カテゴリ:567倶楽部ウォーク( 49 )

武田尾廃線跡ウオーク

宝塚駅前に10名の仲間が集まった。今日も暑くなりそうだ。
もう14年前に、このコースのウオーキングを実施した。その時は567倶楽部の皆さんは、元気でしっかり歩かれた。14年もたって、参加者の中に567倶楽部のメンバーが3名だけで、元メンバーのSさんと、Rさんの奥さん以外は、たけちゃん@うずまさの友人4名となった。
 宝塚駅を自己紹介の後出発。国道176号線に沿って西に進む。新生瀬大橋までしばらくは緩い登りになっている。今日最大の登りのところだ。生瀬駅近くを過ぎて、歩道が狭くなり尚も進み木の元に。国道を反対側に渡って、下に降りていくと仮設トイレが置いてあり、ここが廃線跡のスタート。前回実施したときは、宝塚駅前から木の元までバスに乗ったが、バスの時間帯が変わったのか、ちょうどのバスがないので、今回は歩いてきた。
 廃線跡に入る前に、トイレ休憩をとった後出発。ところどころに残る枕木に躓かないように、注意しながら歩く。右側は、武庫川渓谷で、ダイナミックな流れを見ながら歩く。川の中の大きな岩に、大きなスズメバチの巣も見られた。おー怖!日差しは強くて、汗ばんでくる。しばらく行くと、一つ目の北山第1トンネルが現れる。トンネル手前で、記念写真を撮って、懐中電灯を用意してトンネルに入る。入り口付近は、まだすこし明るいが、しばらくすると真っ暗で、懐中電灯の光も、ちょっと頼りない。319mの暗闇を通り抜けたところの緑にほっとする。メンバーを数えて10人いることを確かめて、先に進む。次の北山第2トンネルが一番長くて414m。再び、木陰の中を進み、横溝尾第1トンネル(140m)を抜けると、このコース唯一の赤い鉄橋の第2武庫川橋梁を渡る。前に来たときは、真ん中が通れなくて鉄橋のふちについている仮歩道を歩いたが、今回は鉄橋の中央の道が整備されていて、渡れるようになっている。鉄橋を渡り切ると、またすぐ長尾山第1トンネル(300m)に入る。
 トンネルを出てしばらく枕木の並んだ道をしばらく行くと、親水公園の着く。先着のハイカーが、そこここでお弁当を食べているので、われわれも昼食休憩とする。モミジの木陰が心地よい広場で、11月末ごろに来たら、紅葉が綺麗だろうことが想像される。
 午後は、出発前に集合写真を撮ってスタート。すぐにまた、長尾山第2トンネル(142m)に入り抜けるとすぐに、最後の長尾山第3トンネル(86m)を通り抜けて、すぐに廃線跡は終わり、アスファルト道となり、しばらく進むとゴールのJR武田尾駅に着いた。
お疲れさまでした。
b0044663_15503021.jpg
新生瀬大橋の登り
b0044663_15512986.jpg
木の元のトイレ前で休憩
b0044663_15520508.jpg
さあ、廃線跡に突入だ。
b0044663_15525389.jpg
岩にスズメバチの大きな巣(中央の丸いもの)
b0044663_15535060.jpg
北山第1トンネル前で
b0044663_15550828.jpg
真っ暗
b0044663_15553720.jpg
トンネルを抜けてほっとする
b0044663_15561509.jpg
枕木の道は続く
b0044663_15565020.jpg
武庫川渓谷の流れ
b0044663_15572136.jpg
第2武庫川橋梁が見えてきた
b0044663_15582060.jpg
鉄橋を渡る
b0044663_15590659.jpg
また、トンネル
b0044663_15593597.jpg
ハイポーズ!
b0044663_16002877.jpg
最後のトンネルを抜けた
b0044663_16011029.jpg
JR武田尾駅はトンネルの中

by take4ni4da | 2017-10-09 23:46 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

