<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

KWA例会:京の七野めぐりウォークと、その後のハプニング

今日は予想通り台風の接近で一日中雨。
それでも、中止にはならないKWAのウォーキング
「京の七野めぐりウォーク」というテーマで
京都の北野、平野、柏野、蓮台野、上野、紫野、内野という
七つの野を巡る12kmのウォークだ。

JR円町に20数名のスタッフのほかに
参加してくれた人は同じく20数名
b0044663_12331924.jpg

すでに、大雨警報が出ているというが
予定通り10時に準備体操をして出発。
人数も少ないので、旗もなしで進む。
(実は、今回は先頭旗手を務めるはずだった。)

ウォーキングの最中も雨はしつこく降り続いている。
台風が接近しているんだから仕方がないけどね。
先週の雨でびしょぬれになったので、今日は上下のレインウェアを着込んで
完全装備だ。

妖怪ストリートと言われる一条通りを通って、
大将軍の前を通って北野天満宮に着く。
こんな雨なのに、修学旅行生が大勢来ていた。
b0044663_12335041.jpg

ここで列詰めとトイレ休憩だけど、俄然雨がきつくなってきたので
あえなくここでウォーキングは打ち切り。
ただ、コースを変えてJR二条駅までスタッフが誘導して解散。

さて、この時点でまだ昼前。

そうだ、ネットの仲間のHさんが
今日は、烏丸でグルメオフ会(お食事会)をすると言っていたので、
そちらに参加しようかとHさんに電話すると快諾。

二条駅から地下鉄を乗り継いで12時からのオフ会に参加。
烏丸にある元丸紅ビルがCOCON烏丸というビルに
リニューアルされて数年になるが
その地下一階の食堂街に最近できた江戸前寿司を食べさせる店

集まったの仲間は初めてお目にかかるNさんをはじめ6名
そのNさんはなんと僕の家の近所の車折神社のそばに住んでいるという。
b0044663_12341748.jpg

美味しい料理を戴きながら歓談が進むなかで事件が起こった。

ビールを持ってきた若い女店員がなんとしたことか
僕の前にビールを置いたとたんどたっ!とビールジョッキを
倒してしまい、僕の膝にザーッ!
僕にひざにまでジョッキ一杯のビールを飲ませてくれた。

おまけにあわてたその拍子にもう一つのビールグラスを落として
ガチャーン!
店の人たちが駆け寄ってきて「すみませ~ん!」と
平謝り。タオルを一杯くれるがこぼしてズボンも中までしみこんで
びしょびしょにはなんの役にも立たず
「こんなにたくさんタオルを貰っても・・」と小言を言うも
せっかく楽しく語り合ってきたみんなの手前も
起こる気にもなれず・・・

そのあと、参加したメンバーの食べに入った店での
トラブルについての体験談になる。
その時の店の対応で気分が違うのがよくわかる。

で、今日の店の対応だが
事件がおこった時は、店長と思われる人も来て
盛んに謝ってくれたが、後の処理は一人の女性にまかせっきり。

最後に、「ビール二杯はサービスさせていただきます。」
だって
それだけ?って思ったけど・・・
by take4ni4da | 2011-05-29 22:12 | 日記 | Comments(3)

KWA:宇治・新緑新茶ウォーク顛末記

なんだか怪しい雲行き

JR城陽駅を出発の時は、細かい雨がときどきポツポツと来る程度で
取りあえず、雨具を上下着ける。
水度神社から鴻巣山に登るにつれて
だんだん汗が噴き出してくる。

鴻巣山を越えたところで列詰めトイレ休憩
たまらず、雨具を上下とも脱ぐ。
雲行きはあまり良くないが・・・

鴻巣山を出発してすぐに、とうとうザーッと降り出した。
あわててふたたび雨具を着るが、
ずぼらをして、雨具のズボンは着けずに上だけをリュックの上から羽織る。
これがいけなかった。

雨がだんだん強くなってきてズボンがずぶ濡れ。
靴もびしょびしょで、靴下も濡れて
足が靴の中で泳いでいる状態。わー堪らん!

