NPO法人京都府ウォーキング協会について

NPO法人京都府ウオーキング協会←KWAホームページはこちら
2018年のスケジュール ←クリックしてください。

# by take4ni4da | 2018-12-31 23:59 | KWAウォーク | Comments(14)

下見:第9回西大路七福社ご利益めぐりW(1月5日)

下見は、レポートしていいのか?ネタバレ的なレポートになるけど、これで一寸でも多くの参加者が集まるといいな。ということで、来年の1月5日の例会の下見だ。この例会は、僕が担当する。来てね!
 JR円町駅に、下見のメンバーが8人集合。出発式の会場の北野天満宮御旅所に。使用許可を、この地区の商店会の会長に頼みに行くと、今日はお休みなので、後日改めてくることにする。御旅所から佐井通りを北に向かう。最初の熊野神社衣笠分社でも、担当者が留守で、こちらも後日連絡することに。その後、わら天神宮から、平野神社に。平野神社は台風21号で、甚大な被害を受けているが、潰れた拝殿は綺麗に片付けられていてブルーシートが被せられていた。北野天満宮で休憩後、大将軍八神社に立ち寄った後、西大路通りを南下し、島津製作所前の三条坊町公園で昼食。午後は、佐井通りを南下し、春日神社に参り、五条通のローム社傍の、名倉公園で休憩後、西大路通りに戻り、平清盛邸跡の若一神社から、最後吉祥院天満宮を訪ねて、JR西大路の公園にゴール。わら天神以降の各神社の社務所で、ウオーキングで立ち寄る旨のお願いをして回った。同時に、その時参加者の数人が御朱印をもらうこともお願いした。さて、何人来てくれるかな?
b0044663_13063541.jpg
春日神社
b0044663_13071478.jpg
若一神社前の清盛お手植えの楠
b0044663_13120500.jpg
今年は平清盛ご生誕900年だって

# by take4ni4da | 2018-11-11 23:18 | KWAウォーク | Comments(0)

第21回一休さんウオーク

第21回一休さんウオークのお手伝いに行ってきた。役割は、11キロコースのアンカー。今年の、一休さんウオークは、台風21号の被害の影響で、17㌔コースが中止になり、6㌔コースと、11㌔コースの2コースとなった。
 快晴の京田辺市の田辺公園多目的運動広場に、参加者が続々と集まって来た。開会式の前に、ちびっこの演舞があった。開会式で主催者の挨拶や来賓のあいさつの後、ストレッチ体操をして、KWAのNiさんの檄の後、11㌔コースの参加者から、アーチをくぐってスタート。広い青空の下、進むと次第に汗が出てきた。しばらくして、第一のチェックポイント、一休寺に着く。山門の前では、一休さんの着ぐるみが迎えてくれて、みんな記念写真を撮っていた。今日は一休寺の拝観料が割引とあって、多くのウオーカーが拝観しているようだ。ここの、アンカー出発時間が11時ということなのだが、それは、6㌔コースの最後で、先に着いた11㌔コースの最後ではない。11㌔のアンカー出発時間が設定されていないのだ。11㌔の参加者がある程度拝観が終わったと見込んで、後は6㌔コースのアンカーに託して10時半に出発し先に進む。それでも、後から後から11㌔コースの参加者が追いかけてくる。ちょっと困った。しかも、後ろから来た人の足がかなり遅い。アンカーで一緒に回っている相棒のYoさん、しきりに気にして、「途中から、6㌔コースに行ってもらおうか」と。我々はちょっと、間をおいて遅れて歩くが、すぐに追いついてしまう。出発地点の近くの交差点に戻ってきて、今度は南に緩やかな坂を登っていく。さっきの人は、相棒のYoさんがやきもきしているのに、携帯で何か話しながら歩くので余計に遅れる。坂を登り切ってすぐに6㌔コースとの分岐点がある。Yoさんが、意を決して6キロに行きませんかと声をかけたが、このまま11㌔コースに行くという。仕方がないのでしばらく待って、遅れていくことに。同志社大学に入ったところで、こちらもトイレ休憩し時間を稼ぐ。同志社大学を抜けて、しばらく行くと観音寺について、やっと昼食。ここの出発時間が13時だから、1時間近くあるので、ゆっくりできる。かなり多くの参加者がここで昼食をとっていたが、時間がたつにつれてスタートしていった。さっきの人も、早々とスタートしていったので、一安心だ。この観音寺は、天智天皇の勅願により義淵僧正が建てたと言われ、当時は五重塔もある大伽藍を誇っていたが、その後たびたび火災に見舞われ、今は大御堂のみが再建されている。本尊に国宝の十一面観音があるので観音寺と言われている。などとガイドの方から聴いた。
 13時になって、みんな出発していったのを確かめたのち、再出発。しばらく行ったところから、最後の登りにあえぎながら登る。前に行く女性3人のグループ。「いつも最後です」だって。憶することもなく、我々とのんびり歩く。たわわに成る柿の木の下を通って、最後のチェックポイントの酒屋神社で、甘酒の接待を受けて、スタート地点にゴールした。終始好天に恵まれた、絶好のウオーキング日和だった。
b0044663_23052889.jpg
元気よくスタート
b0044663_23061145.jpg
一休寺前で一休さんと
b0044663_23065427.jpg
観音寺で昼食
b0044663_23073004.jpg
コウテイダリアが咲き始めていました
b0044663_23081194.jpg
たわわに実る柿の下を
b0044663_23085752.jpg
参加賞のバッチと、賞状、タオル


