<   2017年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

京都ツーデーW1日目の下見

 3月4~5日に実施される京都ツーデーウオークの1日目の下見だ。今日は、その最終チェックで、3班に分かれての下見。僕の担当は10㌔コースで、梅小路公園をスタートし東に向かって、三十三間堂から東山五条を北に進み、松原通(清水道)を登り、清水寺仁王門に至る。今年のコースはスタートから東山七条まで、10,20,30㌔コース同じ道を進み、10㌔コースは東大路通りを北進し、20,30㌔は京都女子大前から、清水寺に山側から入り仁王門で10㌔と合流するコースだ。その後、ねねの道、円山公園、知恩院黒門前で、20,30㌔コースと再び分岐して、祇園辰巳大明神から、鴨川河川敷、河原町五条、河原町七条を通り、七条通を西に進み梅小路公園に戻る。
 矢印の貼る場所や、誘導員をどのように配置すればよいかなど検証しながら、無事下見を終えた後、事務所に集まり、ウオーカーに配る地図のチェックをして解散した。
 今日は暖かくて、快適な下見だった。
b0044663_11371344.jpg
京都駅前の交差点。「どこに矢印貼る?」
b0044663_11381480.jpg
清水寺仁王門で20㌔、30㌔と合流
b0044663_11472594.jpg
知恩院前を通る。
b0044663_11485646.jpg
辰巳大明神近くの梅
by take4ni4da | 2017-01-29 23:30 | KWAウォーク | Comments(0)

小泉川源流と勝龍寺コース

 いいウオーキング日和になった。ナガスポの近くの新田公園で準備体操をして、さあ、出発。ナガスポの店の前を通り過ぎて、アゼリア通りを西に向かい、長岡天満宮に。本殿に参って、すこし咲き始めた梅園を通り抜け、柳谷通りを西にとる。正面に西山がくっきりと見える。柳谷橋の手前を右に曲がり小泉川の左岸を溯り、源流付近に到着。本当の源流はもっと奥みたいだけど、先に進めないようだ。橋を渡って「西代理山公園」に着きトイレ列詰め休憩を取る。この公園は京都縦貫自動車道のトンネル掘削の土砂置き場で有ったところを整備して作られたそうだ。
 西代理山公園を後に、小泉川の右岸を行き金ヶ原橋から右に曲がり、西山山麓に広がる住宅地を通り小倉神社に参り小休止。時刻は11時半になっていたが、もう少しお昼を我慢してもらい、先に進む。「お腹減った~」の声も聞こえるが。京都方面の眺めのいい長い坂を下り、ふたたび小泉川に合流して右岸を下り山崎橋を渡り国道171号線を渡り、大山崎ジャンクションの横を通り、やっと昼食地の淀川河川敷公園に着いた。よく晴れ上がっている空を、飛行機雲が横切っていく。日差しが温かいが、風が少し冷たい。
 午後は、記念写真を撮って出発。淀川の堤の道を進み、国道171号線を渡り、民家の間の細い道を通って恵解山古墳の横を通り、ぼけ封じの勝龍寺に参る。近くの、勝龍寺城公園で休憩後、西国街道を経てナガスポにゴール。お疲れさん。(参加者は54名)
b0044663_14131416.jpg
新田公園で出発式
b0044663_14134510.jpg
長岡天満宮に参る
b0044663_14141867.jpg
少し咲き始めた梅林を通る。
b0044663_14151799.jpg
小泉川の左岸を溯る。
b0044663_1416544.jpg
小倉神社近く
b0044663_1416491.jpg
淀川堤防の道から天王山を望む。酒解神社の鳥居が見える。
b0044663_14182563.jpg
集合写真
b0044663_14192831.jpg
恵解山古墳の横を通る
b0044663_14202888.jpg
ぼけ封じの勝龍寺
by take4ni4da | 2017-01-28 23:56 | ナガスポウオーク | Comments(0)