10時半ごろ太陽が丘運動公園に着いて屋内に入り
早いけど、今後雨宿りして昼食できるところもないので
ここで昼食。
びしょびしょのズボンを脱いで、仕方がないので
雨具のズボンをそのままはく。

昼食の間も雨は激しく降って一向にやむ気配がない
スタッフが相談して、止むなくここで解散とする。
11時15分に出発して、参加者をゴールの宇治駅まで
誘導して解散。

ところが、宇治駅に近づくにつれて空が明るくなってきて
駅に着くと、雨がすっかり止んでしまった。
なんとも、しまらない話になったが仕方がないなあ。

こんな一日だったが、嬉しいこともあった。
下見の時に最後に入った喫茶店の美人で若いウェーター嬢が
彼氏と来てくれていたのだ。
「また、この地図を見ながら歩いてみます。
かえって、楽しかったのでまた来ます。」
と言ってくれた。

またね!

教訓:雨具は暑くても上下着ること!

今日は雨のため写真はありません。
by take4ni4da | 2011-05-22 17:25 | 日記 | Comments(0)

カキツバタ、京響定期演奏会と呑み会

朝から、古紙回収に出して10時ごろ家を出る。

まずは、地下鉄北山から歩いて大田神社に行く。
天然記念物のカキツバタはちょっと時期が遅かったらしく
散ってしまった株もあるが、まだ咲いていて 何とか楽しめた。
朝から、古紙回収に出して
10時ごろ家を出る。

b0044663_1730997.jpg
b0044663_17304855.jpg
b0044663_17311752.jpg
まずは、地下鉄北山から歩いて大田神社に行く。
天然記念物のカキツバタはちょっと時期が遅かったらしく
散ってしまった株もあるが、まだ咲いていて
何とか楽しめた。
大田神社の前で上賀茂名物焼き餅を買って食べる。美味しかった。
大田神社から、上賀茂神社まで歩いて参拝。
タクシーの運ちゃんが修学旅行生を案内して、
ガイドしていた。僕の友人にもタクシーの運ちゃんがいて
観光で案内しているそうなので、興味深く聴いていると、
「ここで、手を洗って清めてください。」
拝殿では、「二礼二拍手一礼という風に参拝してください」
などと説明している。
b0044663_17314915.jpg
b0044663_17321387.jpg
b0044663_17333368.jpg

上賀茂神社を出て、鴨川の河川敷を下る。
土手にはピンク色のかわいい花が群生していて奇麗だ。
b0044663_17341379.jpg
b0044663_17344345.jpg

北山大橋から北山通りを東に行って、コンサートホールの近くの
ラーメン屋で餃子セットを食べる。

お腹が膨れたところで、14時半からの京響の
定期演奏会に行く。

今日のプログラムは
1.尾高惇忠:オーケストラのための「肖像」
2.グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調
3.ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調

ラフマニノフ以外は初めて聴く曲だが
尾高氏の曲は18年前に京響で初演されて
その時の3曲目が偶然にもラフマニノフの2番だったそうだ。
どれも熱演だったが、ラフマニノフは
演奏時間60分の大曲で、演奏が終わって京響の楽団員の
満足感が伝わってきた。

コンサートが終わって終えん後のレセプションで
グラズノフのV協奏曲を演奏したゲザ・ホッス=レゴツキさんの
インタビューもあり。ジプシーの血をひく若干26歳の若者だ。

さて、夕方は高校時代の友人たちと西院で2カ月に一回の呑み会。
6名のメンバーのうち5人が集合。
楽しく9時過ぎまで語り合って帰宅した。


大田神社の前で上賀茂名物焼き餅を買って食べる。美味しかった。
大田神社から、上賀茂神社まで歩いて参拝。
タクシーの運ちゃんが修学旅行生を案内して、
ガイドしていた。僕の友人にもタクシーの運ちゃんがいて
観光で案内しているそうなので、興味深く聴いていると、
「ここで、手を洗って清めてください。」
拝殿では、「二礼二拍手一礼という風に参拝してください」
などと説明している。

