カテゴリ:本( 12 )

歩いてみたくなる本「京都の平熱」(鷲田清一著)

今度、文庫本になったので前から買っていた単行本を読んで、あまりに面白かったので2回も読み返してみた本。筆者は京都のど真ん中で生まれ育った有名な哲学者。普通の京都案内書とは一味違った京都案内だ。京都市内をぐるっと巡回する市バスの206号系統に沿って、反時計回りに其々の場所にまつわる話が展開される。京都駅から東にちょっと行ったところにある2軒のラーメン屋の話から始まって、今宮神社門前の2軒のあぶり餅屋など美味しい話や、明治の若き技術者による琵琶湖疏水や平安神宮建設の話。京都の方々に居るけったいな人のこと、京都人の人間模様、学生の話などなど。永年京都に住んでいる僕も知らないことが、盛りだくさんだ。市バスの路線に沿った話だけど、読んでいるうちに歩きたくなってきた。何度も読んで歩いてみたくなる本だ。
b0044663_15322182.jpg

by take4ni4da | 2013-09-09 23:28 | | Comments(0)

「海賊と呼ばれた男」百田尚樹著

今年の本屋大賞だそうだ。僕はこの本を、そんな賞を貰う前に買っていた。というのは、百田氏のデビュー作「永遠の0(ゼロ)」が抜群に面白かったから、この本が発売されるとすぐに買い求めた。と言ってもこの本を読むきっかけになったのは、やはり本屋大賞に輝いたからだけど・・・
ノンフィクションノベルと帯に書いてある通り、物語は実際の人物の伝記として書かれている。作中では「国岡鉄造」と呼ばれているその人は出光興産の創始者の出光佐三で、太平洋戦争ですべてを失った主人公が、戦前から経営していた「国岡商店」を戦前から働いていて戦争に生き残った店員たちの一人も首を切ることなく、苦しい中団結してゼロから始める。石油を扱っていた国岡商店は、戦後再開した時は石油の一滴もない状態で、ラジオの修理から何でもやりながら、復興の時を辛抱強く待つ。・・・
とにかく、こんな人がいたのかと思うほど波乱万丈、人間主義を貫いた上下2巻の壮大な物語だ。
b0044663_22521097.jpg

by take4ni4da | 2013-05-09 22:53 | | Comments(0)

三上延著「ビブリア古書堂の事件手帖3~栞子さんと消えない絆~」

b0044663_22583018.jpg
シリーズ三作目だ。古書にまつわるミステリーのファンになってしまった。鎌倉の片隅で小さな古本屋を営む若くて美人の女性篠川栞子と、最初は軽い気持ちでバイトとして勤めることになった語り手の五浦大輔。二人に栞子の妹文香。この三作目は、文香がプロローグとエピローグで語り手を務めている。今回題材となった古書は古本市で盗まれたというロバート・F・ヤング著「たんぽぽ娘」、昔読んだ「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいな本」を探してほしいという、題名も分からない本。それと遺産相続に絡む宮澤賢治著「春と修羅」の3冊に「王様の耳はロバの耳」三話仕立ての物語はどれも人間の絆についての話になっている。この冬には4冊目が出るらしいので、今から楽しみだ。
by take4ni4da | 2012-09-19 22:59 | | Comments(1)

北方謙三著「三国志(二の巻)参旗の星」

三国志も、2巻目。まだほんのさわりぐらいだけど、益々面白くなってきた。横暴な董卓に対する無敵の呂布は?曹操は?亡き孫賢の遺志を胸につき進む孫策は?そして関羽、張飛を擁する劉備はどうするの?血なまぐさい覇権争いに、少したじろぎながら読み進むと、なぜかわくわく。さて、つぎは三の巻を読む?それともちょっと寄り道する?まだまだ先があるなあ。
b0044663_21593732.jpg

by take4ni4da | 2012-07-09 21:59 | | Comments(0)

北方謙三著「三国志(一の巻)天狼の星」

三国志はこれが初めてだ。ほかのを読んでいないので、とても新鮮だ。本はずいぶん前に買って本棚の肥やしになっていたのだけど、この壮大な何巻もある本を読む気になれなかった。しかし、息子たちが、横山光輝の漫画本の「三国志」を夢中になって読んでいるのを横目で見ながら、やはり気になる本であった。今回やっとその一巻目に着手することができた。劉備玄徳に従う関羽と、張飛の活躍ぶり、曹操や孫賢、呂布、董卓、袁紹などなどの壮絶な戦いは、面白いのだけど剣が振るわれると首が飛ぶという恐ろしい時代。そんな時代だったのか。どれだけかかって最後まで読めるか解らないけど、まだほんの入り口なのだなあ。
b0044663_2139442.jpg

by take4ni4da | 2012-06-27 21:39 | | Comments(0)

川端裕人著「夏のロケット」

高校生の時、火星にあこがれていた主人公は今は新聞社の科学部担当記者。大田区で起きた爆発事件を追っていくうちに、焼け後の写真の中からミサイルの高度な技術を持った部品をを見つける。さらに高校時代に天文部ロケット班だった仲間たちが集まって再びロケット製作に着手している現場に連れて行かれ、知らず知らずにひきつけられ彼らと行動を共にしてしまう。その仲間の一人が今度の爆発事件の容疑者として警察から指名手配される・・・
目標のマーズ18号打ち上げに向けて4人の仲間が協力し合い、ローコストで高度な技術を駆使してまい進していく姿はワクワクさせられる話だ。さて、打ち上げは成功するのか、はたまた警察の捜査の手はどうなるのか?
著者のデビュー小説だと言うが、なんと愉しいことだろう。ほかの作品も読んでみたくなった。
b0044663_2202511.jpg

by take4ni4da | 2012-06-21 22:01 | | Comments(0)