京の健康祈願所ウオーク

今日は、KWAウオークとしては初めてのコースだ。京都の健康にご利益のある社寺を巡る。
 晴れているけど、影で冷たく冷え込んだ京都駅前の出発式で、コース説明やストレッチ体操の後スタート。駅前の地下街を西へ通り過ぎて地上に上がり、塩小路通を西に向かう。堀川通りの歩道橋を渡ったところで、自由歩行になり、早歩きの人たちが一目散に歩いて行った。一番目の祈願所で、婦人病平癒などの女性の一生の守り神の宗徳寺粟嶋堂に参る。地元に人たちには「あわしまさん」と親しまれている。猪熊通りから九条通りを東に進み、鴨川にかかる跨線橋を渡る。風が強くて帽子が吹き飛ばされそうになる。東大路を進みスタッフのOnさんの誘導で泉涌寺道を進む。しばらくして泉涌寺塔頭で苦しまずに死ねるぽっくり信仰の即成院に参り、さらに進んで赤い橋を渡ると、ボケ封じの今熊野観音寺に参る。ここはしっかりお参りしなければと、しっかりお参りする。お賽銭も弾んでね。ここから東山トレイルのコースを進んで、今はあまり関係ないが夜泣き・ひきつけの剣神社に参る。東大路通りに戻ってすぐの、腰痛に効く新熊野神社参る。神社に入ってすぐの左手には、後白河上皇お手植えの大楠がそびえている。さらに東大路を北に進み、東山五条の交差点を過ぎたところにある六原公園が昼食最適地で、ちょうど中間地ということで、僕もここで昼食とる。トイレをすました後、安井金比羅宮に参り、病気の悪縁を切った後、祇園花見小路の街並みを通り抜けて、四条通を西に進んで、眼病にご利益のある仲源寺に参る。この辺りは、さすがに人混みが多く、一緒に歩いていたウオーカーが「中国人が多いですね」ともらす。さらに四条大橋を渡り、四条河原町の交差点を左折し、松原通を西に辿り、がん封じ祈願の平等寺因幡堂に。門前で、KWAの語り部のSaさんが因幡堂の説明をしていた。今度は北進し御池通から麩屋町通りの歯痛治癒祈願の白山神社に参拝とおもったが、あいにく工事中で中に入ることはできず、その後さらに北に進んで、御所に突き当り丸太町通りから烏丸通へ進み、ウオーカーには一番大事な、足腰の守護神の護王神社に、ウオーキングの無事を熱心に拝んだ後、府民ホールアルティー前にゴールした。終始、好天に恵まれたが寒いウオークになった。続々と帰ってくるウオーカーを迎えている間も、じんじん冷えてブルブル。お疲れさん。
b0044663_18223839.jpg
しっかり準備体操をして
b0044663_18235647.jpg
塩小路通を西へ
b0044663_18243529.jpg
女人一生の守り神の粟嶋堂に参る。
b0044663_18252486.jpg
楽に死ねるようにぽっくり信仰がある即成院。先行の速足隊は寄らずに行ってしまった。
b0044663_1827259.jpg
ぼけ封じ観音さまに熱心にお願い
b0044663_18282276.jpg
疳の虫封じの剣神社
b0044663_18295348.jpg
腹痛治癒の新熊野神社
b0044663_18305034.jpg
悪縁切りの安井金比羅宮に参って、病気と縁切り
b0044663_18332052.jpg
四条通に面した眼病治癒の仲源寺。「めやみ」は元は「雨やみ」やったそうだ
b0044663_18355369.jpg
がん封じの因幡堂
b0044663_18362977.jpg
歯痛治癒の白山神社は工事中
b0044663_18372469.jpg
足腰の守護神の護王神社
by take4ni4da | 2017-01-19 23:30 | KWAウォーク | Comments(0)

レナード・コーエン

今日は、どこへ行く予定もないので、へやの片づけをしていたら、レナード・コーエンのCDが出てきた。
ほかにも、キング・カーティスや、エディット・ピアフなども出てきたが、レナードの2001年12月発表の”TEN NEW SONGS”を聴いた。去年11月に82歳で亡くなったカナダの詩人であり小説家で、歌手の66歳の時に発表されたアルバムで、多分発表当時買って一度聞いたっきりのCDで、買ったことすら忘れていた。今こうやって改めて聞いてみると、やはりいいなあ。去年亡くなった時以来、よく聞いていたレナード・コーエンだが、これは忘れていた。で、最近よく聞くのが「哀しみのダンス」で、ビデオなどを見たりとても気に入っている。ほかに「ハレルヤ!」という曲も気に入っているが、この曲をいろいろな人がカバーしているのも聴いて楽しんでいる。ボブディランも高く評価してカバーしているという。
b0044663_0385790.jpg