上賀茂神社を出て、鴨川の河川敷を下る。
土手にはピンク色のかわいい花が群生していて奇麗だ。

北山大橋から北山通りを東に行って、コンサートホールの近くの
ラーメン屋で餃子セットを食べる。

お腹が膨れたところで、14時半からの京響の
定期演奏会に行く。

今日のプログラムは
1.尾高惇忠:オーケストラのための「肖像」
2.グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調
3.ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調

ラフマニノフ以外は初めて聴く曲だが
尾高氏の曲は18年前に京響で初演されて
その時の3曲目が偶然にもラフマニノフの2番だったそうだ。
どれも熱演だったが、ラフマニノフは
演奏時間60分の大曲で、演奏が終わって京響の楽団員の
満足感が伝わってきた。

コンサートが終わって終えん後のレセプションで
グラズノフのV協奏曲を演奏したゲザ・ホッス=レゴツキさんの
インタビューもあり。ジプシーの血をひく若干26歳の若者だ。

さて、夕方は高校時代の友人たちと西院で2カ月に一回の呑み会。
6名のメンバーのうち5人が集合。
楽しく9時過ぎまで語り合って帰宅した。
by take4ni4da | 2011-05-21 22:26 | Comments(0)

(元)秘密の花園オフ

2年前から5月中頃に開催している
山の仲間の愛宕山クリンソウ観賞オフだ。
毎年僕が主宰している2回の愛宕山オフの一つ。

去年は、下山時に事故があって残念なオフになったので、
今年はやるの?と聞かれて少しためらったがやることにした。

朝、10時に清滝のバス停に11名の仲間が参加してくれた。
登り口の鳥居の前で挨拶と自己紹介をして
去年と同じ、戦前にあったケーブルの駅跡からケーブル道のさわりだけ登る。

少し行って、表参道の本堂に戻り最初の急な道を登る。
いつもながら、苦しい登りだ。
美味しい「お助け水」のところを通り、急な石段を上って
暑くなってきたので、昔茶屋があったところで上着を脱ぐ。

僕は、もう何度も登っているので特に苦しいとも感じなくなっているが
初めて愛宕山に登る人には、結構きつい登りだ。

三合目の休憩所で、1回目の小休憩をとる。
日差しはあるが、涼しい風もありしばらく休んでいると少々肌寒くなるので
5分ほどの休憩で出発。
b0044663_13284585.jpg

ここからはすこし急こう配もおさまるが、まだまだ登りが続く。
木影の登り道を、もう下ってくる人もいて軽く挨拶をしてすれ違う。

5合目の休憩所では遅れている人を少し待つ。
ここで、苦しい登りはいったん終わり、しばらく平たんな道になる。
左側の木立が途切れたところから、眼下に保津川が見える。

しばらく登って、七合目で二回目の小休憩をする。
ここからは、京都市内が奇麗に見えるが
今日は黄砂の影響かすこし霞んで見えている。
b0044663_13294315.jpg

休憩の後は、一気に頂上に向かうが
水尾別れのところで、別グループの男性が
登山靴のソールがパックリと剥がれて困っていたので、
仲間がひもなどを渡して応急処置。

九合目頑張り坂からは最後の急な登りを登りきると黒門に着く。
ここまでくれば頂上まであとすこし。
b0044663_13302697.jpg

12時10分ごろ頂上に着き、社務所前の広場で昼食。
社務所前にはピンクのシャクナゲが満開で、
広場には八重桜が満開だ。
b0044663_1331582.jpg
b0044663_1331443.jpg
b0044663_1333137.jpg

Pさんと、TさんがIpadを出して見せてくれる。
Pさんのには、デジカメが付いていて盛んにパチパチ撮っているので
近くにいるハイカーたちが興味深げに寄ってきて感心している。

昼食後、更に石段を登ったところの拝殿に今日の山歩きの無事を祈願して
いよいよ秘密の花園に向かう。

石段の右に向かう道を進み、左に月輪寺に降りる道を通り過ぎて
東に比叡山から比良山方面が奇麗に見えるところを過ぎて
お地蔵さんが3対建っているところを右に曲がる。
左に行くと、愛宕山の三角点や竜ヶ岳、地蔵岳に行くことができる。

