<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

京都南の三川横断ウォーク(京都府ウォーキング協会)

京都から流れる三大河川が大山崎で合流して淀川になり、大阪湾にそそぐ。
集合地のJR長岡京を出発して、その三川、桂川、宇治川、木津川を横断して
八幡市まで行き、再びその三川を渡り返して元の長岡京の戻る18kmのコース。

今日の役目は、出発地近くでのカウンター(参加者の人数をカウントする)と、アンカー。
カウンターは今日が初めてで、スタッフの先輩から「西田さん練習よ」と言われてやらせていただいた。
ちょっと不安もあったが、もう一人のベテランスタッフのIさんもカウンターをされていて
幸いカウントもぴったり一致して、やったあ!参加者は350名ちょうどだった。
カウントしている間は、参加者に「ご苦労さん」と声を掛けられても応えずに
真剣にやらなければならないのがちょっと辛い。
カウンターをした細川ガラシャゆかりの勝竜寺城はキリシマツツジが満開
b0044663_8425816.jpg

アンカーの方は、参加者の最後尾を歩くのだけど、これも結構つらい。(ってイヤじゃないけどね)
参加者の遅い人に合わせなければならない。マイペースで歩かれる後ろを歩くのだけど、
無理やり「速く歩きましょうとも言えない。」
また最後だと思って歩いていて、ふと振り向くと参加者らしき人が後ろから来ることもあったりで、
「ちょっと寄り道していました。すみません」と謝られたりすることも。

そんななか、「KWAのスタッフの方は、親切で安心して歩けます。」と参加者から嬉しい言葉を頂いた。
ウォークは昨日とは打って変わって、朝から快晴で、おまけに汗ばむ陽気。
三川にかかる橋からの眺めは申し分なしの360の眺望だった。
淀の手前桂川にかかる宮前橋から愛宕山方面
b0044663_8503529.jpg

淀城址ではまだ桜が咲いていたり、
b0044663_8511217.jpg
b0044663_8512879.jpg

宇治川を渡る淀大橋から
b0044663_854299.jpg

各河川敷にはセイヨウカラシナソウが満開など
木津川大橋からの眺め、渡りきると京都嵐山から木津まで伸びる自転車道を歩く
b0044663_858949.jpg

素晴らしい景色も味わえた。
by take4ni4da | 2010-04-25 22:27 | Comments(0)

吹田・旧西尾家住宅とビール工場

会社のOBの人たちの集まりで、吹田市にある「旧西尾家住宅」を見学した。
b0044663_16181347.jpg

江戸時代から仙洞御料庄屋を勤めた伝統と茶の湯文化を感じる屋敷で、
4500平方メートルの敷地に、主屋、離れ、五つの茶室、庭園と蔵などがある。
b0044663_16185894.jpg

京都薮内家の茶室「燕庵」の写し
b0044663_16192891.jpg

西尾家にはプールがあるといわれた防火水槽跡。この隣には大きな温室があったが戦時中にガラスが光るので取り壊された。
b0044663_1620054.jpg

母屋棟の台所にある配電盤
ベルリンフィルを25歳の若さで指揮した「貴志康一」の生家でもあり、
植物分類学者「牧野富太郎」や、建築家「武田五一」などとも関係が深い家だ。

広い落ち着いたたたずまいの中に数々の生活史、文化史を垣間見ることが出来る。
当時の吹田では珍しい、電話室や電気の配電盤などが興味を引いた。
b0044663_16255550.jpg

アサヒビール工場より早く敷かれた電話室

旧西尾家住宅の後、近くのレストランで食事をして
アサヒビールの吹田工場まで歩き、1時半からの見学ツアーに参加。
今年初めてのビール工場見学だ。今までラインが動いているのを見たことが
なかったが、はじめて動いているのを見られた。

見学の後は、お楽しみの試飲会
出来立てのビールはやっぱり旨い。
by take4ni4da | 2010-04-24 22:58 | Comments(0)

今年最後の桜を観に

京都の桜もそろそろ終わり。

最後の桜、御室桜を見に行ってきた。
家の近くのバス停に行くとバスが出た後だった。
次のバスまで10数分なので歩いていくことにした。

歩いて15分花園に着く。
ここから双ケ岡を超えて御室に向かう
花園と御室の間に横たわる双ケ岡は三つのピークがある。
どれもそんなに高くはないので手軽に登れる。
一番北にある一の丘で標高116m
それぞれの丘にはおびただしい数の古墳群があり
一の丘の頂上付近には一番大きな古墳がある
一号墳と名付けられていて、秦川勝の墓だとも言われているらしい。
山頂には三等三角点もあり三つの丘のうちで一番展望も良い。
b0044663_12314588.jpg
b0044663_1232619.jpg