「哀しみのダンス(DANCE ME TO THE END OF LOVE)」

「ハレルヤ!(HALLELUJAH)」

by take4ni4da | 2017-01-17 22:37 | 日記 | Comments(0)

皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝応援ウオーク

 昨夜からの降雪が止まず、10cmの積雪になった。家を出るときも、まだ横殴りの降りであった。大雪警報が出ているので、中止になるかもという思いで集合場所に着いたが、せっかく来てくれたウオーカーのために決行が決まったらしい。
 積雪ということで、いつもの宝ヶ池公園ではなく、地下鉄国際会館駅の構内で出発式をする。待つ間に、地上に上がっていつもの集合場所に行ってみると、一面の銀世界であった。去年までの、女子駅伝のコースは21㌔コースのみであったが、今回は地下鉄北大路駅スタートの13㌔コースとの2コースの実施となった。時間になって、出発式の後参加のウオーカーがスタートしていった。
 今回の僕の役割は、堀川紫明の交差点での誘導なので、一般のウオーカーを見送った後、地下鉄で鞍馬口に移動して現地に向かう。表通りの車道は、雪かきがされているが、歩道や裏道は雪がそのままで滑りそうだ。注意しながら鞍馬口通りを進み現地へ。現地に着いたのが10時少し前で、ウオーカーがやって来るまで時間があるので、しばらくその辺りをうろうろした後、近くのセブンで100円コーヒーを飲みながら待機する。その間も、細かい雪が横殴りに降り続いていた。
 久しぶりの100円コーヒーを飲んだ後、そろそろかなと思い誘導場所へ移動したら、しばらくして13㌔コースのウオーカーが固まって通過していった。その後は、吹雪いて寒いと思ったら、日が差して暖かくなったりといった天気のなか、21㌔コースのウオーカーを待つが、中々やって来ない。12時を過ぎると、やっとウオーカーが2人、3人と通り過ぎていき、12時半ごろアンカーが通り過ぎて行ってお役御免となった。その後、鞍馬口通りを西に進み金閣寺道あたりで、駅伝の先頭を見ようと急いだが、滑りそうな道は思うように進めず先頭集団が通り過ぎた後だった。しかし、何とか後続ランナーを見ることができた。
 ゴールの西京極運動公園に着くと、すでに大方のウオーカーがゴールしておりアンカーの到着を待つ。その間、京都のランナーが先頭集団で健闘しているとTaさんが持っているラヂオが伝えている。
 アンカーが到着したので、スタッフ全員が集合して反省会の後、観客席に移動して駅伝のアンカーの到着を待つ。競技場の大型スクリーンでレースの模様を映し出している中、とうとう京都のアンカーがトップで競技場に入ってきた。後続には、岡山のアンカーが追い上げてきて、執拗に迫っていくが何とか京都がトップでゴールインした。良かった。良かった。
b0044663_0584361.jpg
地下鉄駅構内で出発式
b0044663_05927100.jpg
鞍馬口通りを進み誘導場所へ
b0044663_101881.jpg
13㌔コースのウオーカーが通り過ぎる
b0044663_105742.jpg
やっとアンカーが
b0044663_113616.jpg
金閣寺道へと急ぐ途中、こんな雪だるまに遭遇。
b0044663_124259.jpg
金閣寺道で、ランナーを見送る
b0044663_132245.jpg
京都がトップで入って来て、そのままゴールイン
by take4ni4da | 2017-01-15 23:36 | KWAウォーク | Comments(0)