広い山道を少し下ったところから、道幅が極端に狭まった山道になるので、
メンバーに注意を呼び掛けて慎重に下る。

何度かくねくねと曲がったところから、道をそれて僅かに踏み跡が残る中を
谷に向かって降りる。
b0044663_13342572.jpg

落ち葉でずるっと滑りそうな道をしばらく降りていくと川の源流に出会う。
ちょろちょろと流れる川に沿って、やや不明瞭でぬかるんだ道を下っていくと
いよいよクリンソウが一輪、二輪と咲いてくる。
b0044663_13355518.jpg

やがて、前方にピンクの塊が見えてだんだん迫ってくる。
大きなクリンソウの群生地には、すでにたくさんのハイカーが訪れて
写真を撮っている。
わずか2年前には、訪れる人も少なく静かな秘密の花園だったのが
今では秘密でも何でもなくなっていて、愛宕山の人気スポットになっている。
あまりたくさんの人が来て、中に心ないハイカーが、株ごと持ち帰ったりして
荒らさないでほしい。以前、小塩山のカタクリが有名になったのは
インターネットのHPなどで紹介されるのも考えものだといわれていたが
こんなブログに書くのも、少し罪の意識を感じる。
みんな自然はあるがままに大切にしてね。
b0044663_1337455.jpg
b0044663_13374533.jpg
b0044663_13401529.jpg

この谷には、大体3か所の群生地があってそれぞれボリュームがある。
3っつの群生地をゆっくり回って、首なし地蔵に行く道に出会い
反対方面に向かい竜の小屋まで行く。
こちらの道のわきを流れるせせらぎにもたくさんのクリンソウが咲いていて
堪能させてくれる。
途中、うろ覚えで声をかけなかったが竜の小屋の管理人のTさんとすれ違ったようだ。
b0044663_13414471.jpg

竜の小屋に着いて、みんなのコーヒーを寄せ集めてWさんがお湯を沸かして
頂く。美味しい。
しばらくくつろいだ後、元来た道を戻り首なし地蔵に着く。
この辺りを「サカサマ峠」というらしい。
さて、下りはどの道に行く?
b0044663_13421399.jpg

今日のメンバーの顔ぶれから、去年と同じ梨の木谷のコースをたどる。
ザラザラと滑りやすい道なので、あわてずにゆっくり注意して降りてくださいと
注意して慎重に下りる。この谷筋にもクリンソウがところどころ咲いていて
楽しませてくれる。

慎重に下りて、去年事故のあったところも無事通り過ぎて安全な林道に降り立つ。
ここから清滝までは長ーい下り、平坦で安全といえども安心できない
何が原因で転ぶとも限らないのでなおも慎重に進む。
途中、Mさんがバスには約乗りたいのでといって走っていく。
つづいて、Tさんもつられて走って行った。

残ったメンバーはゆっくりと歩いて清滝に4時20分ごろ着いてバスを待つ。
バスで嵐山まで出て、JRに乗り換え京都駅に。
5時半ごろ予約していたビアレストランでカンパーイ!
「やっと、ホッとしたねえ。」とeさん。
お疲れ様。
by take4ni4da | 2011-05-14 22:39 | 日記 | Comments(1)

4月に読んだ本

そうそう、4月に読んだ本。

「忍びの国」和田竜著
2年ほど前の本屋大賞に選ばれた「のぼうの城」に続いて発表された作品。
「のぼう」も良かったけど、織田勢の伊賀攻めを扱った
これも大変面白かった。スピード感がいい。
無門というめちゃくちゃ強い忍者は嫁さんには頭が上がらないというのも
滑稽だ。
b0044663_0165058.jpg

「松林図屏風」萩耿介(はぎこうすけ)著
いま、日経の朝刊で安部竜太郎の「等伯」連載されているが、
去年、京都で「長谷川等伯展」が催された後
友人から借りた本を思い出して、まだ返していなかったので
再読した本だ。
今の新聞連載は、等伯の七尾時代からの物語だが
この本は、ちょうど明智光秀の本能寺の乱から始まる。
当時、若くして信長に重用された狩野永徳をライバルと仰ぎ
次第に頭角を現していく姿を現しているが
この本を先に読んでおけば、等伯展も面白く見られたのになあと
思った本だ。