これから向かう、御室仁和寺もよく見えている。
一の丘を下りて嵐電の踏切を渡ると正面に仁和寺の山門が見える。
b0044663_12322893.jpg

b0044663_12334293.jpg

流石に最後の桜を楽しもうと観光客が多い。
山門をくぐるとさらに増える。
普段は拝観料なしで入れる境内は、御室桜が咲いているために
500円の拝観料がいる。

拝観料を払って中に入るところで、ウォーキング仲間のKさんとWさんに会う。
カメラ撮影に来ているらしい。
中の山門を入ると、いきなり満開の御室桜の姿が目に飛び込んできた。
流石に凄い。でも、今年はずいぶん早くてもう散りかけている。
普通の桜より背丈の低い御室桜がびっしり門をはいった左側に咲いている。
その木と木の間の道も人でいっぱい。よそ見をしていたら桜の枝にぶつかる。
一番奥に少し高いところがあって、ここから低い桜越しに見える五重塔を
写そうと人々が集まっている。ぼくも、人の間に入って写させてもらう。
b0044663_12331030.jpg

b0044663_12342783.jpg

b0044663_12345775.jpg

b0044663_12361589.jpg

低い桜の下には、タンポポも満開で白っぽい桜と黄色のタンポポの
コントラストが素晴らしい。
また境内にはミツバツツジも今が盛りと咲いていて
こちらも紅葉の新緑とのコントラストが何とも言えない。
b0044663_12353711.jpg

数は少ないが、緑色のさくらとして最近話題の御衣黄も
ところどころ咲いていて、人々の注目を浴びていた。
b0044663_12365414.jpg

人でにぎわう仁和寺を後に、今日のもう一つの目的場所に向かう。
その目的地はすぐ隣にある五智山蓮華寺だ。
仁和寺の賑わいに比べるとあまり知られていないこちらは
静かで落ち着く。
蓮華寺は入ったところにある五体の石像が好きだ。
この桜の時期に来ると、五体の石像に覆いかぶさる桜を見るのが好きで
毎年来るのだけど、今年は遅かった。
b0044663_1237507.jpg

b0044663_1238346.jpg

もうほとんど散っているので、残念だ。

ちょっとがっかりしたところで、もう一か所寄ってみよう・・・
by take4ni4da | 2010-04-18 22:29 | 日記 | Comments(0)

歩育・JRふれあいハイキングin宇治

JRのハイキングは、
京都府ウォーキング協会では
子供たちを歩いて育んでいこうという
「歩育」と位置付けて毎月企画されている。

僕は2か月前から「歩育」のスタッフとしても
お手伝いさせてもらっている。

4月は「雅な平安絵巻の世界を訪ねよう」ということで
源氏物語ゆかりの地「宇治」を歩いてきた。

昨日までのぐずついたお天気と打って変って
朝からからっと晴れたが、風が冷たい。
駅の改札で、旗を持って受付への誘導をやっていたが
かえって寒かった。

出足は集合30分前までおもわしくなかったが
グループで待ち合わせをして参加してくれた人たちが
出発前にどっと集まってきた。
子供たちも今回は大勢集まってくれた。
b0044663_23495518.jpg

10時になって準備体操をして出発。
数えていないけど、参加者は50名ぐらいか?
駅前の商店街を通って宇治橋の手前を信号を渡って
宇治平等院に向かう石畳の参道を行く。
両側には宇治茶を売る店が立ち並ぶ。
b0044663_23502064.jpg

そのまま平等院に入らずに手前で左斜めに折れていく。
ここできょう一回目の立ち番をする。
50名くらいだからアンカーもすぐに到着。
今日はスタッフも少ないのですぐに先頭に急ぐ。

宇治川の土手に上がると右手に
平等院がきれいにみられるところがあり
とりあえず写真を撮っておく。
b0044663_2351169.jpg

土手から喜撰橋を渡って宇治川の中洲である塔の島に渡る。
渡ったところで、また立ち番。
渡ったところには十三重石塔がある。高さ約15mで、
現存する日本最大で最古の石塔だそうだ。
b0044663_23512888.jpg

