<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

本願寺水道と白川分水をたどる

明治時代に本願寺を火災から守るために、当時田辺朔郎博士によって作られた琵琶湖疏水の蹴上から4km落差50mを利用して水道が敷かれた。今も、京都の地下にもぐっているが老朽化のために、水漏れが起こっていて使われていないそうだ。しかし、防災の意味で復活の計画もあるとか・・・
その明治の偉業のあとをたどるウオークがKWAの例会として8月25日に開催されるが、今日は下見である。そんな防災設備があったとは、今まで知らなかったので大変勉強になった。京都駅から、東本願寺の赤くさび付いたバルブを見て渉成園の北へ伸びる細い道を行く。この道の途中の配管に水漏れが見つかって、取り替えられたそうだ。河原町通りに出ると北に進み五条通を右に折れると五條大橋を渡って河川敷に降りると、五條大橋の下にも配管が通っているのが分かる。ふたたび五条通を東に進み北に折れて建仁寺の西のとおりを四条通まで北上。四条通を八坂神社に向かって進み、東大路を北上して菊屋橋を渡ったところから白川に沿って進む。三条通にかかる白川橋の裏にも覗き込めば配管が見えるそうだ。今度は三条通を蹴上に向かって進み蹴上のトンネルをくぐってインクラインに沿って登って行ったところに、本願寺水道の貯水槽が有る。このそばには、この偉業を成し遂げた田辺朔郎博士の銅像が、京都の町を見守っている。ここからは疏水が北に流れ、南禅寺の水路閣を通って、哲学の道の横を流れ、銀閣寺で今度は西から北へ白川分水となって高野川と加茂川を地下で横切り堀川へと続く。ウオークのほうはこのあとJR二条駅まででゴール。やく20kmのロングコースだ。尚、この蹴上から東本願寺までのウオークが毎年、ガイド付きで開催されているそうだ。
by take4ni4da | 2013-05-25 23:41 | KWAウォーク | Comments(1)

またまた赤川鉄橋

またまた、赤川鉄橋の話
今日はちょっと早く歩いて、昨日の列車の前に通る貨物列車に遭遇
(揺れてごめんなさい)
この工事用のフェンスは、複線化になったらここに駅ができるらしく
いま基礎工事の真っ最中だ。


by take4ni4da | 2013-05-22 23:41 | 日記 | Comments(0)

赤川仮橋もあと3ヶ月足らず?

毎日、通勤の行き帰りに通る赤川鉄橋。人や自転車が通るほうは「赤川仮橋」という。この橋も、この秋には複線工事のため、人や自転車が通れなくなるということは以前にも書いたが、いつも帰りには、列車が通る。最近は、この列車と仮橋の姿を納めようと撮り鉄さんたちが、ウロウロしている。中には立派なカメラを持った女性も居いるが、カメ女というのかな?それとも「テツ女」?



Iphoneで撮った動画を、youtubeにアップした。
by take4ni4da | 2013-05-21 23:41 | Comments(0)