# by take4ni4da | 2018-11-10 23:30 | KWAウォーク | Comments(0)

ボヘミアン・ラプソティを観てきた

 ロックバンド クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソティ」
クイーンの曲な中では、一番好きな曲だ。その曲名をタイトルにした映画が公開されたので、観に行ってきた。クイーンのヴォーカルのフレディ・マーキュリーの生きざまと葛藤を描いた映画だが、全編に流れるクイーンの名曲の数々が素晴らしかった。他のロックバンドとは違うという姿勢を守るため、いろいろな曲に挑戦していく。その最たる曲が、ロックとオペラを融合させた「ボヘミアン・ラプソティ」は最高だ。曲作りのエピソードなどが、再現される。クイーンファンでなくとも、知っている’We are the champions’ もいい。圧巻は、1985年のLIVE AIDの完全再現シーンだ。クイーンファン必見。
b0044663_10260427.jpg
b0044663_10262424.jpg
ボヘミアン・ラプソティ収録の「オペラ座の夜」(1975年)

# by take4ni4da | 2018-11-09 23:49 | 日記 | Comments(0)

太閤堤と万福寺ウオーク

11月の平日ウオークだ。天気は快晴。JR宇治駅前に多くの参加者が集まった。駅前をスタートして宇治橋手前の交差点を右折し、宇治平等院の参道を進む。平等院手前を左折し宇治川堤防に上がり、橘橋と朝霧橋を渡り宇治神社を経て、世界遺産の宇治上神社前を通り、入口の紅葉が色づいた源氏ミュージアムで休憩。休憩後、太閤堤に。発掘調査が終わったので、実際の太閤堤は埋め戻されて、その後に公園を造る予定らしいが、莫大が工事費がかかるので途中でストップしているとか。「この辺りが、太閤堤です」と、リーダーの説明のあと、さらに進んで昼食地の黄檗公園に着く。「昼食の終った人から、万福寺の無料拝観を楽しんでください」との説明で、参加者それぞれに、木陰を見つけて昼食をとる。急いで万福寺に向かい、久しぶりに万福寺の拝観を楽しむ。今日は、8日で毎月8日は「ほていまつり」が行われていて、無料拝観の日だ。中国風の総門をくぐり、さらに三門を抜けると、正面に天王殿に着くと、中には大きなおなかの弥勒菩薩(布袋)さんと、四隅に四天王が祀られている。その斜め後ろにある、僧侶たちの食堂の斎堂があり、前には大きな魚の形をした開パンがつるされている。などなど、割とゆっくり愛で境内を回る。最後に総門を出たところで再集合し出発。しばらくJR奈良線と京阪宇治線の間を進み、JR木幡駅を過ぎると、戦時中に宇治火薬製造所に木幡駅から延びていた引き込み線の遺構の後を通り、JR六地蔵駅にゴールした。今日は一日中、暖かい陽光を浴びながら汗を多く掻いたウオークだった。
b0044663_00260560.jpg
JR宇治駅前で出発式
b0044663_00265715.jpg
朝霧橋を渡る
b0044663_00273233.jpg
世界文化遺産の宇治上神社
b0044663_00285797.jpg
宇治市源氏物語ミュージアム
b0044663_00305132.jpg
太閤堤跡
b0044663_00374811.jpg
万福寺総門
b0044663_00314113.jpg
万福寺三門
b0044663_00384171.jpg
弥勒菩薩の化身とされる布袋像
b0044663_00422144.jpg
斎堂(食堂)の前に吊り下げられた開ぱん
時間を知らせるもので、木魚の原型だと言われている
b0044663_00473903.jpg
引き込み線跡を歩く

