<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秘密の花園と廃墟

i囲炉裏村のmさんに聞いて、近くのとある山の谷間に、クリンソウを見に行って来た。こんなに近くでこんなに凄い群生があるとはしらなんだ。
家の近くのバス停から、朝9時半すぎのバスに乗り込み登山口に向かう。
今日は暑くなりそうだから、敬遠する人が多いのか、
バスもそんなに混んでいなかった。
10時いつものように、いきなりの急坂を登り始める。先月末転倒して以来の山だが、快調だ。
3合目、5合目で小休止して新緑の奇麗な山道を登る。
8合目の分岐を過ぎたところで、ふと思い立って、
戦前この山にケーブルカーが有ったころの山頂駅がちょっと道を
それたところにあると聴いていたので寄って見る。
目の前に現れたのは、緑の蔦に覆われた思いのほか大きな駅舎。
b0044663_8245184.jpg

地下1階、地上2階建て。中に入って2階にも上がって見た。
がらーんと何もないが、昔の営みを思うと虚脱感を感じる。
その向かいの斜面を登ると、こちらもホテルの廃墟がある。
こちらは天井部分はなく、いかにも廃墟という感じ。
それでも、外壁のタイルを観るとその豪華さがうかがえる。

ちょっと時間を食ってしまった。

元の道に戻り、山頂を目指す。

山頂に着くと、片隅に少しクリンソウが咲いていた。
b0044663_831090.jpg
ほんのプロローグか。
ここまで来ると、流石に人も多くなってきて、ちょうど昼時
あちこちでお弁当タイムだ。僕も、京都市内が見下ろせるところのベンチに座って、
買ってきた弁当をいただく。
b0044663_8313522.jpg
b0044663_8321360.jpg

頭上には、まだ八重桜が咲いている。
今日は、最近出た糖質ゼロのビールを持ってきたのでいただく。
思いのほか美味しい。

さて、いよいよ目的のクリンソウ群生地に向かう。
地図を取り出して、見ながら行く。前に5,6人の中高年の
グループが歩いている。途中、前からこちらも同じような年齢の
グループが登ってきて、「クリンソウ奇麗やったよ。いっぱい咲いていた。」と前のグループに話しかけている。どうも前のグループも
そちらに向かうようなので、僕も付いていくことにする。
b0044663_833814.jpg

山道を外れて、谷に下っていく。そのグループのリーダーらしき人が、
「源流から、攻めて行きます。」と言ってどんどん下っていく。
かすかに踏み跡のある明るい道を下って、やがてちょろちょろと
流れ出る源流が現れるとしばらくして、クリンソウが2本、3本と
咲き始める。「こんなもんじゃないですよ」とそのリーダーの人は
説明している。
そして、いよいよ行く手にピンクの帯が見え始めた。
凄い数のクリンソウに感動。次々と現れる群生地に愉しくなる。

b0044663_8334797.jpg
b0044663_8343121.jpg
b0044663_835725.jpg
そのあと、グループと別れて細い谷の道を進んで
ここのクリンソウのお世話をされている人のいる小屋に着く。
クリンソウの種がもらえるそうだが、
ちょうど、ほかのハイカーを案内に出かけられるところで
いいそびれてしまった。

元来た道を戻り、広い見晴らしのいいお地蔵さんが座っている分岐に着く。
側には駐車場まである。こんなところまで車でこれるんだ。

今度は、まっすぐ谷に降りる道に進む。下のほうにさっきのグループが
下りている。この道は昔通ったことがある。
しかし、木の枝を伐採したのがそのままになっていて
道がはっきりしないやっかいなしかも急な道だ。
前のグループも、苦労しているようですぐに追いついてしまった。
四苦八苦してその道を降り切りやっと広い林道に出た。
ところがこの道も長ーい長ーい道。

やっとこさ、いつもくだりに使っている道に出会い
バス停に向かう。

今日は、廃墟と言い、クリンソウと言い
感動の一日だった。
by take4ni4da | 2008-05-17 22:32 | Comments(0)

毎年恒例、山の辺の道ウォーキング

もう6年連続の5月の山の辺の道ウォーキングに行ってきた。
かなり高い降水確率で今日は仕方ないかと、半ばあきらめの境地で出かけたが、
前半、少しパラパラと来た後は曇ってはいたがまずまずの天気だった。
近鉄桜井駅には13名のメンバーが集合。中には遠くさいたまから参加してくれた仲間もいる。
軽く自己紹介をして出発。駅から北へ向かう。最初前を歩いていたほかのグループは
コースが違ったのか、いつの間にかいなくなった。
海柘榴市(つばいち)という古代の市が有ったところで最初の休憩。ここには「仏教伝来の地」の碑も立っている。前を流れる川が大和川。奈良盆地を横切り法隆寺の近くでは「初瀬川」とも呼ばれて生駒の南を大きく回り込んで大阪平野から大阪湾にそそぐ川だ。
b0044663_13185531.jpg
b0044663_13192768.jpg