藤森神社から伏見名水めぐりW

仲間のウオークの6月例会。
快晴のJR藤森駅に12名の仲間が集まった。高台のJR藤森駅の駅前から、西の方向に京都の南部方面の見晴らしがよい。空気も澄み切っていて京セラビルから、その向こうの日本電産ビルまですっきりと見えている。京都教育大学前から、藤森神社に。この時期境内のアジサイ園が有名だが、まだちらほらとしか咲いていないので、入園料も撮っていなくて、入り口に、志納金の箱が置いてあって、とりあえず100円払って入る。ところどころ瑞々しい紫陽花が咲いていて、何もないよりいいなあ。本殿の後ろのアジサイ園も入ってみたが、同じようなもの。本殿横には、今日の目的の伏見名水の一つ「不二の水」が沸いている。ちょっと飲んでみたが、ぬるい。
藤森神社を出発。伏水街道を南に進み、京阪墨染駅前から西に進み、高級料理店「清和荘」の玄関に沸く清和の井に。さらに西にどんどん進み、城南宮に到着。入り口付近に菊水若水が沸いている。やはりあまり冷たくない。ここで、トイレ休憩。今日の朝刊に乗っていた、寺田屋事件で痛手を負った坂本龍馬が隠れていたといわれる薩摩藩伏見屋敷の図面が発見されて、この城南宮の神苑の中にあるギャラリー水石亭で公開しているというので聞いてみたら、神苑に入るのに600円いるというので諦める。
城南宮を後に、南に下がり大きな道路に出たところから東に進み、左に京セラ本社のビルを見てさらに進んで、東高瀬川を渡ったところの高瀬川沿いの公園で昼食休憩をとる。
今日は、レギュラーのHaさんが、尾瀬にお出かけで僕が初めて持参した三脚を使って集合写真を撮って出発。さらに東に進み近鉄伏見駅近くで南下し、住吉児童公園でトイレ休憩。じつは当初はここで昼食休憩の予定だったが、遅くなったのでさっきの公園となった。さらに南下して、常盤の水の湧くキンシ正宗に到着したが、今日は休みで門が閉まっていて残念ながら入れず。さらに南に進んで白菊の井戸のある板橋小学校も休みで、校門が固く閉ざされていて、こちらも入れず。誰かが「3勝2敗や」と。そこから少し下がったところには金運清水の大黒寺がある。こちらは、水を飲むことが出来た。大黒寺の本堂の裏にある墓地には、寺田屋事件で犠牲になった9名の墓があった。緩い坂を登り次にたどり着いたのは御香水の御香宮神社。名水の前には、長蛇の列ができていたので、こちらは飲むのを諦める。境内は、何組かのお宮参りのグループがめだった。御香宮をでて、南に進み白菊水の鳥せい本店から、月桂冠大倉記念館に。館内にさかみずという名水があるが、中に入らずに前を通り過ぎて、伏見の濠を渡ってすぐの長建寺に入る。ここには、閼伽水という名水がある。今までより少し冷たい水を頂き、観光の十国舟が通る濠のふちを歩いて西へ、濠から上がって橋を渡り、寺田屋を左に見過ごして、キザクラカッパカントリーに入る。伏水という名水があるが、枯れてしまったのか水は出ていなかった。中庭で、純米大吟醸生酒の試飲を200円払っていただく。酒は久しぶりだが美味しかった。カッパカントリーを最後に、大手筋商店街で解散となった。暑い一日だった。疲れたのか、反省会の最中うとうとしてしまった。お疲れさん。
b0044663_13453155.jpg
藤森神社のあじさい
b0044663_13462434.jpg
まだまだこれからだ
b0044663_13470677.jpg
藤森神社の名水「不二の水」
b0044663_13480949.jpg
競馬ファンのIsさん、今日の勝利を願いましたか?
b0044663_13491308.jpg
清和荘の「清和の井」
b0044663_13501303.jpg
城南宮の「菊水若水」
b0044663_13533663.jpg
昼食の広場でハイポーズ!
b0044663_13543841.jpg
大黒寺の「金運清水」
b0044663_13553678.jpg
西郷隆盛が建てたという「伏見寺田屋殉職九烈士」の墓
b0044663_13565675.jpg
御香宮神社の「御香水」
b0044663_13584069.jpg
焼き鳥で有名な鳥せい本店の「白菊水」ボタンを押すと勢いよく水が飛び出してくる。
b0044663_14002973.jpg
大倉記念館。この中に名水「さかみず」がある。
b0044663_14024507.jpg
長建寺の閼伽水
b0044663_14034686.jpg
朱色の中国風の竜宮門をあとに
b0044663_14043818.jpg
伏見の濠に沿って歩く
b0044663_14051939.jpg
水が出ていないカッパカントリーの伏水
b0044663_14063127.jpg
帰りの夕焼け。明日も天気かな?

