<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

六甲全山縦走練習会2

明け方、あまりにきつく雨が降っていたので、練習会に行くかどうかさんざん迷った挙句の出発となった。
昨夜、友人に行くと書いた以上引くに引けない状態。
集合地点の鵯越に、時間を過ぎて到着。でも、まだ仲間が待っていてくれた。
合羽を着こんだり、傘を持ったりでそれぞれに出発。鵯越の駅からしばらく気持のいい緑の中の平坦な道を歩く。

一昨年来た時と一部コースが変わっていたが、いよいよ
菊水山の登山口に着く。少し休憩していざ山頂へ。
ずーっと登りの辛い道。雨は降るは、蒸し暑いわで悪戦苦闘。 標高400mあまりで急登なので案外早く黒いゴム製の急階段5,6か所を通過してやっと大きなアンテナの立つ頂上に着く。下界はガスで見えない。
大きな「菊水山」と書いた石碑の前でバンダナショットを撮って再出発。
いったん下って、自動車道路の上に架かるつり橋を渡って、鍋蓋山の登りに取りつく。ここも山頂まで休みなくの急登。やっと着いた山頂、全縦コースの何箇所かに、疲れをいやしてくれるビューポイントがあるが鍋蓋山の頂上もその一つ。しかし、ここも今日は駄目。

鍋蓋山からはしばらくゆるい坂道を下って大龍寺に。境内に「ぼけなし観音」が立っている。
今まで何度も大龍寺は通過しているが、いつも横を通るだけで境内に入るのは初めてだ。
ここで、昼にする。食べている間に雨がきつくなってきて、
後は、新神戸に下って風呂でも入って帰ろうかと弱気になってくるが、市が原に到着すると、やっぱり摩耶山まで行こうということになる。

天狗道といわれる摩耶山を西から登るロングコースを登り、学校林道との合流地点に。
ここが、全縦のちょうど中間点になる。
休憩の後、2,3回アップダウンを繰り返して、岩場などもありきつい登りをクタクタになって摩耶山山頂のキクスイ台に着く。
ここで鵯越をわれわれより1時間前に出発したという、LさんとNさんがでむかえてくれた。しばらく疲れた体を山頂のあずま屋で休めて、どうやって帰ろうかと相談したところ、ロープウエイもあるのだが歩いて降りることになる。
廃寺の急な階段あり、痩せた道ありで結構神経を使いながら新神戸駅まで下り、解散。有志で前回も行ったクワハウスで汗を流し、ビールで乾杯。旨い!
by take4ni4da | 2007-09-30 22:30 | Comments(0)

北海道へ行ってきた。

結婚25周年記念に北海道に行ってきた。
嫁さんは、仕事で一日前に出発。僕は、その日は仕事で翌日一人で関空から千歳に飛んだ。

札幌についたら、少し風があり涼しかった。前日までやはり暑かったらしい。とにかく札幌は時計台ということで、時計台に向かう。以前来たときは修理中で見られなかったので実際に見るのははじめてである。
b0044663_16305843.jpg
その後おなかもすいたのでガイドブックで見た「味の三郎」という大通り公園近くの店でラーメンを食べた。スープはこってり味で見た目はあまり美味しそうでないが、腰が有って美味しかった。嫁さんとの待ち合わせが5時に駅バスターミナルなので時間つぶし。大通公園に戻り、少し行ったところのレンガ造りの旧道庁を見る。なかなか凝ったレンガ造りの立派な庁舎である。その後北海道大学に行き緑の豊富な広いキャンパスを歩き回る。
クラーク博士の像と、ポプラ並木へ。数年前に息子たちと来たときよりポプラの葉が生い茂って見通しが悪かった。
b0044663_16314661.jpg
中央のクラーク博士の像のあたりで、寮歌「都ぞ、弥生」の集会が催されていた、歳をとった北大卒業生と見られる人たちが、大きな声だ肩を組みながら歌っていた。
すこし時間を忘れて北大に長く居たせいで、電話が掛かったきて、駅前の待ちあわせ場所に急いだ。 バスの出発にギリギリ間に合い、今晩の宿、定山渓に向かう。