おこしやす京の五花街W

午後から雨になるらしい。京都の五つの花街を巡るウオークだ。集合場所の京都駅東の京都劇場前は冷たい風が吹抜けて寒かった。僕の今日の役割は広報の写真係りだ。京都駅を出発して東へ行き、鴨川を渡って北に上がり、五条通を渡るとすぐの路地に入ると、一つ目の花街の「宮川町」だ。早朝の花街はまだひっそりと静かな佇まいだ。置屋のおかあさんのような女性が「おはようさん」と挨拶してくれた。「おはようさん、お邪魔します。」と返す。宮川町の紋は「三輪」で、軒先に吊り下げられた提灯に染め抜かれている。宮川町を抜けると、建仁寺に入って烈詰め休憩。建仁寺をでると、いよいよ二つ目の花街祇園甲部。流石に此処は賑やかだ。観光客や、場外馬券場にくる競馬ファンでごった返していて、馬券場のガードマンがそこここで交通整理をしている。この町の紋はつなぎ団子に「甲」の字が入っている。賑わう花見小路通りを行き、一力茶屋を過ぎると四条通りを渡り右に折れ、八坂神社の石段下を左おれすると、今度は3番目の祇園(乙部)で、祇園東歌舞練場は祇園会館と呼ばれ、今では吉本喜劇の劇場も兼ねている。此処の紋はつなぎ団子だけのものだ。その先を左に曲がってまっすぐ行くと白川の巽橋のそばに佇む「辰巳大明神」がある。芸子さんや舞妓さんに芸事上達の神さんとして愛されている。その界隈も、花街特有の趣のある建物が続く。縄手通りを行き四条通に出て、四条大橋を渡ると今度は先斗町の狭い路地に入る。宮川町や祇園甲部などとはちょっと変わった風情が楽しめる。人が2人すれ違えるくらいの両側にびっしりとお茶屋や料理屋が立ち並んでいる。此処の紋は千鳥だ。途中の先斗町公園でトイレ休憩の後は、市役所前の地下街を通り向けて、寺町通りを北上して、京都御苑の東南角に有る富小路休憩所前で昼食休憩とする。食事を終えたころ、とうとうぽつぽつと降り出したので、みんなカッパや傘をとりだして準備する。今日の参加者は、296名と発表された後出発。雨の京都御苑を通り抜けて今出川通りに出て、最後の花街の上七軒に向けて歩く。堀川通り、千本通りを越えて上七軒の町並みを通りすぎる。この花街が5花街で最古だと言う。ほかの花街が江戸時代からに対して室町時代に北野天満宮の修造に合わせて七軒のお茶屋が建てられたのが始まりとされている。紋は五つ団子だ。歌舞練場の前を通りすぎて北野天満宮の東門から入って南門前で、花街のうちわやCDやパンフレットなどが当たるお楽しみ抽選会が行われた。その後は、紙屋川に沿って南下し、JR円町駅で解散となった。後半は雨となったが、そんなにきつくならなかったのは幸いだった。みなさんお疲れ様。
b0044663_1241992.jpg
宮川町をいく。
b0044663_132839.jpg
祇園甲部歌舞練場前
b0044663_1261786.jpg
辰巳大明神
b0044663_129587.jpg
先斗町の紋「千鳥」
b0044663_1283159.jpg
上七軒
b0044663_1295752.jpg
うちわが当たりました
by take4ni4da | 2013-05-19 23:39 | KWAウォーク | Comments(0)

通勤ウオークで出会った草花

朝の通勤途中のウオークで季節ごとに楽しませてくれるのが、民家の花壇の花や、淀川の土手に生い茂る草花だ。雑草だなんて一からげにしてしまっては、かわいそう。それぞれ名前もあるんだから、ちゃんと覚えておかないとと思って、「日本の野草・雑草」というポケット図鑑を持って出かけたりする。
b0044663_6354925.jpg
ヘラオオバコ 穂先がなんとなくかわいい
b0044663_637481.jpg
カラスムギ
b0044663_63876.jpg
アカバナユウゲショウ ピンクのかわいい花だ。
b0044663_6391757.jpg
チガヤかなあ?
b0044663_6401282.jpg
この花知ってる?シラン
b0044663_6405550.jpg
御存じアジサイ
by take4ni4da | 2013-05-17 23:28 | 日記 | Comments(2)