# by take4ni4da | 2018-11-08 23:42 | KWAウォーク | Comments(0)

御所から洛中散歩

b0044663_21251928.jpg

 567倶楽部ウオークの例会。いつも悩むがもう150回以上ともなると、どこへ行こうか悩みぬいた末、開催の1週間前ぐらい前に告知するためか、参加者がだんだん減って来た。昔は、20名前後の参加者があったが、最近はめっきり少ない。少なければ少ないなりのメリットはあるが、ちょっと寂しい。というわけで、今日も参加者は9名だった。集合場所の京都地下鉄丸太町駅を出て、御所の参観に向かう。この春から、通年参観になって初めての参観だ。入り口で、持ち物チェックを受ける。やっぱり、宮内庁だ。チェックは厳しい。10時40分過ぎなので、11時15分に出口で集合として、中に入り自由参観とする。昨日と今日は御所で「宮廷文化の紹介」ということで、いろいろな催しが行われていて、我々が行ったとき、ちょうど蹴鞠の協議が終わったところで、次回が11時。ちょっと時間的に会わないなあ。御所の行事に詳しい人から聞いていたのだけど残念!ゆっくりと御所内を参観した後、出口で集合し相国寺に向かう。相国寺は境内を通り過ぎて、応仁の乱勃発の地の御霊神社に。その後、西に向かい扇町公園(京都にもあります)で昼食。朝から、雨に心配していたが、何とか昼食までたどり着いた。そばにある「水火天満宮」前で、記念写真を撮って西に向かう。人形寺と呼ばれる「宝鏡寺」をとおりさらに西へ。西陣の町を巡り千本通に出て、本堂の周りに夥しく飾られたくぎ抜きの釘抜地蔵の「石像寺」に参り休憩。さらに西に進み可愛い顔のお亀像の千本釈迦堂から、上七軒を通り北野天満宮にゴールした。
b0044663_21573146.jpg
紫宸殿
b0044663_21590833.jpg
蹴鞠の実演が終わった後だった。残念!
b0044663_22001233.jpg
静かな庭園
b0044663_22012413.jpg
相国寺山門
b0044663_22015286.jpg
応仁の乱勃発の地の碑
b0044663_22024783.jpg
扇町公園で昼食
b0044663_22034953.jpg
水火天満宮の拝殿
b0044663_22043082.jpg
西陣の町の風情(糸屋町)
b0044663_22052492.jpg
釘抜地蔵
b0044663_22060573.jpg
千本釈迦堂のお亀像
b0044663_22065346.jpg
北野天満宮