by take4ni4da | 2017-06-04 23:49 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

5月は山の辺の道

今年も、山の辺の道にやってきた。実は、最初今年は今までと違って、例年の逆コースを歩こうかと思っていたが、最近世の中きな臭くなってきたので、いつもと違うことをしたら大変なことが起こるとゲンを担ぎ、例年と同じコースにした。
さて、今年は何名集まるかな?今日も朝から快晴。集合時間になって、12名と1名が集まった。1名というのは、前によく歩きに来てくれたJuさんだ。写真愛好家のJuさんは、今日はコースの半ばにある長岳寺の庭園を写しに来たそうだ。「またあとでね」と、駅前からバスに乗って行った。自己紹介と珍しくストレッチ体操をして出発。真っ青な青空に映える三輪山に向けて、歩く。途中、Fuさんから「ちょっと遅れたので後から追いかけます」とメールがあった。「ゆっくり行きます」と返信する。古代の市の跡の海柘榴市(つばいち)の仏教伝来の地の碑の前で休憩。これから三輪山に登るのだというグループと会う。「はだしで登るのですか?」と聞くと、「登山靴で登ります」とのことだった。古い街並みの海柘榴市の民家の道を歩き、金谷の石仏に着く。ここで、Fuさん夫妻と合流。急な階段を上がって平等寺に着く。境内のつつじは、今年もいまいちだ。数年前まで一緒に歩いていた二年前に亡くなったF嬢が、境内に住み着いている猫をかわいがっていたのを思い出す。さらに進んで大神神社に。手前に今年もどっさりギンリョウソウが咲いていた。大神神社でお参りをして休憩後、病気平癒の狭井神社に参る。本殿の前には、ここから三輪山に登拝する人が列を作っていた。裸足の人はいなかったな。本殿の裏手にある三輪山から湧き出る御神水を飲んで、明るい里山の道を歩き先に進む。頭上には山藤や桐の花が綺麗に咲いている。今年の藤は綺麗だ。玄賓庵を過ぎて、「山邉道」(小林秀雄題字)と彫られた石標を過ぎて、桧原神社に着く。今日は鳥居の間から、二上山がくっきりと見える。さらに進もう。ウマノアシガタの黄色い花が咲く進むと、道端にこの辺りの農家でとれた野菜や果物の無人販売の棚がところどころにある。一つ一つに目を止めながら歩いていくと、左にこれから行く景行天皇陵の雄姿が見える。大和の青垣と言われる折り重なる山々の景色の中を進み景行天皇陵を過ぎる。この辺りは昔草原になっていて、昼食をとろうとして、そこで草刈りをしていた人に「ここで、お弁当を食べさせてもらってもいいですか?」と聞いたら、「ええけど、昨日まむしが居ったで。」と言われて、ぞっとしたことがある。程なく、崇神天皇陵に着き昼食。ここのつつじも今年は今一つ。昼食後、記念写真を撮って出発し、長岳寺に到着。ここで、朝あったJuさんに合流。ここから天理まで歩くつもりだったらしいが、まだ距離があると聞いて「やめやめ。石上神社で待っています」と言って別れる。我々は先に進み、中山廃寺跡を過ぎ、竹之内環濠集落を過ぎて、ビニールハウスの並ぶ中を進み、一件の農家に到着。Haさんがイチゴのパックを買い求めてご馳走してくれた。美味しい。ありがとうございます。夜都伎神社を過ぎると、次第に登り峠の茶屋に着き、女性はアイスなどで、男性はビールで涼をとり一服。さあ、あと少し頑張って行こうと出発するが、ここからの登りが今日一番きつい。暑い中、黙々と登りきり、石上神社へ下る。みんなから少し遅れ気味の二人を迷わないように見ながら石上神社に到着した。Juさんも合流して、しばらくの休憩後天理駅に向け出発。巨大な天理教教会本部の前を過ぎ、長いアーケードを通って駅の手前の喫茶店で反省会後解散となる。暑かったけど、最高のウオーキングだった。お疲れ様。
b0044663_14143681.jpg
海柘榴市近くを行く
b0044663_14164057.jpg
海柘榴市の古い街並みを
b0044663_14180051.jpg
石棺の蓋だったという金谷の石仏
b0044663_14191004.jpg
平等寺のつつじはいまいち。前はすごかった
b0044663_14204088.jpg
今は亡きF嬢を思い出す
b0044663_14220039.jpg
ギンリョウソウ
b0044663_14231015.jpg
大神神社に参る人の列が長く伸びる
b0044663_14243011.jpg
大神神社の境内に飾られていた牡丹
b0044663_14260195.jpg
緑の中気持ちの良いウオーク
b0044663_14281571.jpg
今年は山藤が綺麗だ
b0044663_14294035.jpg
桧原神社からの二上山
b0044663_14312945.jpg
ところどころきつい登りも
b0044663_14324474.jpg
喉かな景色に疲れもふっとぶ
b0044663_14335314.jpeg
昼食地で記念写真
b0044663_14350717.jpg
長岳寺のつつじ
b0044663_14425072.jpg
農家で食べたイチゴ美味しかった。
(piさんの写真を拝借しました。)
b0044663_14383993.jpg
峠の茶屋への登り
b0044663_14460003.jpg
途中で見たナンジャモンジャの木
b0044663_14481444.jpg
峠の茶屋(天理観光農園)を後にゴールへ


















