<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大和郡山は雨だった

所属する倶楽部の7月のウォーキングの下見に、大和郡山に行ってきた。
朝起きると、激しい雨。気も失せかけていたが、下見には今日しか行く日がないということで、重い腰を上げた。
近鉄郡山に着いたのが、11時ごろ。本番の集合時間を10時半としたので30分遅れのスタートだ。駅前から直接、郡山城に向かう。雨は小ぶりになって歩きやすい。堀について右に行き昭和に復元されたという追手門に着く。数年前に来た時は桜が満開で奇麗だった。この前で記念写真を撮ったっけ。
b0044663_036475.jpg
追手門をくぐって少し上がると広場になっている。城には雨ということもあって来ている人もまばらであった。さて柳沢文庫は何処だろう?そばに古い建物が建っているが近寄って見ると集会などに利用されている市民会館だそうだ。うろうろ歩きまわると濠の外側を回る道を通って広い道に出てしまった。気を取り直して左に向かい柳沢神社の鳥居の前にでた。どうもこの奥が城のようなので入っていく。神社の本殿を回り込むと天守台に登る石段がありやや歩きにくい石段を登りこじんまりした天守台着く。雨に煙る郡山市街を見下ろす。元の道を戻り脇道にそれて堀を渡ると城の歴史的文書などを展示した柳沢文庫についた。今度来た時に入るとして緑深き城を後に先を急ぐ。ぐっと南に下って途中秀吉の弟、豊臣秀長の墓所の「大納言塚」によりなおも南に向かう。こんもりとした新木山(にきやま)古墳を過ぎると金魚を養殖している池が一面に見渡せる。その中を通り、郡山金魚資料館で珍しい金魚を観る。養殖の池では本当にちっちゃなかわいらしい稚魚がいっぱい泳いでいた。近鉄の踏切を渡り左折れして再び市街に入り狭い道を通って郡山八幡神社によりさらに行くと洞泉寺に着く。ガイドブックにはここに本堂の前に昔光明皇后が病人をいやすために用いたとされる油槽石が写っているが見当たらないどこに行ったんだろう。
b0044663_0393258.jpg
諦めて門前の昔の花街洞泉寺町の古い佇まいの間をぬけて、真ん中に昔の藍染職人が布や糸をさらした掘割が残る石畳の道を通る。ここには箱本館「紺屋」という藍染資料館がある。ここも今度来た時に寄ろう。そのあと秀長の菩提寺「春岳院」によって、まだ雨の残る道を近鉄郡山駅に着いた。
本番のウォーキングは天気が良くなってほしいなと思いながら帰路についた。
by take4ni4da | 2007-06-25 00:40 | Comments(2)

白草山に行ってきた

 岐阜県下呂の白草山に行ってきた。今回、友人に誘われて行くまでこの山の名前は知らなかった。インターネットで調べたら、地元では人気の山だということだ。
 前夜、登山口に近い道の駅にテント泊して、朝起きたらピーカン。暑くなりそうだ。
車で登山口まで向かい、10台ほどとめられる駐車場に入れる。準備をして出発だ。
登山口にある案内板に、イラスト入りの地図が載っていて山頂まで1時間50分とある。
最初、緩やかな登りの林道を行く。道端の小アジサイがまだ蕾だ。久しぶりの登山だが、昨夜のアルコールがまだ残っていて、足が重い。
それでも30分ほどで林道終点に着く。小さな橋を渡っていよいよ山道に入る。少し狭くなったが傾斜は少し急になったかなと感じる程度。ガイドブックにはここと、もう一箇所ジグザグの急登があると書いてあったが、苦にならない程度だ。でも、暑いのと残ったアルコールのせいかやっぱり足が重い。
30分ほどで、尾根道にたどり着く。少し展望が開けて、頭上にドウダンツツジが満開近い。
b0044663_15495243.jpg
登山道のところどころに「山頂まであと1.9km」と看板が立っていて助かる。
 ようやく調子も出てきて、気持ちのいい尾根道を行く。期待していたササユリの姿はない。
しばらく行くと四角い岩の上に三角の岩が乗った「三つ岩」というところに着く。
b0044663_15503430.jpg
それを過ぎてすぐに「箱岩山」への分岐点に着いた。「箱岩山」へは12分掛かるそうなので、先にそちらに向かう。背丈ほどの笹が原の中を進むと、ちょっと低くなったところから御嶽が見えた。山頂付近は少し雲に隠れているが、そのどっしりとした勇姿は良く分かる。少し登ると箱岩山の山頂に着いた。御嶽側は見えないが反対方向の景色は素晴らしい。少し向こうには、これから向かう白草山が見える。高さはこちらが1669mで向こうより28m高い。登ってくるときに見かけた岩は、箱みたいに四角いのでこんな山名がついたのだろうか?
箱岩山を後に、分岐点に戻って笹が原の中を白草山に向かう。高原状の道を15分ほどで山頂に着いた。親子連れと、女性4人グループがすでに到着していた。360度の眺望は少し雲はあるが素晴らしい。御嶽も良く見えるがやっぱりてっぺんだけ雲がかかっていて残念だ。
b0044663_15514628.jpg
地元から来ている女性グループによるとめったにすっきりした御嶽の姿は見られないそうだ。かなり広い山頂の周りにはシロヤシオの花が満開であった。(嬉)
b0044663_15521455.jpg

