどいない静かな街並みを進む。戦国時代の天文年間(1532~1555)この地に一向宗の御坊称念寺を中心に栄えた、綺麗な古い街並みをゆっくり楽しんで、八木西口駅にゴールした。
b0044663_15140622.jpg
おふさ観音の境内にはバラ園が。
今はあまり咲いていない
b0044663_15154143.jpg
バラの絵馬
b0044663_15172116.jpg
本薬師寺跡に向かう道には彼岸花が咲き始めていた
b0044663_15184178.jpg
本薬師寺跡のホテイアオイ群生地に到着
b0044663_10033513.jpg
本薬師寺跡碑
境内にはたくさんの彼岸花が咲き誇っていた。
b0044663_10052406.jpg
一面のホテイアオイ
b0044663_10060906.jpg
蓮とホテイアオイ
b0044663_10065183.jpg
畝傍山とホテイアオイと彼岸花(ボケた)
b0044663_10100373.jpg
彼岸花
別名曼殊沙華(山口百恵の歌が有ったな)
b0044663_10144653.jpg
水もに映る入道雲
b0044663_10155280.jpg
神武天皇陵(広いなあ)
b0044663_10164200.jpg
今井町豊田家
b0044663_10171927.jpg
今西家


by take4ni4da | 2018-09-16 23:20 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

お城と金魚の町・郡山を巡る

 素晴らしい朝を迎えた。近鉄郡山駅前に11名の仲間が集まった。案内不足で、JR郡山駅に行った人もいたようで、ごめんなさい。
 近鉄郡山駅を出発。暑い日差しの中しばらく歩き、箱本館「紺屋」に到着。お店に入り、紺染めの品物を眺める。紺屋を後に、薬園八幡神社から、古い遊郭の街並みの中にある三階建ての「町屋物語館」に入る。大正13年に建てられた遊郭で、昭和33年に廃業し最近郡山市に買い取られて、耐震補強などを行って、今年になって一般公開されたそうだ。ボランティアの女性に隅々まで詳しく案内していただいた。
 町家物語館から、郡山の古い街並みを通り、郡山八幡神社で休憩後、いよいよ金魚が買われた養殖池の間を通り、金魚資料館を訪れて、様々な金魚を観賞。
ふたたび、金魚の養殖池を巡りながら、金色の観音様が立つ万福寺を通って、5世紀前半の築造の新木山古墳の前を通って、3つに分かれた道の真ん中を進み、ちょっと行ったところの横断歩道を渡って、細い道を進み、大納言塚に到着。大和郡山城主の豊臣秀長の墓所だ。墓所の前の看板には「秀長公は優しく賢く、立派なお殿様で・・・」とある。
 さらに進んで少し坂を登ると、郡山城に着いた。城跡公園で昼食とする。
 昼食後、郡山高校の向かいに建つ鳥居をくぐって天主台に向かう。最近整備されて綺麗になっている。天主台が正面に見えるところで、記念写真を撮り、とって頂いたガイドの方に、大和郡山城のガイドを頼む。非常に熱心にガイドしていただいたが、日照りが熱くてちょっと参った。ガイドの方には申し訳なかった。最後に天主台に上がって、奈良盆地の景色を楽しんだ後、下に降りて、柳沢文庫前から、大手門を通り郡山城を後にする。最後に、秀長の菩提寺「春岳院」を訪れた後、創業400年と言う和菓子の老舗「本家菊屋」を訪ねた後、近鉄郡山駅にゴール。おつかれさまでした。暑かったね。みんなと別れた後、のどを潤すため近くの、居酒屋に入ってハイボールで乾杯!美味しい!
b0044663_15364667.jpg
街角の金魚
有名だった電話ボックスは撤去されていて残念
b0044663_15375196.jpg
薬園八幡神社
b0044663_15383066.jpg
3階建ての遊郭跡
b0044663_15391131.jpg
ハート型の猪目窓
またの名を桃尻窓とも
b0044663_15432193.jpg
風情のある中庭
b0044663_15441163.jpg
遊郭の傍にある源九郎稲荷大社
b0044663_15452311.jpg
江戸時代からあった元旅館「花内屋」
b0044663_15475097.jpg
金魚の養殖池の間を行く
b0044663_15484713.jpg
金魚資料館には様々な金魚が
b0044663_15492392.jpg
わー、賑やか。
b0044663_15500489.jpg
万福寺の黄金の観音様?
b0044663_15544740.jpg
大納言塚
前の箱に白砂があり、願い事をしながら真ん中の穴に通すと叶うという
b0044663_15562712.jpg
郡山城に到着
b0044663_15572475.jpg
記念写真
b0044663_15574876.jpg
暑い日差しの中、熱心なガイドを聞く。ちょっと、ボーっとする。
余りに熱心なので、「もう少し短く」って言えなかった。
b0044663_15593999.jpg
天主台から奈良市方面。若草山が見える
b0044663_16002831.jpg
大手門をくぐる
b0044663_16013022.jpg
秀長の菩提寺「春岳院」
b0044663_16005218.jpg
改札機に金魚鉢


by take4ni4da | 2018-06-17 23:01 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