古墳めぐり

高校時代の友人Ho君に誘われて、天理市から桜井市にある古墳めぐりに行ってきた。
古墳めぐりと言っても、箸墓古墳などの有名な古墳ではなくて、藪を分け入ったり、山に登ったりと
不明瞭な道を探しながら歩く古墳めぐりだ。
Ho君と、同行したMa君は以前から、あちこちの古墳に探検に行っているので、
仕事を辞めて暇になった僕が誘われた。
まず向かったのは、天理市の石上神社の近くにある、峯塚古墳だ。車が通れるかどうかという農道を進んで、
鹿除けのフェンスを開けて入っていく。Ho君がタブレットを見てキョロキョロ捜しながら坂を登っていくも
なかなか見つからない。竹藪の中に分け入って石室の入り口を探したが見つからず引き返す。
引き返す途中、先に帰っていたHo君から僕を呼ぶ声が。
返って振り返ると「こっちに別のフェンスの入り口があるよ」と入っていくと奥のほうから
「こっちや」というので、進んでいくと天井の低い入口が見えた。
しゃがみながら入っていくと、中はかなり広い、大きな立派な石室だ。
古墳時代の最終期の古墳だそうだ。
初めてのこのような古墳めぐりだが、Ho君によると、こういうことはしょっちゅうで、
捜すのをあきらめて帰ったこともあるそうだ。なるほど。
次に向かったのは、そこからちょっと行った天理高校の傍にある西山古墳だ。
一層目が前方後方墳で、2層3層目が前方後円墳のかなり大きい古墳だ。樹木も生えておらず
形がよくわかる古墳だ。頂部に上がってみるとその大きさが良くわかる。
次は、すぐ近くに見えるこんもりした森が見えるところかといったが、よくわからない。
Ho君によると、塚穴山古墳かな?でも、インターネットで見る石組みがないので良くわからない。
あきらめて、お昼も過ぎたので国道沿いのファミレスに。食事の後は一路桜井へ。
桜井市内について、またまた狭い集落の道を通って奥のほうへ奥のほうへと入っていく
こうこれ以上というところで、車を降りて山道を登っていく。
例によって、Ho君がタブレットをもって、あっちだ、こっちだとうろうろ
山道を登って、とうとう誰も通らないところを藪漕ぎ、ささやぶを下っていくとパッと開けた。
「ここだ、ここだ」とHo君は満足げだ。進んでいくと山側に石組みが、石室の入り口の辺に大きな石があって入りにくそうだが、何とか乗り越えて入ると、そんなに大きくない石室に石棺がある。徳利山古墳だ。
蓋はすでになく、中には砂と水が溜まっている。でも、結構立派な石棺だ。
古墳の横は、テラスになっていて眼下に耳成山が綺麗な姿を見せている。
テラスから向こうは、ずっと平坦な道が続いているが、どこに行くかわからないので元来た藪漕ぎの道を戻る。古墳めぐりを終えて最後に、樫原考古学研究所付属博物館に。65歳以上の証明書を示すと無料で入れた。
館内の展示物は充実していて、桜井市のメスリ古墳出土の大型埴輪には圧倒される。
以上が、初めての古墳めぐりというか、古墳遊びの一日だった。
b0044663_2146929.jpg
峯塚古墳の入り口
b0044663_2146574.jpg
なかなか立派な?石室
b0044663_21473548.jpg
こんなところに
b0044663_21484879.jpg
西山古墳。樹木がないので形がよくわかる
b0044663_215016.jpg
塚穴山古墳?ちょっとちがう?
b0044663_2156922.jpg
こんな道をゆく(徳利山古墳への道は右方向に)
b0044663_21525100.jpg
徳利山古墳で、
b0044663_21535087.jpg
徳利山古墳
b0044663_21551594.jpg
耳成山がよく見える
b0044663_21573374.jpg
メスリ古墳から出土の大型埴輪の前で
by take4ni4da | 2017-01-13 23:40 | 日記 | Comments(0)