山頂で、握り飯を頬張ったりWさんが持ってきたグレープフルーツをいただいたり。かなりゆっくりを過ごした後、名残を惜しみながらそろそろと降りる。
もと来た道を、ゆっくり降りて駐車場に12時過ぎに到着。時間がたっぷり有るので、帰り道は、この近くの乗政(のりまさ)大滝に寄る。あまり期待はしていなかったが、なかなか立派な滝だった。最後に下呂のはずれの温泉に入り、帰路につく。
by take4ni4da | 2007-06-17 22:33 | Comments(0)

彦根城に行ってきた

来週のウォーキングの下見のため、彦根城に行ってきた。
コースはるるぶ社発行の大人の遠足BOOK「駅からウォーキング」関西版を参考に歩く。築城400年とかでさぞや混雑しているだろうと予測していったが、案外人が少なかった。特に城へ行くまでの市街地がひっそりとしていた。それでもお城近くに行くにしたがって、人は多くなってきた。城の西側に広がる「四番町スクエア」といわれるエリアは古い町並みが再現されている地区であるが、どうもわざとらしい印象を受けた。この付近にたむろしている人は多かった。城に入るには、入り口で1000円を払う。ちょっと高いんじゃないって思いながらせっかく来たので仕方なく払って入る。入り口からながーい石段を登る。この前行った安土城のそれよりはたいしたことないが・・・。途中ちょうど休憩したくなるころに「寅さん」でおなじみの彦根ゆかりの山田洋次監督展をやっていたので少し覗く。「たそがれ清兵衛」「武士の一分」などのロケ風景などの写真が展示してあった。
そこから少し登って天秤櫓の前の木の橋を渡りようやく天守閣前に着いた。入り口の前に「待ち時間20分」と出ていたが、せっかく来たので列の後ろに並んだ。しかし、そんなに待てなくてもすぐに入れた。中に入るとやっぱり列が出来ていたが、流れているのでちょっと我慢。最上階に上る階段が狭くて、一人ひとりしか通れないのでまたしばらく待つ。手すりをしっかりつかんでやっと登ると、流石に窓のほうから涼しい風が通り抜けている。ぐるーりと彦根の町を見下ろす。琵琶湖もすぐ側に見える。下に下りるときは滑らないように緊張しすぎて足が引きつりそうになった。スリル満点の階段を下りて、外に出るともう誰も並んでいない。時間的なタイミングが有るのか今はすいすい入れるみたいだ。
お昼を廻っているので売店の前でお弁当をたべ、天守閣の側の展望台からの眺めを楽しむ。遠く薄っすらと伊吹山も見える。天守を後に登ってきたのと反対側から下に下りて、内堀の橋を渡り「井伊直弼生誕の地」と書いた石碑を観て、玄宮園という近江八景を模して作られたという庭園を散策する。庭園から今行ってきた天守閣が綺麗に見える。
庭園を出て開国記念館で「井伊家十四代物語」の展示を見た後、とぼとぼ歩いてコースの最終目的地で、井伊家の菩提寺「清涼寺」と「龍潭寺」に向かう。割と広い清涼寺の前には大きな石仏が迎えてくれる。隣の龍潭寺はうっそうとした木立の石畳を行き山門を入ると庭園拝観の案内があるが来週も来るので今回はパスする。あとはもと来た道を戻って彦根駅前に。どこかお茶をするところがないかと探して駅の正面のショッピングセンターの2階でお茶とケーキを食べて、帰路についた。
b0044663_0324733.jpg
彦根屏風(
JR彦根駅の改札前に複製が飾ってあった。
b0044663_0331024.jpg
天秤櫓まえの木の橋
b0044663_0332565.jpg
天守閣。むこうに薄っすら伊吹山が見える(みえるかな?)
by take4ni4da | 2007-06-04 00:35 | Comments(2)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

何事もなく
at 2017-08-14 21:30
世間はお盆休み。孫来る!
at 2017-08-13 22:35
長岡天神・勝竜寺コース下見
at 2017-08-10 23:49
歩育の中止と、友人の訃報
at 2017-08-08 15:12
京の六地蔵めぐり④鞍馬口地蔵..
at 2017-08-06 23:24

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05
> でこさん 来年は参..
by take4ni4da at 09:59
> RYUさん 今まで..
by take4ni4da at 09:55
暑い中3日間お疲れ様でし..
by でこ at 16:21
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
さくらんぼさん、こんにち..
by take4ni4da at 15:05
こんにちは~。 ヘビ・..
by ibakasumi60 at 08:57
> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 10:24

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