恒例山の辺の道ウオーク

仲間のウオークの5月は、毎年恒例山の辺の道ウオークだ。
もうかれこれ10年以上連続で開催している。
例年は、桜井駅をスタートして、天理駅にゴールだったが、今年は初めて逆コースを歩くことになった。景色が変わって面白いかな?
天理駅に、今年は17名の仲間が集まってくれた。駅前で自己紹介をして出発。今年は3名の初参加の人が加わった。長い天理の商店街を抜けるが、今年はあまり長く感じなかった。いつもは、山の辺の道を歩いて最後に商店街を通るので、疲れていて長く感じるのか?天理教本部の前を通り、石上神社に到着。鶏のなく声に迎えられる。しばらく休んで、さあ出発。最初は緩い長い登り。峠を越えて、ごつごつとした石畳を降りて峠の茶屋に着く。トイレ休憩を済ませて、長い下り道を進む。天気は快晴で日差しはあるが、涼しい風に助けられて快調に進む。夜都伎(よとぎ)神社に裏から入り表に抜ける。イチゴのビニールハウスを過ぎ、竹之内環濠集落を通り、大きな一休さんのような石仏がある念仏寺前を通り、中山廃寺跡で休憩後、しばらく行って長岳寺に到着。境内のつつじはすでになく。すぐそばのトレイルセンターで昼食とした。
 午後出発前に、トレイルセンターの職員の方に集合写真を撮ってもらったので、お礼にソフトクリームを買って出発。崇神天皇陵前を通り、大和の青垣と称される山々を仰ぎ見ながら景行天皇陵から、ミカン畑を通り桧原神社で一服。鳥居の向こうに、二上山が見え、夕景が素晴らしいという。見てみたいな。木陰でしばらく休憩後、玄賓庵前を通り、アップダウンを繰り返して大神神社に到着。ここで、京田辺から来ていた5名と別れる。大神神社を抜けたあたりにあるギンリョウソウの群生を期待していたが、すでに終わっていて、僅か2,3体?を残すのみだった。残念!平等寺のつつじも終わっていて、金屋の石仏を見て、海柘榴市の仏教伝来の地碑を見て、三輪そうめんの工場をとおり、桜井駅にゴール。例年の逆のコースで景色も変わり、気持ちのいいウオークだった。お疲れ様。
b0044663_15312263.jpg
いつも長くてうんざりする天理の商店街も長く感じなかった。
b0044663_15322808.jpg
石上神社で休憩
b0044663_15325401.jpg
鶏のなく声に迎えられる
b0044663_15333277.jpg
さあ、山の辺の道へ
b0044663_15340669.jpg
いつもは最後の休憩所でビールを飲むが、今日はこれからなので、我慢!
b0044663_15351719.jpg
夜都伎(よとぎ)神社
b0044663_15360486.jpg
あやめ
b0044663_15363463.jpg
竹之内環濠集落のため池
b0044663_15371211.jpg
長岳寺のつつじは終わっている
b0044663_15390430.jpg
トレイルセンター前で
b0044663_15394021.jpg
崇神天皇陵
b0044663_15403250.jpg
景行天皇陵も反対側から見れば
b0044663_15413836.jpg
桧原神社から二上山を望む
b0044663_15425061.jpg
大神神社にお参り
b0044663_15432273.jpg
期待のギンリョウソウも
b0044663_15440064.jpg
平等寺のつつじも
b0044663_15495308.jpg
552年百済から、初めて仏教が伝わった地

by take4ni4da | 2018-05-05 23:47 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
大和W協会
未分類

最新の記事

湯けむり500選・下呂温泉バ..
at 2019-06-12 23:10
紫陽花の三室戸寺から黄檗山万..
at 2019-06-09 23:45
歩育「さくら近隣公園のこども..
at 2019-06-08 21:24
今日の風景20190605(..
at 2019-06-05 23:39
ベニバナシャクヤクを観に美山へ
at 2019-06-01 23:45

以前の記事

2019年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> 浅田晴夫・奈良市さん..
by take4ni4da at 10:12
西田 様   怪我..
by 浅田晴夫・奈良市 at 07:48
西田 様  多忙の所、..
by 浅田晴夫 at 19:25
いいえ、反則ではありませ..
by take4ni4da at 22:12
いいな〜 私も仲間に入..
by としこ at 17:00
りゅうちゃん、お疲れさま..
by take4ni4da at 10:29
会久々のコメントです。1..
by りゅうちゃん at 19:40
> まあちんさん、Jさん..
by take4ni4da at 09:53
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 20:31
でこさん、そうでしたね。..
by take4ni4da at 18:10

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