愛宕山秘密の花園オフ

所属する囲炉裏村で僕が年2回企画する山行オフの一つが、今回の「愛宕山、秘密の花園オフ」だ。最初は秘密だった花園も、インターネットや何かで検索してやってくるハイカーが一昨年辺りから急増した。その原因を作っている一つが僕のブログかもしれないという罪意識も有る。(ごめんなさい)
 さて、今年も秘密の花園に行きましょうと呼びかけたが、最初はMtさんひとりしか申し込みが無かった。おまけに当初週末は雨の予想。そのうち、Mtさんが可哀想やからとPaさんの参加表明があった。この時点ではまだ週末は雨。2,3日して、急に週末が晴の予想に変わったとたん、続々と参加表明が集まってきた。ところが、「おっさんばっかりや。姫も集まれ」とPaさんの呼びかけで、ぱらぱらと姫も集まりだした。そして、当日集合場所の清滝に22名もの囲炉裏村の仲間と1匹(わんちゃん)が集まった。
 ということで、登山口近くの元ケーブル清滝駅跡で集合して、挨拶と自己紹介をして出発。ラストをMaさんにお願いして、すこしケーブル跡を通って本道に合流して登る。今日はいつもにもまして登山客が多い。愛宕山はいつ来ても登り始めが辛い。最初の休憩は3合目と決めていたのだけど、今日は日差しがきつくて暑い。やむなく、途中の広い場所で着ているものを脱いだりして体温調整の休憩を摂る。あえぎながらやっとのことで3合目の休憩場所に着く。
b0044663_22461952.jpg
東屋の上の緑がきれいだ。「愛宕山ってなめてかかってたけど、結構きついね。」とHiちゃん。Ykちゃんから冷たいグレープフルーツをご馳走になる。Ogさんからはチョコレート。「もうすこし、きつい坂が続きます。」といって出発。次は七合目で休憩ということで出発。他のグループに抜きつ抜かれつ、ちょっと緩くなったところで後ろからMtさんの声「たけちゃーん、5合目で休憩しようって言ってるよ」「了解!」と応えて、前を行く2人に「五合目で止まって下さーい。」と声を掛ける。
b0044663_22465318.jpg
五合目は愛宕登山の丁度中間点。五合目を過ぎると、道は緩やかになりしばらくは気持ちのいい水平道を行く。ふたたび傾斜が出てくると、見晴らしの良い七合目に着く。京都市内から東山方面の眺望が素晴らしい。
b0044663_22471936.jpg
昔瓦け投げが行われていたところだそうだ。去年までここに東屋が有ったが、台風か何かで壊れてしまったらしく、残骸だけが残っていた。休憩の後、お昼も近くなってきたので頂上に急ぐ。八合目の水尾分れを過ぎ、二体のお地蔵さんが見守る
b0044663_22475761.jpg
九合目頑張り坂をあえぎながら登ると、ふたたび道が緩やかになって黒門に着く。
b0044663_22485832.jpg
黒門を過ぎると頂上はもうすぐ、広い場所に出たら階段を登っていくと、現れましたよHmやん。我々と逆コースを登ってきて、先に秘密の花園を見てきたそうだ。「まだ、早くてあんまり咲いてなかったで」だって。「でも、所々固まって咲いているところもあるよ。」そうだ。ちょっと期待していいかな?
さて、お昼も過ぎたので頂上の広場でお弁当タイム。嬉しいことに、ここの八重桜が満開で、その下でお弁当を食べる。今日は暑かったのでビールも美味しい。
b0044663_22494296.jpg

昼食の後、長い石段を登ったところにある拝殿に参る。階段のところで全員でバンダナショットを撮って、
b0044663_22501368.jpg
さあ秘密の花園へ出発。ここで、先に行ってきたHmやんとお別れ。「気をつけてね」首なし地蔵への分岐のところまで、右側が見晴らしがいい。比叡山や、比良山まですっきりと晴れ渡っている。分岐を折れて痩せた道を下っていき、馬の背みたいになったところから沢スジに下りていく。みんなが通った後がしっかり着いている。やがて、ちょろちょろと水が流れるようになると、クリンソウが一輪、二厘と現れる。
b0044663_2251822.jpg
咲いていてよかった。と胸をなでおろす。この辺りは例年通りの開花だ。クリンソウの株を踏み潰さないように注意しながらなおも落ち葉の積もった沢スジに降りていくと、前方に去年ならピンクの塊が見えていたのが、今年は緑色。近づいていくとところどころ咲いていたが、やはり緑が勝っている。残念だ。この後も先のほうまでずっとそんな状態だ。例年なら、写真を撮ったりしてかなり時間を食うのだけど、今年はすんなり首なし地蔵まで来てしまった。首なし地蔵で休憩したあとは、その前の急な坂を下りるだけ。3年ほど前に事故があったので、慎重に下りてくださいと注意して、ゆっくり下りる。ちょっと下りたところの沢には、割と沢山のクリンソウが群生していたのでしばらく観賞。この道も、結構荒れていて去年とコースが変わっているところもあった。しばらく下りて樹林帯に入るともう林道に入る。ここまで来ればもう安心。
b0044663_22512959.jpg
b0044663_22521967.jpg
ちょっと、長くて退屈な道だけどゆっくり歩いて、久しぶりに空也の滝にも寄り道して、
b0044663_22535739.jpg
15時50ふんごろ清滝に到着。ここで、Krさんとわんちゃんとお別れ。お疲れ様でした。バス停まで歩いて、アワアワ(打ち上げ)に行く人と、行かない人に分かれたが参加メンバーの22人(Hmやんを入れたら23名)のうち19名が京都駅のいつものレストランで、大盛り上がりの打ち上げ。お疲れさん。
by take4ni4da | 2013-05-14 22:57 | Comments(2)