by take4ni4da | 2017-05-05 23:18 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

桜満開の万博記念公園をウオーク・お花見WEEK6日目

b0044663_09210647.jpg
 3か月ぶりの仲間のウオークだ。
 各地で、桜満開の季節。何処へ行こうかな。京都もいいけど、何しろ人が多いしね。
いろいろ考えて、万博記念公園に行くことにした。
大阪モノレール「万博記念公園駅」に、久しぶりに仲間のウオークメンバーが集合。
何人来てくれるのかなと思ったが、14名が集まった。最近、天気が思わしくなかったが、今日は雨も上がるという予報だったが、目を覚ますとまだ雨が降っていた。でも、テレビの天気予報では晴れはしないが快方に向かっているというので、一安心。
 いつものように、出発前にそれぞれの自己紹介をして万博記念公園に向かう。JAFカードがあれば、1枚5名まで、250円のところ200円で入れるというので、3枚のカードを使って、全員200円で入ることが出来た。
 公園に入ると、ドッカーン!とシンボルの太陽の塔が迎えてくれた。前に来たときは、一昨年亡くなったKuさんとHuさんも居たな。久しぶりだな。まずは、左に進んで、チューリップの花園を訪れる。良く咲いているところもあれば、まだまだ蕾のところもある。でも、赤や、黄色や紫のコントラストが素晴らしい。次に向かったのが、森の上の回廊「ソラード」に登り、ひときわ高い展望タワーから、鳥の目線になって万博公園全体を眺めた。4名の仲間が、遠慮して登って来なかったが、一緒に登った一人が「馬鹿と煙は・・・」とつぶやきながら登っていたよ。でも、一番上に登ると爽快だ。
 次にすぐ近くの花の丘に行くと、今の時期はポピーのお花畑だ。黄色、赤、白の花がとてもきれいだ。元来た道を戻り、水草の池では珍しい水芭蕉が咲いていた。でも、尾瀬で見る水芭蕉に比べてずいぶん貧弱だ。環境が違うからしょうがないが。さらに進んで、北口を過ぎたところの東屋で休憩後、その先の桜にひきつけられていくと、ちょうど桜がたくさん咲いている丘に着く。ここで、お昼にしようということで、レジャーシートを数枚広げてよっこいしょ!頂きます。時々、花びらがヒラヒラと落ちて来て、良いね。
 午後は、出発前に全員で記念写真を撮って、日本庭園に向かう。日本庭園へ行くのにはいったん外に出て、一般道路を渡らなければならない。その後再び万博公園に戻るには、入場券を提示しなければならないが、はて?どこへ行ったのか?その入場券がいくら探しても見当たらないので、出口の係の人にいうと、「戻られるとき、その旨言ってください。」と言われて、無事通過。
 日本庭園に入り、まず中央休憩所に入り庭園全体を眺める。左から、平安時代、鎌倉・室町時代、江戸時代、現代をイメージして造られているそうだ。さあ、左から順番に回っていこう。山野草の展示コーナーから、桜とユキヤナギが咲き誇る丘から、まだ咲いていないが、5月には綺麗だろうなと思い描きながらつつじヶ丘から、現代の庭に至るまでぐるっと一周して、ゲートから出る。さて、再び万博公園に戻る入り口で係の人に、入場券をなくしたというと、「質問します。何時ごろ入られましたか?」「10時過ぎです。」「入場料はいくらでしたか?」「250円です。」(正規の値段を言ってしまった。)「200円ですね」と質問を受けて、何とか再入場できた。(ほっ!)
 再入場して、あっちの方が桜がいっぱい咲いているぞということで、フリーマーケットで賑わうお祭り広場を通り過ぎ行ってみたのが、いけなかった。そこは、一般のお花見でごったがえしていた。こりゃいかんわ。来んかったらよかったと反省。早々に、通り抜けて太陽の塔前まで帰って来て、後続のメンバーを待つが、6人ほどが、なかなか来ない。どうしたんだろう?電話をするも出ない。迷子になったかな?と思っていたら、ほかのメンバーに電話があり、すでに6名は外に出ているということで、てっきりぼくが先頭を歩いて思っていたが先に行っていたとは。一件落着。公園を出たところで解散となった。お疲れ雅でした。
 絶好のお花見シーズンに、万博公園に次に来るのは、いつかな?
b0044663_22024364.jpg
万博のシンボル「太陽の塔」が迎えてくれた
b0044663_22055139.jpg
桜とチューリップ
b0044663_22075243.jpg
ソラードを歩く
b0044663_22084218.jpg
標高82mの展望タワー
b0044663_22110771.jpg
まだ緑が少ないけど、良い眺めだ
b0044663_22120661.jpg
花の丘のポピーと桜
b0044663_22125875.jpg
水草の池の水芭蕉
b0044663_22140815.jpg
昼食場所
b0044663_22151947.jpg
太陽の塔を後ろから
過去を現した黒い太陽
b0044663_22182127.jpg
日本庭園に
b0044663_22190789.jpg
桜とユキヤナギのコラボレーション
b0044663_22200490.jpg
上は綺麗な桜だけど、下は宴会