「新参者」東の圭吾著
著者の加賀警部シリーズ。大変楽しく読んだ。
そのあと、テレビでこの映画をやっていたが
主役の加賀の役がミスキャストではないかと思った。

「頭の旅」外山滋比古著
思考の整理学という昔に書いた本が最近学生の間で
爆発的にブームななったという著者のエッセイ集。

「書棚の隅っこ」出久根達郎著
古本屋の店主で、直木賞作家の僕の好きな作家。
この人は、いざ机に向かって書くのではなく
寝転がって書いたり、押し入れで書いたり
夏は風呂場で書いたりするという。
b0044663_0173062.jpg

以上5冊。
実はもう一冊4月中に読もうと思っていて
読みかけの本があったが、来月回しだ。
by take4ni4da | 2011-05-12 00:17 | 日記 | Comments(0)

嫁さんも還暦

今日、うちの嫁はんが60歳の還暦を迎えた。

僕と3っつちがい。

みんなでどこかへ食べに行こうかと思ったが
3男が仕事で帰ってこれないのと、
嫁さんの母親が退院したところなので
延期することになった。

替わりに、花束を贈った。
b0044663_22375868.jpg

とまあ、これからも
よろしゅう頼みまっせ。
by take4ni4da | 2011-05-07 22:38 | 日記 | Comments(0)

KWA:GW基地ウォーク「長岡天満宮つつじまつり観賞ウォーク」

いよいよ、KWAのGW基地ウォークシリーズも最終日となった。
このシリーズ、6日間全部に参加した人にはプレゼントがあるらしい。
昨日の5日間通してきた人が50数人いるそうだ。

さて、最終日は長岡天満宮のキリシマツツジを観賞するウォーク。

JR長岡京を出発して、西国街道を北上。長岡京大極殿址を見学して、向日神社で休憩。
b0044663_2321825.jpg

向日神社の裏側の急な階段を下りて花粉症治療で有名なA病院の前を通って、
このままだとボタンで有名な乙訓寺を訪れるはずだったが、
時間がないということで、パスして西山光明寺へ。
広い石段を上って法然上人の像の建つ本殿で拝んで通り過ぎる。
b0044663_23215216.jpg

そして、山道を登って昼食場所の西山公園に。
全6回参加者には、何がプレゼントされたのかな?
公園の真ん中にあるのプールでは、
早くも、水遊びをしている子供たちもいて羨ましい。

昼食後は、体育館の裏道を通って、竹藪の中のアスファルト道を登り
走田神社に。ここは2月に仲間のウォーキングで来た。

神社を後に、暑い日差しの中長いアスファルト道を通って
最後は長岡天満宮に着く。
b0044663_23234095.jpg

境内ではこの付近で採れたてのたけのこが売っていて、
焼筍が旨そうだった。
b0044663_23251114.jpg

トイレ休憩の後、キリシマツツジが最盛期の八条ケ池のふちを通って
ゴールで、今日のウォーキングの主宰者の「ゴトウスポーツ」前に着く。

いよいよ夏到来かと思うような暑い日差しの中
結構、疲れたなあ。
by take4ni4da | 2011-05-05 23:19 | 日記 | Comments(0)

第98回567ウォーク:恒例山の辺の道

黄砂の影響で、すっきりとしない朝だった。

近鉄桜井駅(JRも一緒)に今日は12名の仲間が集まった。
遠く姫路からRさんの奥さんも駆けつけてくれた。
なんでも、5時に家を出たそうである。
それから、歩くのにちょっと自信がないというItさんも
頑張って参加だ。

桜井駅を出発して、すぐのところにあったコンビニが
無くなっていた。Hsさんがお弁当を買おうといったいたけど

幸い、もう少し行ったところに去年できたFMがありゲット。

昔、市がたったという海柘榴市(ツバイチ)で第一回目の休憩。
ここには、仏教伝来の地という大きな碑が建っている。
b0044663_3262316.jpg

ここで、Asさんが追いついてきて総勢13名となる。
最近、グルジアなどを旅行してきたというAsさんに
道すがら、いろいろとお話を聞く。

古い民家が並ぶ昔の街道筋を通って、2体の金屋の石仏を観て
b0044663_3265782.jpg

進み急な石段を登ると、聖徳太子ゆかりの
平等寺だ。境内のツツジはまだ五分咲きか?白い藤の花は奇麗だった。
b0044663_3273125.jpg

境内で飼われている猫にいつもなら相手になっているFuさんは
今日はインフルでお休みだ。
平等寺を抜けてしばらく行くと大神神社にたどり着く。
b0044663_328383.jpg
b0044663_3282017.jpg