休憩の後、古い民家の町並みの間を進むと、金谷の石仏に着く。お堂の中に平べったい長方形の石板に彫られた2体の石仏が納めてある。石棺の蓋か?なおも細い道を行って急な石段を上ると平等寺に着く。境内にはツツジが満開。去年はこいのぼりも上がっていたけど、今日は5月5日と言うのに上がっていなくてひっそりとしている。
b0044663_13195021.jpg
平等寺の境内をぬけてしばらく行くと、大神神社に着く。流石に大きな神社とあって人が多い。第一回山の辺の道ウォーキングした時にここで記念撮影をした。同じところで一枚パチリ。ここでトイレ休憩をして先に進む。去年はこの先ちょっと行ったところの道端に神秘的なギンリョウソウを観たが。今年は探しても見つからなかった。隣の狭井神社に寄って拝殿の後ろにわき出ている神水をいただき道中の無事を祈る。
ここからは、山の辺の道らしい雰囲気の中へ。
b0044663_13252893.jpg
b0044663_13254987.jpg
道端には黄色いウマノアシガタが咲き乱れ、小さなかわいいすみれも。玄賓庵を過ぎておなじみの山遍道と彫られた石碑を過ぎると「桧原神社」に着く。雨が降っているためかいつもいるボランティアの人が一人だけ。ここからの春分の日と秋分の日に向かいの二上山に沈む夕日が絶景だという。
b0044663_13245618.jpg
しばらく行くと遠く奈良盆地を見渡せる気持のいい道に出る。両脇に植えられたミカンの木の花は蕾硬し。行く道端にはところどころ無人の野菜売りの棚が置いてあり、女性陣が時々とまって物色。のんびりとした道は涼しい風も通って気持ちがいい。そうこうするうちに「景行天皇稜」に着くちょっと離れたところから見ると奇麗な前方後円墳になっているのがよくわかる。このそばで弁当を食べたこともあるが、今日はまだ先に進む。6号陪塚のそばを通り過ぎまた民家の間を抜けていくときれいなトイレのある休憩所に着く。ここを過ぎるといよいよお弁当。ちょっと登った「崇神天皇稜」の見えるところでお弁当にする。なんとか雨も降らずに昼も終えて先に。
このコースようやく半分と言うところに長岳寺がある。受付のあるところまで両側に続いているツツジの生垣が満開で奇麗だ。お寺には入らずに次に進む。
中山廃寺跡を過ぎて念仏寺のそばの墓地を通る。今年もコバンソウがいっぱい。これも楽しみの一つだ。そしていよいよイチゴのビニールハウスが足り並ぶ農道をひたすら進む。ここにもやはり無人の店が。1パック100円のいちごを買ってみんなで食べ持って歩く。1パック300円のぱっくもあるが流石に見栄えがきれいで美味しい。今年も新鮮な苺をおなかいっぱい食べられて満足。
b0044663_13282698.jpg
れんげ畑もあってメンバーの一人が中に入ってはしゃいでいる。そして最後の楽しみといっても僕じゃないけど、坂の途中にある茶店で最後にソフトクリームを食べるのがわが女性群の楽しみなのだ。僕も自動販売機で缶ビールをいただく。ここでは、桜んぼう狩りもできるが、まだ時期が早いようで周りの桜の木には青いさくらんぼうが、たわわに実っていた。
さーて、いよいよ最後の急登を登る。ビールを飲んだ後なので少ししんどい。坂を登り切るとあとは下り坂で石神神社に境内のニワトリたちが「コケコッコーと迎えてくれた。ゴールしたとたん急に雨が降り出す。なんといいタイミングだろう。
ちょっと休憩して、最後は長い天理のアーケードを通って天理駅にゴール。
遠来のさいたまの客人の歓迎も兼ねて一同大阪の梅田に移動して美味しいビールで打ち上げとなった。カンパーイ!
by take4ni4da | 2008-05-05 23:32 | Comments(3)

連休2日間ジャズウォーキング

3,4日と「高槻ジャズストリート」を楽しんできた。市内47箇所の会場で、なんと600組以上のアーティストが参加して開催された日本一(おそらく)のジャズフェスティバルだ。
今日の高槻はすごい人出で、あちこちの会場でジャズを楽しもうと言う人たちが行きかっていた。
b0044663_11221989.jpg