泊まりだけの定山渓温泉を後に札幌に戻る。今日もすっきり晴れているが、肌寒い。札幌のレンタカースポットでレンタカーを借りる。流石にカーナビも付いている。使うのは初めてでなかなか上手く捜査ができない。やっとこさで行き先を富良野をセットして出発。まずは、嫁さんが運転。(彼女のほうが運転慣れしている。)道央自動車道に乗り札幌を離れると早速、行く手に十勝連峰が見える。しかも広々としている。三笠ICで降りて、今度は一般道を行く。道はすいていてスイスイ。富良野スキー場前の有名(らしい)な喫茶店「北時計」でコーヒー休憩をして、運転を変わる。富良野の市街を抜けるとまたまた雄大な風景が広がる。十勝岳の雄大な眺めに感動。富田ファームの高台のレストランで、
パスタを食べながら、いつまでも眺めていた。
b0044663_16323266.jpg
ファームではラベンダーの盛りは過ぎているが、それでも色とりどりの花が遠くの十勝連峰と合わせて素晴らしい景色を見せてくれた。午後はひたすら走って旭川にある人気の旭山動物園に入る。家族連れで大変賑わっている。「もぐもぐタイム」と称して、動物たちの普段の自然の姿を見せる催しがあり入ってすぐに「ホッキョクグマのもぐもぐタイム」があったので見に行ったら、満員で入れなかった。仕方なし次のオランウータンの檻のところに行く。ここでは二つの檻の間の上方高いところに鉄骨とロープが渡してあり、それを伝って移動するというもの。
b0044663_1633837.jpg
わたっている間に急におしっこをしたりで、下で見ている人に掛かったりするそうだ。最後はお目当てのペンギン館のショーだが、期待していたペンギンの散歩は冬季のみ運動不足解消のため行っているそうで、今日はなし。久しぶりに興奮。楽しい一日だった。
あとは、今日の宿、層雲峡へ直行。

朝一の黒岳5合目へのロープウエイに乗るために、5時半に起きて駅に向かう。着くとすでに長蛇の列。百人乗りのゴンドラに3便目でようやく乗れる。中央の支柱を越えると、黒岳の勇姿が目に飛び込んできた。山頂付近が見事に紅葉している。
b0044663_16344241.jpg
ここからリフトに乗り継いで7合目から1時間半で頂上に立てるそうだが、時間が無いので諦める。しばらく付近の散策を楽しんで、下界に降りる。下のほうがひんやりしていて寒い。ホテルで朝食を取り出発。今日は3っつの湖を廻って、時間が有れば釧路湿原にも行きたい。
まず、層雲峡の景色を楽しむ。見上げる崖の上から落ちてくるダイナミックな「銀河の滝」を見て、今度は滝を背に20分ほど斜面を登ると、「双瀑台」の展望台へ着く。かなり急なのぼりだった。ここから、さっき見たときは隠れていた「流星の滝」も見えてさらに素晴らしい景色で、間に、さっきの黒岳も見えて感動ものだ。
b0044663_16352927.jpg

滝を後に、層雲峡ともお別れをして屈斜路湖に向かう。まっすぐな道が続く北海道の道路は車も少なく走りやすいが、うっかりしているとスピードが出てしまう。交通安全週間なので気をつけながら走る。大雪山系を反対側に周り、平野部を走ってやがて峠にかかる道に。我々は津別峠に着く。標高947mと屈斜路湖を見下ろせる峠のうち一番高い地点だそうだ。流石に絶景だ。遠く知床半島の山並みから、オホーツク海まで見える。
b0044663_1636766.jpg

屈斜路湖畔の道に降りると、近くの硫黄岳のにおいが凄い。さっさと通り過ぎて今度は摩周湖の第3展望台に着く。周囲をすり鉢状のカルデラ湖で、色が美しい。
b0044663_16364674.jpg
ここからはさっきの屈斜路湖も見える。最後に阿寒湖に行き、湖畔の桟橋から富士山のような雄阿寒岳を見る。
b0044663_1637135.jpg
この付近も、そこここから硫黄のガスがぶくぶくと噴出していて臭い。
残り時間を見ると、釧路湿原にはいけそうもないので、一路釧路空港に向かい、ギリギリでレンタカーを返し、17時45分の関空行きで帰る。
by take4ni4da | 2007-09-24 23:00 | Comments(0)