「海賊と呼ばれた男」百田尚樹著

今年の本屋大賞だそうだ。僕はこの本を、そんな賞を貰う前に買っていた。というのは、百田氏のデビュー作「永遠の0(ゼロ)」が抜群に面白かったから、この本が発売されるとすぐに買い求めた。と言ってもこの本を読むきっかけになったのは、やはり本屋大賞に輝いたからだけど・・・
ノンフィクションノベルと帯に書いてある通り、物語は実際の人物の伝記として書かれている。作中では「国岡鉄造」と呼ばれているその人は出光興産の創始者の出光佐三で、太平洋戦争ですべてを失った主人公が、戦前から経営していた「国岡商店」を戦前から働いていて戦争に生き残った店員たちの一人も首を切ることなく、苦しい中団結してゼロから始める。石油を扱っていた国岡商店は、戦後再開した時は石油の一滴もない状態で、ラジオの修理から何でもやりながら、復興の時を辛抱強く待つ。・・・
とにかく、こんな人がいたのかと思うほど波乱万丈、人間主義を貫いた上下2巻の壮大な物語だ。
b0044663_22521097.jpg

by take4ni4da | 2013-05-09 22:53 | | Comments(0)

第119回567倶楽部ウオーキング「恒例山の辺の道」

もう何回目になるかな?仲間のウオーキングの5月は恒例の山の辺の道ウオークだ。何度も同じようなレポートを書いているので、今年は写真だけの方が良いかな?と言っても毎年おんなじような写真だけどね。9時30分近鉄桜井駅に16名のメンバーが集まった。時間前にShさんがPoさんに電話をしたところ「もうすぐ榛原だから、もうすぐ着くよ」???乗り過ごしてるう・・・
後から追いかけるというPoさんを残してスタート。いつもは、駅からまっすぐ北に延びる道を行くのだけど、今日はUsさんの「旧道をいきませんか」とのアドバイスで、駅から右に向かう。
b0044663_2231677.jpg
旧道を行く
途中、弁当を買いにコンビニに寄るグループとそのまま進むグループに分かれて進む。金屋の石仏で合流して、平等寺を通り抜ける。平等寺のツツジはもう終わりかけだった。平等寺で遅れてきたPoさんと合流し、三輪大社へ。手前に今年も銀竜草が咲いていた。今年は例年よりも多かった。
b0044663_22361959.jpg
不思議な銀竜草は満開?
三輪大社でトイレ休憩をしていよいよ山の辺の道の真っ只中へ。緑が奇麗だ。見上げると奇麗な藤も目を愉しませてくれる。
b0044663_22401584.jpg
玄賓庵を抜けてなおも進むとおなじみの「山邊の道」の石碑。また来たよ。
b0044663_22421921.jpg
うっそうとした林を抜けると桧原神社に到着。鳥居の間から遠く二上山も見える。
b0044663_22435662.jpg
桧原神社を後に、素晴らしい緑の中を行く。
b0044663_2355598.jpg
吹く風は気持ちが良い。景行天皇陵を過ぎると、お腹もすいてきた。崇神天皇陵のそばでお弁当。僕はいつもの「六甲山縦走弁当」だ。
b0044663_013116.jpg
今日は久しぶりにShさんの野点。一杯回ってくるデザートのおやつと一緒に戴く。Shさんお手製の今日のお菓子の名前は何だったかなあ。
b0044663_16141380.jpg
お弁当の後は、長岳寺に。参道に咲くツツジは今年もきれいだけど、ちょっと少ないかな。中山廃寺跡をとおり竹之内環濠集落を抜けて苺栽培のビニールハウスの間を抜けていくと、前は方々で採れたての苺が売っていて、包張りながら歩いたがここ近年はすっかりなくなってしまったのが残念だ。
b0044663_1618674.jpg
なおも農家の間の道を抜けて山側に登って行くと見えてきました。
b0044663_16232333.jpg
コースの終わり近くにある峠の茶屋で、ここでみんな楽しみにしているソフトクリームが食べられるのだ。僕は、ここでいつもビールを呑む。今日は天気も良くて暖かいので格別の味だった。楽しい一時も終わり、さあ、最後の頑張りの石神神社前の急な石畳を登る。みんな毎年来ているので慣れているのか、昔はえらかったけど、けっこうすいすいと登っていく。登り切って葉っぱが青々とした道を下っていき杜に入るとゴール。境内で飼われている鶏が「コケコッコー!」と迎えてくれた。
b0044663_1631510.jpg
みんなよく頑張ったね。お疲れ様。
by take4ni4da | 2013-05-05 23:49 | 567倶楽部ウォーク | Comments(1)