by take4ni4da | 2017-04-09 22:21 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

第151回ウオーキング:新春の奈良ウオーク

567倶楽部ウオーキングは、今回で151回になった。このところ、メンバーの死亡や、老齢化で参加人数が10名前後。よく集まった時は20名を超えたこともある。
今日のウオークは、奈良在住のHaさんにお願いして、新春の奈良を案内してもらう。
近鉄奈良駅に集合したのは、なんと19名。もともと567倶楽部のイベントとしてやっていたが、今回も、倶楽部のメンバーは3名と元倶楽部のメンバーが1名で、あとは僕の友人や、俱楽部メンバーの知り合いや家族だ。それにしても、今日はほんとよく集まったね。
改札前で、自己紹介をして出発ひがしむき商店街を南に向かい、奈良基督教会の前に。景観に配慮して和風教会として建てられたそうだ。ひがしむき商店街を少し戻り、興福寺へと続く坂道を上る。北円堂を左に見て進むと五重塔が見えてきた。その手前には来年の落慶を目指して中金堂の復元工事が進んでいる。南円堂前を左に曲がると、正面にどっかと東金堂と五重塔が見える。その間を抜けて進むと、両側に奈良名物の鹿が表れ始める。中国人らしい観光客が持っている鹿せんべいをおねだりしている。
国道169号線を渡りさらに進み、春日大社の参道に合流した。両側の苔むした灯篭の間から鹿が顔を出している。だんだんひとが増えてきたので、ときどき後ろを振り返りながらメンバーが19名いるか確認しながら進む。万葉植物園の前を通り進み、朱色の南門を入り正面に進んでお賽銭を入れて参拝する。お祈りをした後、境内の回廊を一周。真っ暗な堂内に行灯が幻想的な藤波の屋や、神社の後方にある御蓋山頂上浮雲峰への遥拝所などを巡る。
 春日大社を出て、若宮15社を巡り春日大社の森を出て、志賀直哉旧居から向かったところが奈良のピラミッドと言われる頭塔だ。その姿に一同あっと驚く。奈良の町のど真ん中に、こんなものがあるとは?なら時代の東大寺の僧「実忠」によって造営された、7段10メートルの高さの仏塔だ。玄昉という奇妙な伝説の残る、僧の首塚ともいわれていることから頭塔と呼ばれRているとか?四面に22基の石像が配されていて、保存のために瓦の屋根が付けられている。
 珍しい頭塔を堪能した後は、少し戻って鷺池の浮見堂から梅園で昼食。梅はまだ咲いていない。寒いので、食後のコーヒーにウイスキーを少し垂らして飲むと、ほっこりする。最後に浮見堂をバックに記念写真を撮って出発。午後は、奈良町散策でたのしむ。奈良町資料館には、たくさんの身代わりざるのお守りがぶら下がっている。その昔、興福寺とともに大伽藍を誇った元興寺の塔跡を訪ねる。興福寺の五重塔より大きかったとされるその基壇に思いをはせる。暫く奈良町をさまよった後、全員は入れる喫茶店で打ち上げして解散となった。お疲れ様。
b0044663_7214913.jpg
和風建築の奈良基督教会
b0044663_7225172.jpg
南円堂
b0044663_7232128.jpg
興福寺の東金堂と五重塔
b0044663_725155.jpg
灯篭の間から顔を出した鹿
b0044663_725493.jpg
苔むした灯篭
b0044663_7264166.jpg
春日大社南門
b0044663_7273084.jpg
藤波之屋の万燈籠再現
b0044663_7293172.jpg
奈良のピラミッド「頭塔」
b0044663_14364644.jpg
瓦屋根に守られた石仏
b0044663_7302552.jpg
鷺池に浮かぶ浮見堂
b0044663_7343350.jpg
浮見堂をバックにハイチーズ!
b0044663_734528.jpg
奈良町の散策
by take4ni4da | 2017-01-09 23:29 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