ここに来ると流石に人が多い。ここでトイレを済ませて進むと、
いつも楽しみにしているギンリョウソウが今年も
その神秘的な姿を見せてくれた。今年のはちょっと小ぶりだ。

狭井神社を過ぎて、玄賓庵を過ぎて少し登っていくと
桧原神社に到着。いつもだとここから西の方に二上山が見えるが
今日は、黄砂のためさっぱり。
第一回の山の辺の道ウォークのときは元メンバーのKさんが
集合時間に遅れて、ここでお弁当を食べたのを思い出す。
また、2年ほど前はここから近くの箸墓古墳に寄り道したこともある。

桧原神社を過ぎたところにある、見晴らしのいいところからの
奈良盆地の眺めもさっぱりだった。

農家の間をぬっていく道にはところどころに
当地で採れた野菜や果物が並べてあり
女性たちは、今晩のおかずにときどき立ち止まっては
料金箱にお金を入れてほしいものを持っていく。

空はすっきりしないがしっかり晴れているので
気分はよく、のんびりと歩く。
b0044663_3295568.jpg

13人という人数の割には、けっこう列が長くなる。
やはり足に自信がないというItさんが慎重に歩くので
遅くなるが、Ugさんに荷物を持ってもらったりして
なんとか頑張ってついてきてくれている。ガンバレ!

途中、景行天皇陵で後続の到着を待ちながら休んでいたら
そばで畑仕事をしていたおっちゃんが突然怒鳴りだす。
最初は、夫婦喧嘩をしているのかと思ったら
どうやら我々に怒っているようで、よく聞いたら
「あっちいいけ!」と言っているようだ。
なんでかわからないまま、その場を離れるがよくわからない。

一度、谷に下りて橋を渡りふたたび急な坂を登っていくと
崇神天皇稜に着く。大変不幸な天皇だったとKsさんが話してくれる。
そういえば、先日TVで言ってたような。

ここで、お弁当とする。
最近5年ほどはいつもここでお弁当を食べる。
見晴らしもいいし、奇麗なトイレも近くにあってちょうどいい。
今日は、コンビニ弁当とシーフードスープ。
今日はShさんが欠席のため野点はない。
それでも、食後は色々なデザートやコーヒーを戴く。
締めくくりはHsさんが記念写真をカシャリ!

午後は、長岳寺によってツツジを観るが
ここのツツジも例年より遅いみたいでまだ3分咲き。
ここで、Itさんが帰ろうかどうか思案するが
トンズラ仲間がないので、いけるとこまで行こうということで
先に進む。
b0044663_3304985.jpg

中山廃寺あとで少し休憩して、念仏寺に。
去年は、黄色い藤?の花が咲いていたが今年は蕾もなくて残念。
すぐそばの墓地の中を通っていくが
こちらにいつも生えているコバンソウも今年はわずかだった。
b0044663_3311699.jpg

竹之内環濠集落を過ぎて、いよいよイチゴのビニールハウスの間を
抜けていき、いつも楽しみなイチゴを売る農家に来ると
残念なことに「本日のイチゴは売り切れました。」の看板に
がっかり!そういえば、ビニールハウスのイチゴもまだ青かった。

夜都伎神社を越えたところにもイチゴを売る農家があったが
そこも店を閉じていた。

そしてしばらく坂を上って行ったところにある峠の茶屋に着く。
ここのソフトクリームを、みんな楽しみにしている。
僕とHsさん,Ugさんはビールを飲む。美味しい。

さて、いよいよ最後の急な坂を登りきると
もう最後の石神神社まで下り。だが、ビールを飲んだ後で
少し辛い。それでも何とか登りきって後はダラダラと下り
ゴール。たくさんの鶏が迎えてくれた。
b0044663_3322518.jpg