第151回ウオーキング:新春の奈良ウオーク

567倶楽部ウオーキングは、今回で151回になった。このところ、メンバーの死亡や、老齢化で参加人数が10名前後。よく集まった時は20名を超えたこともある。
今日のウオークは、奈良在住のHaさんにお願いして、新春の奈良を案内してもらう。
近鉄奈良駅に集合したのは、なんと19名。もともと567倶楽部のイベントとしてやっていたが、今回も、倶楽部のメンバーは3名と元倶楽部のメンバーが1名で、あとは僕の友人や、俱楽部メンバーの知り合いや家族だ。それにしても、今日はほんとよく集まったね。
改札前で、自己紹介をして出発ひがしむき商店街を南に向かい、奈良基督教会の前に。景観に配慮して和風教会として建てられたそうだ。ひがしむき商店街を少し戻り、興福寺へと続く坂道を上る。北円堂を左に見て進むと五重塔が見えてきた。その手前には来年の落慶を目指して中金堂の復元工事が進んでいる。南円堂前を左に曲がると、正面にどっかと東金堂と五重塔が見える。その間を抜けて進むと、両側に奈良名物の鹿が表れ始める。中国人らしい観光客が持っている鹿せんべいをおねだりしている。
国道169号線を渡りさらに進み、春日大社の参道に合流した。両側の苔むした灯篭の間から鹿が顔を出している。だんだんひとが増えてきたので、ときどき後ろを振り返りながらメンバーが19名いるか確認しながら進む。万葉植物園の前を通り進み、朱色の南門を入り正面に進んでお賽銭を入れて参拝する。お祈りをした後、境内の回廊を一周。真っ暗な堂内に行灯が幻想的な藤波の屋や、神社の後方にある御蓋山頂上浮雲峰への遥拝所などを巡る。
 春日大社を出て、若宮15社を巡り春日大社の森を出て、志賀直哉旧居から向かったところが奈良のピラミッドと言われる頭塔だ。その姿に一同あっと驚く。奈良の町のど真ん中に、こんなものがあるとは?なら時代の東大寺の僧「実忠」によって造営された、7段10メートルの高さの仏塔だ。玄昉という奇妙な伝説の残る、僧の首塚ともいわれていることから頭塔と呼ばれRているとか?四面に22基の石像が配されていて、保存のために瓦の屋根が付けられている。
 珍しい頭塔を堪能した後は、少し戻って鷺池の浮見堂から梅園で昼食。梅はまだ咲いていない。寒いので、食後のコーヒーにウイスキーを少し垂らして飲むと、ほっこりする。最後に浮見堂をバックに記念写真を撮って出発。午後は、奈良町散策でたのしむ。奈良町資料館には、たくさんの身代わりざるのお守りがぶら下がっている。その昔、興福寺とともに大伽藍を誇った元興寺の塔跡を訪ねる。興福寺の五重塔より大きかったとされるその基壇に思いをはせる。暫く奈良町をさまよった後、全員は入れる喫茶店で打ち上げして解散となった。お疲れ様。
b0044663_7214913.jpg
和風建築の奈良基督教会
b0044663_7225172.jpg
南円堂
b0044663_7232128.jpg
興福寺の東金堂と五重塔
b0044663_725155.jpg
灯篭の間から顔を出した鹿
b0044663_725493.jpg
苔むした灯篭
b0044663_7264166.jpg
春日大社南門
b0044663_7273084.jpg
藤波之屋の万燈籠再現
b0044663_7293172.jpg
奈良のピラミッド「頭塔」
b0044663_14364644.jpg
瓦屋根に守られた石仏
b0044663_7302552.jpg
鷺池に浮かぶ浮見堂
b0044663_7343350.jpg
浮見堂をバックにハイチーズ!
b0044663_734528.jpg
奈良町の散策
by take4ni4da | 2017-01-09 23:29 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