師走の京都を巡るウオーク

12月の仲間のウオークは、去年も行った師走の京都を巡るウオークだ。
阪急烏丸駅に集まった仲間は、全部で12名。
そもそも、このウオークを始めたのは、567倶楽部というシニアのネットの仲間同士だったが、今回集まったのはその567倶楽部の仲間が4名プラス元567倶楽部が1名と少ない。後は、僕の友人や、他のメンバーの知人だ。やはり、高齢化で参加する人も年々減ってきているということだ。
 さて、地下の烏丸駅から地上に上がり、大丸の近くの京都の台所である錦市場を訪れる。今はやりの伊藤若冲がこの地に生まれたことでも知られ、商店街のあちこちに「若冲生誕300年」の垂れ幕と絵がある。錦市場を通り過ぎたところに錦天満宮があるが、石の鳥居が両側のビルに突き刺さっている。ビルの中に入ってみると、壁から鳥居の先が突き出ているそうだ。新京極から四条通に出て東に進む。四条大橋を渡って、京都の師走の風物詩「南座のまねき」が見えた。今年は、南座にまねきが上がっているが、改装中のため顔見世興行は先斗町の歌舞練場でされているという。四条通から、花見小路を下り建仁寺に着く。去年も拝観したのでやめようかと思ったが、僕が入らないと拝観したいと思っている人が遠慮するかもしれないので、拝観しない人を外に待たせて拝観する。超有名な俵屋宗達の風神雷神図はレプリカとはいえ迫力がある。そのほかに潮音庭や〇△□の庭、法堂の双龍図など見どころがたっぷりあるので飽きない。建仁寺を出て、次は安井金比羅宮に。縁切り縁結び碑(いし)には、長蛇の列ができていた。安井金比羅宮から、東大路を渡って登っていき、高台寺公園で昼食にしましょ。日差しが暖かいので、日の当たるところを探して腰かける。
 午後は、記念写真を撮って、さあ清水に向かいましょう。庚申堂から八坂の塔の前を通り、暫く登っていくと、「さあ、皆さん後ろを振り返ってください」というと、八坂の塔のビューポイントです。お天気もいいので、良い写真が撮れたかな?どんどん先に登っていきましょう。産寧坂を登りきると七味屋さんの角を左に曲がってどんどん登っていきます。相変わらず人が多いですね。坂を登り清水寺に着いた。せっかく来たのだから、久しぶりに中に入りましょう。比較的安い拝観料400円払って中に。先ずは舞台に。来年早々から、平成の大修理の一環で舞台も大修理に入るので、暫くカバーされてしまうので、今日のコースのハイライトに選んだ。毎年、今年の漢字「金」がこの舞台に飾られているというので、どこにあるかなと探してみたけどなかった。聴くところによると、昨日まで展示されていたそうで、今日からは、祇園石段下の「漢字博物館」に移されたそうだ。残念!舞台にお参りした後は、舞台のちょうど斜め前から眺める奥の院へ。こちらはすでに工事が始まっていて、ところどころ骨組みがあって仮の歩道が設置されている。それでも、舞台がよく見られるように歩道が造られていて、舞台と京都市街の風景が楽しめる。続いて、舞台の正面の高台にある子安塔から、しばらく見られなくなる清水寺の全景を楽しむ。天気もいいので、ほんま、絶景や!さあ十分楽しんだ後は、音羽の滝の前を通って、茶わん坂を下り東山五条を過ぎて、東大路を南下して、秀吉が建てた大極殿跡で少し休憩。日差しがぽかぽかとして気持ちがいい。関ケ原の戦いのもとになった方広寺の釣鐘を見て正面通りを通り河原町通りから、京都駅にゴールした。お疲れさん。
b0044663_10532594.jpg
若冲生誕300年の錦市場
b0044663_10541363.jpg
ビルに突き刺さっている錦天満宮の鳥居
b0044663_10545490.jpg
京の師走の風物詩、南座のまねき
b0044663_10554038.jpg
早朝の祇園花見小路を行く
b0044663_10562352.jpg
風神雷神図(デジタル複製画)
b0044663_10574862.jpg
潮音庭をながめる
b0044663_10585085.jpg
安井金比羅宮で
b0044663_10592480.jpg
八坂の塔
b0044663_115285.jpg
子安塔からの眺め
b0044663_112091.jpg
因縁の方広寺の鐘
by take4ni4da | 2016-12-18 23:30 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