石塔の前で左に曲がり隣の橘島に渡ってトイレ休憩。
ここで、ちびっこたちを集めて記念撮影。
b0044663_235222.jpg

再出発して、今度は朝霧橋という赤い橋を渡り対岸に。
車の通る道を宇治川上流に向かう。
道が細くて歩道もないので「一列でお願いします」と指示する。
また小さな橋を渡ったところを左に折れて琴坂を登っていく。
両側のせせらぎの音が琴を弾く音に聞こえるので
琴坂という名が付いたとか。
b0044663_23524659.jpg

登りきると興聖寺に着く。道元禅師が深草に開いた寺を、
淀城主であった永井尚政によってここに移された。
静かな落ち着いたお寺だ。
b0044663_23531689.jpg

少し休憩した後、元来た道を朝霧橋まで戻り
世界文化遺産で現存する最古の神社建築の
本道を擁する「宇治上神社」に入る。
源氏物語・宇治十帖の「八の宮」山荘のモデルになった
場所と言われている。
b0044663_2354233.jpg
b0044663_23542361.jpg


そして坂を下って宇治橋まで来て、京阪で帰る人たちは
ここでゴール。JR組は橋を渡って広い道を駅に向かい
駅前で解散。
b0044663_2355249.jpg

by take4ni4da | 2010-04-17 23:58 | 日記 | Comments(0)

毎年恒例、4月は小塩山カタクリ詣で

囲炉裏村のKoさんの呼びかけの「花旅」
4月は毎年恒例の小塩山へカタクリ詣でだ。

今年も突然ではあったけど呼びかけがあったので行ってきた。
急だったせいか、参加者は5名。
少人数なのでのんびりの山行。

僕が乗ったJR向日駅発の善峯寺行きのバスは70%と満杯。去年は多かった 囲炉裏の仲間は誰も乗らなかった。阪急東向日駅前からはKさんほか3名のメンバーが乗ってくるはずだったが、乗れないと判断してKさんたちはタクシーで先に善峯寺に。僕の乗っているバスが着く前にKeさんから「先に、ぼちぼち行っているからね」と電話があった。
b0044663_21424670.jpg

善峯寺はバス停からいきなりの急登で山門に。いつ見ても立派な山門だ。
500円払って入って石段を登っていくと経堂の前の枝垂れ桜が素晴らしい。ここも、今回の花旅の楽しみの一つ。奥の院まで登って京都の絶景を楽しむ。遠く近江富士も見えている。
b0044663_21433354.jpg

善峯寺を抜けて三鈷寺によってまたまた景色を楽しんで、急登を経てのんびりと静かな杉谷集落を通る。道端にノカンゾウが生えていてKoさんがお昼の食材に摘んでいく。

杉谷集落ののんびりした里山風景を楽しみながらアスファルトの道を進み、山道に入って、いったん緩やかに登って今度は長い坂を下っていくと金蔵寺に着く。
ここも、楽しみのスポットで、今年はどんなんかなあと期待していた境内の枝垂れ桜もちょうど頃合い。
でも、初めて来たときに比べて枝ぶりも小ぶりになっている。
お昼時になって、金蔵寺の展望テラスでいつものようにお弁当を食べる。

b0044663_21442330.jpg

お昼を食べた後は、いよいよ小塩山へアタック。
金蔵寺の裏手からの急登をお昼を食べた後の重い体で登る。苦しい!
喘ぎながら登って最初のアスファルト道に出たところで、
Koさん「たぶん、こっちに行ったところにカタクリの群生地があるはず」と言って荷物を置いて左に向かうが、
どうもおかしい?どうやらKさんの勘違いだったようだ。
それでも元に戻る途中の山の斜面に人知れず群生しているカタクリを発見。
誰も来ていないのでゆっくりと写真を撮る。「もうこれで十分」とPさん。
b0044663_2147796.jpg

元に戻ってまた山道に入りもう一つ上のアスファルトにでる。
そこを右に行ってところに「西山自然ネットワーク」の人たちが管理しているカタクリ群生地に入る。
鹿の食害から守るために設置したネットが功を奏して、今年はここのカタクリが凄い。
白いカタクリも2輪有って大満足。そのあと3か所ほどの群生地を回ったが花の数も少なかった。

b0044663_2149355.jpg

b0044663_21512614.jpg

すべての群生地を見て満足のここちで下山
南春日のバス停から阪急桂駅まで乗って解散。

今日のカタクリ詣では今までで一番きれいだった。
by take4ni4da | 2010-04-10 20:58 | Comments(3)