新春の神社めぐりウオーク

 ナガスポ29年度初のウオークは、あいにくの小雨のウオークになった。昨日あれだけ晴れていたのに・・・
 新田公園で、ナガスポのSi会長から年頭のあいさつと、ストレッチのあと出発。阪急の踏切を渡り、東に進むと途中の民家の蝋梅が満開。西国街道から小畑川の遊歩道を通る。いつも思うが、この河川敷はいつもゴミだらけで汚い。どこが管理しているの?江戸時代、西国街道に架かっていた日本最初の有料橋だという一文橋から、さらに西国街道を北に辿る。向日神社で休憩後、神社裏の石段を注意して降り、滝ノ町二丁目の交差点から西に進み、今里通りを渡りまっすぐ進み、角宮神社に参る。ひっそりと静かな神社だ。説明板によると、続日本書紀にも書かれていた、かつては上賀茂、下鴨と並ぶ大神だったとか。西に進み光明寺通りを西に進み、光明寺に着きく。最近は、前まで来てそのまま西山体育館方面に行くが、今日は本年初めてということで、長い石段を登り、本殿に参る。本殿の横の石段を下りて、西山短大の前から、竹藪の中の道を登り子守勝手神社に詣でる。ここには、毎年竹で作った干支があり、今年はどんなのか楽しみだ。今年も素敵な鶏の置物が造られていた。竹の干支を囲んで、いつものように集合写真を撮って、西山体育館方面に進む。今日は西山公園で昼食の予定だが雨なので体育館に先にNaさんが行って、軒先を拝借させてほしいと交渉に行ったが、工事中ということで許可が下りず、やむなく西山公園の事務所の軒下や東屋での昼食ということになった。
 午後は、竹藪の道を通って、ちょっと急な坂を登り走田神社に参るここで、後続のウオーカーが、離れすぎていて走田神社への道に入らず、まっすぐ過ぎていったとか?やはり、誘導員を立てるべきだったのか?朝のコース説明で「走田神社によりますと言っていたが。」聞いていなかったの?尚も降り続く雨に濡れた石段を注意しながら降りて、走田神社に登ってこなかった人たちと合流して、柳谷通りから長岡天満宮に参ってナガスポにゴールした。一日中、小雨のウオークだった。
b0044663_16404694.jpg
Si会長から年頭のあいさつ。
b0044663_16414481.jpg
蝋梅が満開
b0044663_16422363.jpg
ゴミだらけの小畑川河川敷の遊歩道
b0044663_16431141.jpg
日本初の有料橋の一文橋。昔、橋守がお金を惜しんで川を泳いで渡るものを捕えていたが、中に半兵衛さんという橋守が、貧しい人が泳いで渡るのを黙って見過ごしていた。そこから、「知らぬ顔の半兵衛」という言葉が生まれたとか。
b0044663_16494437.jpg
向日神社の絵馬
b0044663_1650476.jpg
ひっそりした角宮神社
b0044663_16513448.jpg
粟生光明寺。今日は本堂まで登った。
b0044663_1655154.jpg
子守勝手神社で集合写真
b0044663_16561329.jpg
竹で作った干支
b0044663_16574067.jpg
雨の中走田神社へ
b0044663_16583286.jpg
長岡天満宮に今年のウオーキングの安全を祈って
b0044663_16591255.jpg
長岡天満宮の絵馬
by take4ni4da | 2017-01-08 23:19 | ナガスポウオーク | Comments(0)