六甲全山縦走練習会Vol.1

天気予報はあまり良くなかった。ところが、快晴。しかも蒸し暑い。
須磨浦公園を登り、旗振山に着くと、明石海峡大橋がくっきり。
素晴らしい眺めだった。
b0044663_12343078.jpg
一度住宅地に下りて今度は栂尾山の地獄の長ーい階段。照りつける太陽がつらい。
時々振り返って、まだ明石大橋を眺めるとちょっと元気が出る。
b0044663_1235247.jpg

低山には不似合いな須磨アルプスを通過するときも、容赦のない日差しが苦しい。
b0044663_12353676.jpg

再び、妙法寺近くの民家の間を抜けていくが、 この灼熱の縦走路で3人の脱落者が出る。
そして、最後の高取山もフラフラになりながら登りきって、休憩所でようやく昼ごはん。待望のビールをいただく。最高に旨い。後は下って住宅地を横切る。ところが、この道もいやらしいアスファルトの登りが続き今日のゴール鵯越にやっとの思いで辿り着いた。
ここに、脱落したと報告のあったMさんからHさんに電話が入り後5分ほどでそこへ行くという。
一帯何処に隠れていたんやろうと待つとひょっこり現れる。なんと、リタイヤ宣言した後気を取り戻し後を追ってきたという。恐るべしMさん。さすがや。
本番は11月だからこんなに苦しくはないと思うが、9月はまだ酷だ。
最後に神戸のクワハウスで風呂に入り、またまたビールで乾杯。
疲れたあ。
by take4ni4da | 2007-09-16 22:30 | Comments(0)

気まぐれ天気の比叡山

朝から、かーっ!と良い天気。ケーブルからの眺めも最高。
567倶楽部のウォーキング。今日は10名の参加でいつもより少ない目だ。
坂本ケーブルの「延暦寺」駅から歩き始める。下界より涼しいが、ちょっとむしむししている。
b0044663_1632970.jpg

根本中堂から阿弥陀堂を通って、にない堂に行く途中ムラサキツリフネソウが群生していた。黄色いツリフネソウはよく見るが、初めて見る色だ。
b0044663_1624164.jpg
時々小雨が降るが大した事は無い。
釈迦堂を過ぎてその裏山に当たるところに下見の時、初めて見たミロクの石仏が有った。下見のときにも見たが、こんな山の中にぽつんと忘れられたような場所にあるのも不思議だ。「一人で来ると、なにか怖いところね」って誰かが言った。 なかなか魅力的な仏様だ。
昼飯時になったので、峯道の途中で弁当にする。ところが、突然の雨!仕方なく傘をさしたり、合羽を着ながらあわただしく食べる。あたりがガスがががって、幻想的な風景になる。
記念写真を撮って、出発したとたんこんどは雨がやむ、なんだったんだ、今の雨は?その後も、ところどころぬかるむ峯道を歩くが、雨はすっかり止んでしまった。「いけず雨だ」
見晴らしの良い玉体杉の場所からは遠く大阪の街がギザギザのシルエットを見せている。
雨もすっかり上ってちょっとぬかるんだところもあるが歩きやすい峯道を通って横川(よかわ)中堂を訪れた後、シャトルバスで比叡山頂へ。
ここで、最後に「宇治金時」を食べようと期待していた食堂。
非情にも閉まっていた。なんでや!
b0044663_1635058.jpg
しかたなく、すすきが秋らしい風景を見せるスキー場跡を通って京福ケーブルまで歩き帰る。
by take4ni4da | 2007-09-15 22:30 | Comments(0)