お疲れ様といっても、ここから天理の駅までの約2kmも
平たんな道だけど結構つらい。
長ーい天理商店街を抜けて喫茶店に入り打ち上げ。
ここのコーヒーがとてもうまかった。
by take4ni4da | 2011-05-04 22:24 | Comments(0)

KWA:GW基地ウォーク「亀岡光秀まつり観賞ウォーク」

亀岡は光秀ゆかりの地。
亀山城を拠点に丹波征圧に向かった地。
最後は、敵は本能寺にありと京に攻め上がった地としても有名。

今、その亀山城はある宗教団体の施設になっている。

今日のウォーキングはその亀岡市内を巡るウォーク。
ちょうど5月3日は「光秀まつり」が行われるので
今日の最後は市役所前でパレードの出発を観賞するのだ。

朝、10時JR亀岡駅を出発。保津川下りの乗船場を過ぎて
作りかけの保津橋を渡ったところで今日最初の立ち番。
b0044663_2321243.jpg

今日の亀岡地方は、あさから黄砂の影響で曇ったみたいな天気。
あさから、見通しがさっぱりだ。
b0044663_2363958.jpg

5月ともあって、コース途中の曽我谷川の土手には
数本のこいのぼりが立ち並ぶが
風もなく、ちょっと元気がない。
b0044663_2372475.jpg

ガレリアかめおか道の駅での昼食の後
市役所前までいって、「光秀まつり」のパレードの
出発を見送り出発。
b0044663_2375684.jpg

b0044663_2385041.jpg
b0044663_2392476.jpg

途中、ゆっくり進行する祭りのパレードと鉢合わせしたので
亀山城を通るコースを変更。
最終ゴールのトロッコ列車の「馬堀駅」で解散。

雨こそ降らなかったが、黄砂で終始さえない天気だった。
by take4ni4da | 2011-05-03 23:09 | 日記 | Comments(0)

季節の花を求めて

ゴールデンウィークのちょうど中日
今日はKWAの基地ウォーキングもお休み。

ゆっくり、のんびりしようかと思ったけど
やっぱり一日12000歩のノルマは消化しないといけないので、
近所のマイコースをウォーク。

5月になると、梅宮大社のキリシマツツジと
松尾大社のヤマブキが咲きだす。
今日の朝刊にも松尾大社のヤマブキの記事が載っていたが、
それに影響されたわけでもなく、前から考えていたので行ってきた。

梅宮大社のキリシマツツジは
期待通りの花を見せてくれた。
神苑のアヤメやカキツバタはまだ早かったが、
燃えるようなキリシマツツジのトンネルが素晴らしかった。
b0044663_23223122.jpg
b0044663_23224976.jpg
b0044663_23231114.jpg
b0044663_23233827.jpg
b0044663_2324653.jpg
b0044663_23242715.jpg

明日は、お祭りらしく
境内ではその準備に忙しそうだった。

梅宮大社を後に、西に向かい松尾大橋を渡る。
黄砂の影響で、愛宕山がうっすらとかすんでいる。
b0044663_2325989.jpg

渡ったところにある松尾大社に着くと、まっ黄色なヤマブキが迎えてくれる。
ちょっと早かったけど、まあまあ咲いていて良かった。
去年はちょっと遅かったので残念だったが、今年はちょうどよかった。
b0044663_23255111.jpg
b0044663_23262040.jpg

by take4ni4da | 2011-05-02 23:26 | 日記 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

台風最中
at 2017-10-22 23:04
伊丹スカイパーク
at 2017-10-15 23:37
武田尾廃線跡ウオーク
at 2017-10-09 23:46
木島神社の神輿祭
at 2017-10-08 16:45
ピンクリボン京都スタンプラリ..
at 2017-10-07 23:21

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

でこさん 参加ありがと..
by take4ni4da at 23:15
2日間お疲れ様様でした。..
by でこ at 21:20
567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05
> でこさん 来年は参..
by take4ni4da at 09:59
> RYUさん 今まで..
by take4ni4da at 09:55
暑い中3日間お疲れ様でし..
by でこ at 16:21
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
さくらんぼさん、こんにち..
by take4ni4da at 15:05

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