僕が最初に行ったのは、阪急高槻市駅高架下広場の会場。午後1時からの開演のはずが、1時前に行った時はすでに始まっていて観客が周りの歩道まであふれだしていた。川嶋哲郎率いるトリオの演奏。この人たちはプロだそうだ。流石に素晴らしい演奏を聴かせてくれた。そのあと駅のコンコースに戻って、「徳徳ブラザース」凄いテクニックのアマ?のギターデュオ。その向かいの駅前噴水広場では、若い奇麗な女性二人のジャズボーカル「ゆうことやすよ」がスタンダードナンバーを歌っていた。この人たちはセミプロかな。そのあと高架下広場に戻って「程一彦&BAD BOYS」を観る。程一彦と言うと有名な中華料理の人。もともと大学時代は軽音楽部ということで、高槻ジャズストリートはずっと出演されているそうだ。
今度は、少し歩いてJR高槻駅前の松坂屋屋上に移動して、DHC Jazz Band。同志社のビッグバンドかな。3時からは京都から参加の「Greenhorn Jazz Orchestra」このバンドはアマチュアだけどかなりレベルが高い。京都西院春日神社境内で毎週練習をしている。次が「M.O.Tジャズ楽団」ラテン中心のビッグバンド。割と若くてスマートな演奏。今日はピーカンの天気でかなり暑いが、屋上とあってかなり風がきつくて、楽譜が飛んだりで大変苦労していた。
そのあとまた大きく移動して、高槻城跡公園で「オルケスタ山崎」を聴く。京都大山埼拠点のアマチュアバンド。メンバーに5組の夫婦と何人かの子供がいると言うファミリー楽団で親しみやすい。今回はボーカルもレパートリーに入れて、10月には独自コンサートを開くそうだ。
最後に、高槻市駅に向かう途中JKカフェでWindJammer」というギターバンドと再び高架下会場の「田村文助っ」と駅前広場の平口充カルテットをちらっと見て帰る。
 プロアマが一堂に会しての一大イベント。レベルの差はあるかもしれないが、音楽を演っている人と見ている人が一緒に楽しんでいる。素晴らしい環境だ。全て無料で見られるのがまたいい。イベント運営費は会場で売られているTシャツの収益金で賄われるのでたくさん売れればまた来年もこのイベントが楽しめると言うわけで一枚2000円払って買ってきた。

b0044663_1123639.jpg
そして2日目、今日も昼から高槻ジャズストリートに行ってきた。
今日はメインで見たいと思うグループはなかったので 気楽に、あちこちの会場をつまみ食いしてきた。

着いてすぐの高槻駅コンコースでは サンバの男女のデュオ。今日最初は爽やかな出迎えであった。
すぐに駅前広場の会場に男性4人に女性ボーカルの5人組。スタンダードナンバーを聴かせてくれた。
次に、高架下会場へここが凄い人混み ギターとパーカッションに三味線と言った異色のトリオ。 行った時は、スピッツのヒット曲をやっていたので、何だこんな曲をやるのかと思ったりしたが、次の曲はチックコリアの曲。それも凄いテクニックの三味線だ。梁川トシヒロ(三味線)バンドというらしい。
b0044663_11234554.jpg

次は急いで第一中学校会場へ。今日唯一見たいと思っていたバンド「ThousandMilesBigBand」 バンド名でわかるように吹田の千里拠点のバンドだ。
彼らの演奏を聴くのは今日で4回目だったかな。若々しい張りのあるバンドだ。
そのバンドを聴いていると風に乗って隣のバンドの音が聞こえてきたので そちらへ。やっていたのは「YANAGAWA The Sunny Side Jazz Orchestra」なんと柳川中学校のブラスバンドだ。若々しくてなかなかいい音を出している。
このなかから将来の有望なミュージッシャンが育つのだろうか?
b0044663_112468.jpg

次に隣の高槻城跡公園会場に。行った時はゴスペルクワーヤーの コンサートが終わったところだった。そのあとは外人中心のバンド 「Kulchur Pirates」よく見ると、昨日観た「GreenhornJazzOrchestra」のメンバーが大半だ。GJOより新しいオリジナル中心の曲を演奏。テクニックは 申し分ない。 良かったのでしっかり最後まで見て、そろそろ帰ろうかと思ったが 帰り道、ふらふらとあちこちの会場をつまみ食い。ビッグバンドに、ボサノバ、ジャズボーカルなどなど
どれも素晴らしい演奏だ。なかなか、下手なバンドには巡り合わない。というよりテクニックなんて別にどうでもいいのだ。楽しめればいい。
帰り道、今日のジャズストリートの大物「日野照正」のライブを見ようと会場の前に長蛇の列ができていた。入れそうにないのであきらめて帰ってきた。

今日も、大満足であちこち歩き回って 疲れたあ。
by take4ni4da | 2008-05-04 22:00 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

西国街道・大原野神社をめぐる
at 2017-11-12 23:20
一休さんウオーク
at 2017-11-11 23:48
ウオーキング下見と発見
at 2017-11-10 23:24
嵐山もみじウオーク
at 2017-11-09 23:30
NHKの取材と、囲炉裏村月例会
at 2017-11-08 23:18

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> shizuko-65..
by take4ni4da at 22:04
タイミング良く取材されて..
by shizuko-65 at 18:33
> でこさん コメント..
by take4ni4da at 14:15
リーダーお疲れ様でした。..
by でこ at 09:12
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 01:22
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 21:30
でこさん 参加ありがと..
by take4ni4da at 23:15
2日間お疲れ様様でした。..
by でこ at 21:20
567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