ショックの初体験。

今日も、会社の帰り赤川の鉄橋を渡って淡路までウォーキング。
橋の上は風が強かったけど、そんなに寒くなくて快調だった。

淡路から阪急電車に乗ると、座る席がないくらい満員。
しょうがないなあとあきらめて吊革につかまっていた。
すると、前の席にいた若者が「どうぞ」といって手招きしてくれた。

「え?」
「そんな年でもないんだけど。」と言って辞退しようと思ったが、
せっかくの好意。このまま意地を張っては若者の立場がない思い
黙って礼をして座らせてもった。

でもね、そんなにみすぼらしく見えたのかなあ?
ちょっと、ショック!
なにしろ、初体験なんですから。

もっとしゃきっとしないと。
反省。
by take4ni4da | 2010-04-09 23:25 | Comments(0)

桜満喫、夙川ウォーク

仲間の月例ウォーキングで夙川の花見ウォーキングに行ってきた。
お天気も昨日よりさらに良くて。
絶好のお花見日和。

阪急「苦楽園口」から夙川沿いの道を南下。
多くの花見客の間をかき分けかき分け
参加の18名のメンバーが迷子にならないように
ところどころで人数確認。
喋り持って後ろの人を気にせずどんどん行く人
ゆっくりのんびり桜を楽しみながら歩く人
まちまちで、僕は前に行ったり立ち止まったりで大変。
b0044663_19531183.jpg
b0044663_1953322.jpg

風邪で声が出ないcさんをJRさくら夙川駅ちかくで見送り、
あとは17名。また、のらりくらりのウォーキング。

阪神「香櫨園駅」を過ぎたところで 、あんなに多かった人の波もまばらになって
夙川公園の道を外れて西宮市立郷土資料館にはいり、西宮の歴史のお勉強。
そろそろお腹もすいてきて、建石筋を南下して 堤防を越えて御前浜公園に着く。
幕末に黒船来襲に備えて勝海舟が作らせた旧西宮砲台跡前でお昼。
b0044663_19541155.jpg

午後は、海に沿って進みヨットハーバーを抜けて
b0044663_19543683.jpg

酒造メーカー白鹿の「酒ミュージアム」に着くも、中に入らずに前を素通りして、
札場筋を北に歩いて、 ちょっと活気のない「西宮中央商店街」西に突き当たって
全国のえびす神社の総本山西宮えびす神社にはいる。
境内は、改修工事がされていて、迂回して本殿に参る。

最後は、阪神西宮駅のカフェテラスで打ち上げのコーヒータイムで解散。

昨日までの冷たい風もなく、天気も最高。
みんな笑顔でまたね。
by take4ni4da | 2010-04-04 19:55 | 日記 | Comments(0)

八幡の背割桜

b0044663_19572992.jpg
今年も八幡の背割桜を見に行ってきた。
去年初めて見に行って大変な感動を覚えた八幡の背割桜を見に行ってきた。
京都の南、桂川、木津川、淀川が合流するところにあるどてに咲く桜。
それは今年も言葉が出ないくらい素晴らしい満開の桜だった。
ただ、風が強くて冷たい一日だった。

b0044663_07512.jpg

b0044663_1958253.jpg

b0044663_083916.jpg

b0044663_2023593.jpg
b0044663_093091.jpg

by take4ni4da | 2010-04-03 22:10 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

何事もなく
at 2017-08-14 21:30
世間はお盆休み。孫来る!
at 2017-08-13 22:35
長岡天神・勝竜寺コース下見
at 2017-08-10 23:49
歩育の中止と、友人の訃報
at 2017-08-08 15:12
京の六地蔵めぐり④鞍馬口地蔵..
at 2017-08-06 23:24

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05
> でこさん 来年は参..
by take4ni4da at 09:59
> RYUさん 今まで..
by take4ni4da at 09:55
暑い中3日間お疲れ様でし..
by でこ at 16:21
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
さくらんぼさん、こんにち..
by take4ni4da at 15:05
こんにちは~。 ヘビ・..
by ibakasumi60 at 08:57
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 10:24

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