第七回西大路七福社ご利益めぐりウオーク

 ピーカンの好天に恵まれた本年初の例会ウオーク。
 去年までの集合場所はJR西大路駅だったが、今年はちょっと見方を変えて逆回りということでJR円町駅に変えて近くの北野天満宮御旅所に集合。会長の年頭のあいさつのあと出発。佐井通りを北に向かう。嵐電北野線の踏切を越えて私立高校の塀に沿って進み、延命長寿のご利益がある熊野神社衣笠分社に着く。神社とは思えないモダンな熊野神社衣笠分社を詣で、さらに北に向かい、安産祈願のわら天神宮に参る。今年のコースの登りはここまでで、あとは西大路通りに沿って南に下っていく。西大路通りから開運の平野神社に参り、番外の北野天満宮で休憩を取る。北野天満宮名物の「長五郎餅」の店には行列ができていた。梅が少し咲き始めていた。合格祈願で賑わう北野天満宮に詣でて、今出川通りを渡り妖怪ストリートと呼ばれる一条通を西へ向かい建築方除の大将軍八神社に到着。境内を左回りに参って、一条通に戻り、西大路通を南下。円町を過ぎ、西大路御池から島津製作所の向かいにある、昼食地の三条坊町児童公園に着く。青空のもと、それぞれ陽だまりに陣取ってお弁当を頂く。
 午後は、春日通りを南下して、厄除けの春日神社に参る。境内では若菜節句祭が行われていて、社務所前では七草がゆ(有料)を食べようという参拝者の行列が長く伸びていた。さらに南下して、五条通の歩道橋を渡りローム社の傍の名倉公園で休憩。さらに春日通りを南下し七条通から西大路通りを進み、前に清盛公お手植えの楠の大木のある開運の若一神社に参る。こちらでも七草がゆの接待が行われていたが、ここは無料接待だ。さあ、あと一社。西大路通りを南に進み西大路九条の交差点を渡り、政所公園を経て、最後の知恵と学問の吉祥院天満宮に参る。ここで最後尾から七福社で御朱印めぐりの別動隊も追いついてきて、最後の御朱印をもらって西高瀬川に沿って北進し、ゴールの西大路駅近くの公園にゴールした。去年までのコースと逆の違った風景を楽んだウオークだった。
b0044663_1413624.jpg
集合場所の北野天満宮御旅所に続々とウオーカーが集まってきた。
b0044663_14142955.jpg
モダンな熊野神社衣笠分社
b0044663_14151984.jpg
安産祈願のわら天神宮
b0044663_14161039.jpg
平野神社は開運
b0044663_1417856.jpg
北野天満宮(番外・学問)
b0044663_14175625.jpg
梅も咲きだしたよ
b0044663_14183687.jpg
北野天満宮の絵馬
b0044663_14191260.jpg
建築方除の大将軍八神社
b0044663_1421182.jpg
西院春日神社(厄除)
b0044663_14215047.jpg
ローム社横の名倉公園
b0044663_14234068.jpg
若一(にゃくいち)神社(開運)
b0044663_14252325.jpg
吉祥院天満宮(知恵・学問)
b0044663_14262386.jpg
七福社の御朱印を集めて干支の置物を
by take4ni4da | 2017-01-07 23:55 | KWAウォーク | Comments(0)

年賀状

我が家の年賀状は、嫁さんが一番多くて毎年300枚以上送られてくる。
なぜかというと、学校の先生だからかな?
それに対して、僕は100前後出すが、来るのは7~80枚程度。
最近、年頭のあいさつが、FACEBOOKやLINEで済ませる人も多く、
僕は、それぞれでのあいさつもやってはいるが、やっぱり紙の年賀状は捨てがたい。
b0044663_13514950.jpg


そんな中、最近こんな年賀状も頂く。
b0044663_13521520.jpg

会社の先輩だ。終活なのかな?ちょっと寂しい。

先日もかいたと思うが、去年?まで仕事していたので、年賀状を書いて出すのが
12月31日ギリギリになってからだったので、ちょっとしたコメントを書くのを省略して失礼をしていたが、
5月で仕事を辞めたので、去年の暮はずいぶん余裕があったので、
なんとか、少しずつ手書きのコメントを書き添えることができた。
もらう方としても、少しの手書きのコメントはとても嬉しい。
ちょっとの間、出す相手のことを思いながら書くのも楽しいね。
今年頂いた年賀状のコメントを少し
b0044663_13595426.jpg

b0044663_1402613.jpg

b0044663_1404314.jpg
b0044663_141056.jpg
b0044663_1423456.jpg
b0044663_14304.jpg
b0044663_143187.jpg
b0044663_1433514.jpg

年末に賀状を書くとき、正月に年賀状を読むときだけでも、心が和むひと時は
たとえ生存確認だけでもいいと思っている。
by take4ni4da | 2017-01-05 14:08 | 日記 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

何事もなく
at 2017-08-14 21:30
世間はお盆休み。孫来る!
at 2017-08-13 22:35
長岡天神・勝竜寺コース下見
at 2017-08-10 23:49
歩育の中止と、友人の訃報
at 2017-08-08 15:12
京の六地蔵めぐり④鞍馬口地蔵..
at 2017-08-06 23:24

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05
> でこさん 来年は参..
by take4ni4da at 09:59
> RYUさん 今まで..
by take4ni4da at 09:55
暑い中3日間お疲れ様でし..
by でこ at 16:21
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
さくらんぼさん、こんにち..
by take4ni4da at 15:05
こんにちは~。 ヘビ・..
by ibakasumi60 at 08:57
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 10:24

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