# by take4ni4da | 2018-11-04 23:24 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

天下分け目の古戦場巡りウオーク

b0044663_18534676.jpg
天王山をバックに 当初「天下分け目の天王山から西山古道ウオーク」というタイトルで、年間予定表に計画したが、台風21号で、天王山の登山道が甚大な被害を受けて、通行止めになったため、表記のタイトルでの開催となった。快晴のJR山崎駅前の離宮八幡宮で出発式の後スタート。寶積寺(ほうしゃくじ)から観音寺(山崎聖天)に向かう道が、急な登りと荒れた山道なので、足に自信のない参加者にはまっすぐ下の道に行ってもらい、観音寺を下りたところで合流ということで、JR山崎駅の踏切で別れ、寶積寺に向かって急坂を登る。参加者42名の内30数名山コースに参加した。喘ぎながら登って山門を入ったところで、列詰めトイレ休憩。境内に入った右側には、秀吉が一夜にして建てたといわれる三重塔「秀吉一夜之塔」は青空にすっと建っていた。一寸法師の打ち出の小槌の逸話もあるという寶積寺を後に、大山崎美術館の横を通り観音寺に向かい道を進む。この道は通行止めの黄いろいテープが貼ってあったが、下見をした結果、難なく安全な道だということも分かったので、テープをくぐって進む。途中、三川合流の絶景を見ることもできた。しかし、倒木も多くあったが、幸いすべて横に避けて歩きやすかった。道の終わりに、ふたたび天王山ハイキング通行止めのテープをくぐり、観音寺の急な石段を登り、本殿に参ったあと緩い車が通る道を下り、下の道を来たウオーカーと合流した。北に向かって広い道を歩き、名神高速の下を通り右に向かい「天王山古戦橋」を渡り、小泉川を渡って「山崎合戦古戦場跡」で、Maさんから山崎合戦の状況の説明を聞く。KWAの語りべがSaさんなら、ナガスポの語りべは、Maさんだ。わかりやすい解説に、参加者は興味深そうに聞き入ってた。その後、なだらかな天王山をバックに記念写真を撮って出発。しばらく住宅街を歩き「明智光秀本陣跡」を通り、サントリービール京都工場前を後ろ髪(有るんか)を引かれる思いで通り、阪急・西山天王山駅でトイレ休憩をとる。休憩後さらに阪急のガードをくぐり、緩い坂を登って小倉神社に着き、昼食休憩をとなった。
 午後は、高台地区の住宅地を通り、金ヶ原橋を渡り西代里山公園で休憩後、小泉川源流辺りから長岡天満宮からナガスポにゴールした。きつい日差しの中、影に入るとやっぱりひんやりした風が吹き、気持ちの良いウオーキングだった。
b0044663_18555407.jpg
離宮八幡宮(本邦精油の発祥地)
b0044663_18572980.jpg
寶積寺(ほうしゃくじ)への、急な坂道を登る
b0044663_18583108.jpg
秀吉一夜之塔
b0044663_21083970.jpg
寶積寺本堂
b0044663_21092609.jpg
寶積寺から観音寺に向かう山道
b0044663_21101904.jpg
観音寺(山崎聖天)
b0044663_21110423.jpg
観音寺の倒木で潰れたお堂
b0044663_21115569.jpg
阪急とJR京都線をまたぐ跨線橋の「天王山古戦橋」跨線と言わずに古戦橋とは
b0044663_21133438.jpg
山崎の合戦古戦場跡で、Maさんの語り部
b0044663_21150818.jpg
明智光秀本陣跡
ここで持ちこたえられず、勝竜寺城から山科の小栗栖で落ち武者狩りに遭った
b0044663_21171540.jpg
西山天王山駅で休憩
b0044663_21175014.jpg
創建1300年の小倉神社で昼食
天王山の登山口でもある
b0044663_21190285.jpg
西代里山公園で休憩