山の辺そうめんウォーキング

残暑の山の辺の道を歩いてきた。今回の目玉は、三輪名物のそうめんを本場でいただこうという企画。いつもの弁当も買わずに出かけた。もう何回も通っている山の辺の道だがこの時期に来るのは初めて。9月も9日となれば少しは涼しいかと思っていたが、生憎?朝からかんかん照り。いつものコースを歩いて行くと、じりじりと首筋が焼ける。
b0044663_14295950.jpg
このグループは、いつものグループと違って若いのでかなりハイペースだ。要所要所で、用意された資料を読み合わせて勉強をするのだが、そのほかはあっさり通り過ぎてしまう。花を探して時々立ち止まったりしている僕は少々置いてきぼりになる。大神神社に着く。すでにペットボトルが一本空いてしまう。
b0044663_14313615.jpg
そのそうめんを食べる食堂は、大神神社の正面を出て右に回って少し行ったところにあった。冷やしそうめん、おこわセットを頼む。面は細く固ゆでで美味しい。またおこわも炊き立てであったかかった。お値段は1000円。先月のさぬきうどんは390円だったから、えらい違いだ。
b0044663_15494525.jpg

美味しいそうめんを食べた後は元気よく出発。みんな足が速くなる。陽光あふれるというより、猛暑の道をもくもくと歩き、次々と神社や御陵を過ぎる。桧原神社では鳥居の間から二上山がきれいに見えた。もう夏も終わりということで、花はやや少なめ。そのかわりミカンやカリン、ゴーヤなどがあちこちになっていた。ミカンはまだ濃い緑色だ。
でもやっぱり、時々風通しのいいところで立ち止まると、風が涼しい。
b0044663_1433349.jpg

そして、3:50分JR桜井線長柄駅につき、3人の京都組はすぐきた電車に乗ってみんなと別れた。
ほんとに暑い一日だったが、楽しかった。
by take4ni4da | 2007-09-09 22:26 | Comments(0)

大谷山はガスの中

囲炉裏のはんなりオフで滋賀北部(山頂は福井県だった)大谷山に行って来た。総勢なんと31名の大人数。グループを3グループに分けて登った。といっても、どのグループも入り乱れてむちゃくちゃ。マキノスキー場のよこからのぼりの連続。
b0044663_13204194.jpg
前後ながーい列になる。あたりは薄っすらガスがかかって幻想的な風景。
b0044663_13193965.jpg
やっとこさで最初のピーク「寒風」に着き後続を待つも昼も過ぎていてやむなく最終目的地の大谷山にむかう。あたりは、晴れていたらさぞすばらしい眺めだろうと思われる稜線じょうの笹が原が続く。そしてようやくあたり一面ガスと強風の山頂に無事登頂。
b0044663_13184534.jpg
先に昼飯を食べていると遅れていた後続隊も次々到着で、全員そろう。めでたしめでたし。
山頂は強風で寒いので雨具の上着を着込む。まずは、ビールを飲む。旨いねえ。
そのうち、ワインが2種類に日本酒も回ってきて美味しく頂く。最後に全員でバンダナショットを撮って寒い山頂を後にする。途中までもと来た道をもどり「寒風」から「赤坂山」方面の稜線を歩く。この稜線はやはりガスと強風であったが、晴れていたらすばらしい景色が望めただろう。ぜひ、天気のいいときにもう一度来て見たいと思った。
粟柄越で一部の人は赤坂山へピストンに行ったが、僕は前に行っているのでやめて、ひたすらマキノスキー場に向けて降りる。まきのスキー場の温泉で一風呂浴びて、全員車中の人になる。
そして、飽き足りない15名が京都駅前でアワアワタイム。
よお呑んだ。
by take4ni4da | 2007-09-02 22:30 | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

西国街道・大原野神社をめぐる
at 2017-11-12 23:20
一休さんウオーク
at 2017-11-11 23:48
ウオーキング下見と発見
at 2017-11-10 23:24
嵐山もみじウオーク
at 2017-11-09 23:30
NHKの取材と、囲炉裏村月例会
at 2017-11-08 23:18

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> shizuko-65..
by take4ni4da at 22:04
タイミング良く取材されて..
by shizuko-65 at 18:33
> でこさん コメント..
by take4ni4da at 14:15
リーダーお疲れ様でした。..
by でこ at 09:12
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 01:22
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 21:30
でこさん 参加ありがと..
by take4ni4da at 23:15
2日間お疲れ様様でした。..
by でこ at 21:20
567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