GW基地ウオーク⑤新撰組と錦市場ウオーク

GW基地ウオークシリーズの5日目は、京都タカシマヤのウオーキングステーション主催のウオークだ。表題の通り、新撰組ゆかりの場所と京都の台所と言われている「錦市場」を巡る。錦市場というと、道幅の狭いところへ観光客がひしめいているのだけど、その中のほんの200mほどを通り抜けるのだけど、さて上手く行きますか?
今日の役目は、スナップ写真を撮る広報で。先頭のコースリーダーと一緒に歩く。10時に京都駅を出発して地下街を抜けて、七条通りを東へ。高瀬川を北へ辿り五条通りを渡ったところに有る五条公園で列詰めトイレ休憩。今日も昨日に続いて天気が良い。さらに高瀬川沿いの木屋町通を北へ。途中で鴨川河川敷に下りて更に北へ。四条大橋をくぐって、三条大橋の手前で三条通りを西に。河原町通り近くの「池田屋」跡前を通りすぎる。更に三条商店街のアーケードから、寺町商店街を南に下って錦小路を西へ。連休の錦市場はやはり大勢の人でにぎわっている。そんな中を抜けるのだから大変。僅か200mとはいえ300名あまりのウオーカーが通り過ぎるのである。ごめんなさーい。蛸薬師通りに進路を変えて西に進み、烏丸通りを渡って南蛮寺跡、本能寺跡を通り南に曲がって四条通りを渡って西洞院通りに面した綾西公園で昼食。此処へ来て雲行きが怪しくなりぽつりぽつりと来るがしばらくして止んでくれたので助かった。午後のスタート前に、今日の参加者が336名と発表される。午後は仏光寺通りを西へ、堀川通り、大宮通りを渡って少し北に上がって、細い綾小路通りを進み新撰組壬生屯所跡の前川邸と八木邸の前を通って、壬生狂言で有名な壬生寺通り抜けて千本通りを南へ。光徳公園で最後の列詰め休憩をして、花街の島原を抜けて西本願寺の北を通って堀川通りから京都駅にゴールした。
b0044663_2311221.jpg
出発式ではストレッチ体操を担当
b0044663_2323426.jpg
新緑の柳の下、高瀬川沿いの道を行く
b0044663_2342432.jpg
池田屋の前を行く。今は居酒屋になっている。
b0044663_2352077.jpg
錦市場を通り抜ける。苦情も出たとか。
b0044663_2364110.jpg
新撰組屯所跡の前川邸を過ぎる
b0044663_2381082.jpg
壬生寺を抜ける
by take4ni4da | 2013-05-04 23:23 | KWAウォーク | Comments(0)