# by take4ni4da | 2018-11-03 21:19 | ナガスポウオーク | Comments(0)

京の表鬼門と裏鬼門

 昨日と同じ時間6時50分過ぎに家を出て集合場所に向かう。地下鉄国際会館駅に降り立つと、やはり寒い。地上に上がって出発会場に向かう。ミーティングの後、参加者を待つ。時間になってひんやりと晴れ上がった宝ヶ池公園をスタート。叡電の跨線橋を越え、鹿の群れが見られる山沿いを歩き、表鬼門の赤山禅院を尋ねる。拝殿の屋根で皇城(御所)を見守る鬼門除けの猿を仰ぎ見る。赤山禅院を後に、南に進み、修学院離宮前から、音羽川沿いを進み、宮本武蔵ゆかりの一乗下り松でトイレ休憩。コスモスが咲く高野川河川敷を通り、市で賑わう下鴨神社で休憩。葵橋を渡って幸神社(さいのかみのやしろ)参り、こちらも拝殿の北東角に飾られている烏帽子を冠った御幣を担いだ猿を観る。こちらも表鬼門封じの神社だ。その後、京都御苑に入り出水広場で昼食休憩。午後は、京都府庁前から堀川遊歩道をひたすら南に下り、神泉苑の中を通り抜け、大宮通から四条大宮を通り壬生川通りを南に進み、梅小路公園で16㌔の参加者のゴール。24㌔コースの参加者86名は、気合いを入れてストレッチの後、さらに南に進み、東寺を通り抜けて、羅城門跡で語り部の話を聞いた後、千本通を南に進み鳥羽地蔵前を通り、小枝橋から皇城の裏鬼門の城南宮で再び語り部の話を聞く。そしていよいよ近鉄・竹田駅に無事ゴール。出発時には寒かったが、強い日差しの中、汗も掻き、時々吹く冷たい風に助けられながらのウオークだった。お疲れ様。

b0044663_22512433.jpg
色づいてきた宝ヶ池公園
b0044663_22521363.jpg
比叡山をバックに出発式
b0044663_22525397.jpg
さあ歩くぞ!
b0044663_22533999.jpg
跨線橋を越えて
b0044663_22541226.jpg
赤山禅院の皇城を守る猿
b0044663_22552182.jpg
高野川河川敷を進む
b0044663_22560177.jpg
下鴨神社で休憩
b0044663_22564708.jpg
幸神社(さいのかみのやしろ)前で、語り部が語る
b0044663_22575064.jpg
幸神社の北東角の猿
b0044663_22582819.jpg
京都御所の鬼門猿が辻を行く
b0044663_22592421.jpg
猿が辻の猿。烏帽子を冠り御幣を持っている
b0044663_23002711.jpg
午後の出発前に、ストレッチ
b0044663_23031023.jpg
神泉苑を通り抜ける
b0044663_23060065.jpg
梅小路公園で再びストレッチ。さあ頑張るぞ!
b0044663_23071757.jpg
平安京南の入り口羅城門跡
b0044663_23080635.jpg
羅城門で語り部のお話




# by take4ni4da | 2018-10-28 23:50 | KWAウォーク | Comments(2)

洛西ひとめぐりウオーク

b0044663_19435679.jpg
 夜来の雨も上がって次第に良くなりそうな空の下、阪急・桂駅前を出発。西へ向かい、国道9号線にある「西友」でトイレ列詰め休憩をとる。9号線を渡り、西に向かい山道に入る。緩い地道の登りの東海自然歩道を、ゆっくり進み、途中少し休憩をとり登って、桂坂の住宅地に着く。さらに伸びる住宅街の遊歩道に整備されている東海自然歩道をたどり、桂坂公園で休憩。桂坂公園を出たところのモミジバ(紅葉葉)フウの並木道の紅葉を愛でながら出発し、桂坂から山陰道を進む。沓掛インター近くの交差点を渡り、しばらく登って大枝から細い道を下りる。道の両脇の店には美味しそうな大枝名物の柿が並べられていた。去年、下記の時期に歩いた時、メンバーのOgさんが全員に一個ずつ柿を大判振る舞い。店の人がサービスでさらに一個ずつタダで暮れたのを覚えているウオーカーが「Ogさん、柿売ってるでえ」とそれとなくおねだり。でも、願いもむなしくNO! 千丈天満宮前を通り、新林池公園で休憩。下見の時咲いていた藤袴も終わっていた。新林池公園を出て、ところどころ紅葉した道を進み、洛西タカシマヤに到着し、昼食休憩とする。休憩後、記念写真を撮って出発。午後は、小畑川に沿って延々と歩き、スーパーまつもとで休憩。さらに小畑川を下り、一文橋からナガスポにゴールした。秋晴れの素晴らしいウオークになった。今日は20㌔のロングコースだった。
b0044663_19443619.jpg
東海自然歩道を進む
b0044663_19452059.jpg
下見の時、倒木が多かったが、すっかり片付けられていて歩きやすかった。
感謝して歩く
b0044663_19463942.jpg
途中で、ちょっと一服
b0044663_19471541.jpg
最後の急登をやっと
b0044663_19480397.jpg
桂坂公園横のモミジバフウの並木
b0044663_19491860.jpg
大枝の柿
b0044663_19495116.jpg
新林池公園で休憩