今野敏著「疑心~隠蔽捜査3」

b0044663_23384329.jpg
立て続け3作目を読了。この小説の面白さは最初から読まないと面白くないと思う。第一作では、なんと嫌な主人公だと思わせておいて、2作目、3作目と進むうちにだんだん応援したくなる。友人や妻から変人とまで呼ばれるほど堅物の主人公の竜崎が、米大統領訪日に当たって、羽田空港を含む第2方面警備本部長の重責に抜擢される。そこへ臨時補佐官として美しい女性キャリアの畠山が配属されると、なんとその女性のことが気になって仕事が手につかなくなる。そこへ、先乗りのシークレットサービスが来日し、テロの恐れがあると羽田空港の封鎖を迫られると言う、度重なる重圧を投げかけられる。恋に落ちてへろへろの竜崎の窮地を描く。2作目も面白かったが、さらに3作目ではハラハラドキドキ。単行本としてはもう第4作目が出ている。さて、今度は?
by take4ni4da | 2012-06-15 23:38 | | Comments(0)

今野敏著「果断~隠蔽捜査2~」

前作「隠蔽捜査」の2作目だ。息子の覚せい剤使用で、諸葛へ左遷された竜崎は、大森署着任早々、管内で起こった強盗事件に続き、その事件の逃走犯とみられる男に寄る立てこもり事件が発生する。なれない新職場のなれない人間関係の中、
b0044663_2255178.jpg
立てこもり事件は犯人射殺で幕を閉じるが、犯人の銃は球切れだったことが分かる。マスコミに寄る犯人殺害の追及が始まると、竜崎にも責任追及が及び、窮地に立たされる。竜崎は処置が正しかったと主張するが・・・
前作に続き、一貫した考えを貫く竜崎に前作とは違った印象を感じる。いやな人間であったはずの竜崎を知らず知らず応援しているのだ。そして、後半のスピード感あふれる展開にぐいぐいと引き込まれる。実に面白い。ひょっとしたら前作より面白いかもしれない。
by take4ni4da | 2012-06-11 22:05 | | Comments(0)

今野敏著「隠蔽捜査」

主人公の竜野は警察官僚(キャリア)で、冒頭の「家庭のことは妻の仕事である」「東大以外は大学じゃない」「部下であっても信用してはならない」などという言葉に、なんて嫌な奴だと思った。
3件の殺人事件が連続で起こる。この被害者はいずれも過去に残酷な少年犯罪を犯して服役した男たちだ。捜査が進む中で警察官が参考人として取り調べを受ける。警察としては一大事。裏で隠蔽工作が画策される。一方、竜野の家庭では、息子がヘロインを吸っているのを自ら発見する。今までキャリアとなるために、あらゆる努力をしてきたことが水の泡となると悩み、殺人事件の捜査担当をしている同期で、幼馴染の伊丹に相談するが「もみ消してしまえ」とアドバイスされる。その伊丹も警察官に寄る殺人事件を隠ぺいしようとしているのを知り、同じようなことをしていいのかどうか迷う。
最初は、いやな主人公だったが、物語が進むに従ってみんなから「変人」扱いされる主人公の正論を貫こうとする姿勢に応援したくなってくる。シリーズはもう4冊も出ているが、初めて読んでみてとても面白かった。
b0044663_212972.jpg

by take4ni4da | 2012-06-05 21:29 | | Comments(0)

「ちあきなおみに会いたい」石田伸也著

先日行った天神橋の居酒屋のマスターと偶然ちあきなおみのことで意気投合。僕の好きな歌手だが、マスターはもっと詳しかった。「僕を師匠と呼んで」とくぎを刺された。そんなこともあって、本屋でこの本を観た時にすぐに買って読んでみた。ちあきなおみの生涯の話やなにやら、うんうん。夫郷英治の死去を機会に表舞台から忽然と姿を消した。彼女が、どんなに凄かったか?美空ひばりなきあとの歌謡曲の担い手として期待されていただけに、筆者を始めその復活を望む声も高まっている。NHKなどは「歌伝説 ちあきなおみの世界」を再放送に再放送を重ねて、ラブコールを続けている。はたして、彼女は再び・・・?
そんなわけで、そのマスターから10枚組の全集を借りてきて聴いている。素晴らしい。マイブームである。
by take4ni4da | 2012-05-31 23:52 | | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

ぶらり、あじさいを観に
at 2017-06-26 23:43
今日はお寺の開山忌へ
at 2017-06-25 23:09
初、孫守り
at 2017-06-24 23:43
今日の風景20170623
at 2017-06-23 23:29
行者さんの歩かれる京の道
at 2017-06-18 23:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

> まあちんさん コメ..
by take4ni4da at 10:24
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 21:06
> まあちんさん 結局..
by take4ni4da at 00:19
たけちゃんさん、こんばん..
by まあちん at 22:30
綺麗なお花が一杯ですね。..
by shizuko-65 at 18:18
でこさん、参加ありがとう..
by take4ni4da at 13:34
お疲れ様でした。例年と違..
by でこ at 17:36
初めまして、ローリングウ..
by rollingwest at 10:39
でこさん、参加ありがとう..
by take4ni4da at 18:16
お疲れ様でした。河津桜が..
by でこ at 14:27

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