GW基地ウオーク④長岡天神つつじ観賞コース

ゴールデンウイークのKWA基地ウオークシリーズの4日目は、長岡天神のキリシマツツジを観賞するウオーク。朝から快晴のJR長岡京駅に400名を超えるウオーカーが集まった。今日の役目は特にないが、ところどころの誘導に立つ要員だ。10時に駅前を出発して、西国街道を北へ歩く。途中、馬場一丁目の交差点で「渡ったら一列で進んでください」と誘導。渡った先が細くなっているので、塊になってウオーカーが道路にはみ出しているので、車に接触しないように気を使う。Inさんも手伝ってくれたので助かった。アンカーが到着して、急いで先頭に追い付くべく進むが、400人以上のウオーカーを追い越して行くのは大変だ。途中、ときどきKWAのウオーキングに参加してくださる、向日町の居酒屋の夫婦とすれ違う。彼らは、直接長岡天神にツツジを観に行くそうだ。阪急西向日駅でようやく先頭に追い付くと、長岡宮大極殿跡を過ぎて、向日神社の手前の横断歩道で再び誘導。おりしも稚児行列が通っていて、車が渋滞しているところで、ウオーカーを横断させるのに苦労。ここでも、TnさんとTrさんに補助してもらう。一般の人たちは、向日神社で休憩だけど、僕はトイレだけ済ませて先に進む。このころは、列も長く伸びていて、とても先頭まで追い付けないが取りあえず前へ前へ進む。向日神社の裏手の急な階段を下りて、一路光明寺に向かう。天気も良くて行く手に広がる西山もくっきり奇麗だ。光明寺でお参りをして、紅葉の緑の中を進み西山体育館前の公園で昼食。前に来た時は雨で、体育館の中でお弁当を戴いたが。今日は爽やかな風の中で気分よくお弁当を戴く。出発前に今日の参加者は468名と発表。午後の出発後、すぐの道路の横断で再び誘導。此処は、車の往来も少なくてスムーズに任務を終える。少しの登りの後は、ゴールまでぐんぐん下って行く。今度はみんな急いでいるのかスピードが速くて、なかなか先頭に追い付けない。ようやく長岡天神で追いついたと思ったら、すぐにゴールに向けてスタート。ちょっと遅いかと心配された長岡天神のキリシマツツジもこのところの気温が低かったおかげで満開で我々を迎えてくれた。そのまま、ゴールの今日の主催のウオーキングステーションであるナガオカスポーツ前で解散。天気も良くて、快適なウオークに皆さん大満足で帰って行かれた。
b0044663_351182.jpg
JR長岡京駅前に集まったウオーカー
b0044663_3521521.jpg
向日神社前で、かわいい稚児行列に遭遇。
b0044663_3532199.jpg
向日神社
b0044663_354174.jpg
新緑の光明寺
b0044663_3553998.jpg
長岡天神のキリシマツツジ
b0044663_3562938.jpg
好天の中、ツツジも映える
by take4ni4da | 2013-05-03 23:11 | KWAウォーク | Comments(1)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

今日の風景
at 2017-05-27 14:17
囲炉裏村5月月例会
at 2017-05-25 23:20
長岡宮大極殿・光明寺コース
at 2017-05-21 22:35
サージャント・ペッパー
at 2017-05-20 23:00
白川疏水をぐるり
at 2017-05-18 23:28

以前の記事

2017年 12月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> まあちんさん 結局..
by take4ni4da at 00:19
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 22:30
綺麗なお花が一杯ですね。..
by shizuko-65 at 18:18
でこさん、参加ありがとう..
by take4ni4da at 13:34
お疲れ様でした。例年と違..
by でこ at 17:36
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 10:39
でこさん、参加ありがとう..
by take4ni4da at 18:16
お疲れ様でした。河津桜が..
by でこ at 14:27
こんにちは! ibaka..
by ibakasumi60 at 16:54
あけましておめでとうござ..
by まあちん&J at 21:35

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