# by take4ni4da | 2018-10-27 23:32 | ナガスポウオーク | Comments(0)

新選組ウオーク(秋の基地ウオーク②)

快晴の梅小路公園に多くのウオーカーが集まった。出発式で、主催者のタカシマヤ京都店の代表の方からのあいさつの後、ストレッチ体操をしてスタート。幕末小競り合いのあった北小路事件跡、天満屋事件跡をめぐり、第二屯所跡の西本願寺太鼓楼前に到着。ここでKWA語り部のお話を聞く。その後、堀川通りを北に進み堀川五条の歩道橋を渡り、綾西公園で列詰め休憩をとる。さらに堀川通りを北上。二条城前を通過し、二条公園で昼食をとる。午後は、大宮通を南に進み、四条大宮から新選組ゆかりの壬生の町を巡り、第一屯所跡旧前川邸跡と八木邸跡前を通って壬生寺で再びKWA語り部のお話を聞く。光徳公園で小休止後、新選組隊士が良く通っていたといわれる花街の島原の佇まいを通り、梅小路からホテルの前にある第三屯所跡の碑を巡って、京都駅にゴールした。強い日差しの下、涼しい風にも癒されながら、快適なウオークとなった。

b0044663_15325962.jpg
出発式
b0044663_15334378.jpg
天満屋事件跡
b0044663_15344740.jpg
第二屯所跡、西本願寺太鼓楼前でKWA語り部の話を聞く
壬生の屯所が池田屋騒動の後、隊員が増えて手狭になったのでこの地に屯所を移した。ところが、境内で大砲の射撃練習や、境内で豚の飼育をして、生き物の殺生をしたので、西本願寺の費用持ちで約二年で出て行ってもらったという。
b0044663_15420621.jpg
綾西公園で休憩
b0044663_15434925.jpg
二条公園で昼食
b0044663_15445400.jpg
第一屯所跡旧前川邸
b0044663_15454249.jpg
壬生寺でKWA語り部のお話を聞く
b0044663_15472055.jpg
花街島原の置屋「輪違屋」前を行く
b0044663_15495098.jpg
ホテル前の第三屯所跡
b0044663_15520937.jpg
完歩のウオーカーに、主催者からプレゼント


# by take4ni4da | 2018-10-26 23:23 | KWAウォーク | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

下見:第9回西大路七福社ご利..
at 2018-11-11 23:18
第21回一休さんウオーク
at 2018-11-10 23:30
ボヘミアン・ラプソティを観てきた
at 2018-11-09 23:49
太閤堤と万福寺ウオーク
at 2018-11-08 23:42
御所から洛中散歩
at 2018-11-04 23:24

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

いいえ、反則ではありませ..
by take4ni4da at 22:12
いいな〜 私も仲間に入..
by としこ at 17:00
りゅうちゃん、お疲れさま..
by take4ni4da at 10:29
会久々のコメントです。1..
by りゅうちゃん at 19:40
> まあちんさん、Jさん..
by take4ni4da at 09:53
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 20:31
でこさん、そうでしたね。..
by take4ni4da at 18:10
お疲れさまでした。ほんま..
by でこ at 17:58
> ミミさん いつも見..
by take4ni4da at 22:19
綺麗な花たち。良いですね..
by ミミ at 09:25

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