あすKYOフェスタ元気ウオークと植物園

「あすのKyoto・地域創生フェスタ」in京都府立植物園」の行事の一部として、元気ウオークが行われた。
京都駅集合9時半という予定だったが、京都駅前のイベントのおかげで、五条児童公園で出発式を行った。
今日は、昨日と打って変わって、冷たい風が吹き抜けて寒い朝だ。五条児童公園を出発して、木屋町通りを五条から二条へ歩き、二条大橋から鴨川河川敷に降りて北上。河川敷では、マラソンの練習する人が行きかっていた。荒神橋で休憩し、さらに賀茂大橋から出雲橋を経て北大路橋を渡り、植物園に12時前に着いた。
今日は、植物園は入園無料で、ウオーキングは植物園に入って中央にある大広場で解散となる。
広場では、京都府のいろいろの団体のブースが出店いていて、中央の舞台では音楽などが行われていた。KWAのブースでは、来年のスケジュール表や、来年3月開催のツーデーウオークのパンフレットなどが配られていた。スタッフは、ここで解散なんだけど、午後に開催されるKWAのウオーキング教室の世話のために残る。弁当を食べて、時間があったのでしばらく植物園をぶらり。先日も行ってみたシンボルツリーを見に行くと、今年の色づきが悪い。しかも、もうすでにだいぶ散ってしまっている。今年は、ダメだな。
KWAブースに戻り、ウオーキング教室で、参加者に靴ひもの結び方や歩き方をアドバイスする。20名あまりの人が参加されて、何とかかっこが付いたようだ。
教室が終わったので、みんなと別れてしばらく植物園内を散策した後、帰る。
b0044663_23451516.jpg
寒い五条児童公園で出発式
b0044663_23463845.jpg
木屋町通りを北へ
b0044663_23472566.jpg
鴨川河川敷を行く
b0044663_2348378.jpg
京都府立植物園に着きました。
b0044663_23511290.jpg
シンボルツリーのフウは今年は今一つだ
b0044663_23523153.jpg
ステージではゆるキャラのショー
b0044663_2353385.jpg
ウオーキング教室風景
b0044663_23544840.jpg
銀杏の木の下で
by take4ni4da | 2016-11-23 23:23 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

植物園から下鴨神社、三条大橋へ

 暑い時期や雨などで5月以来実施していなかった仲間のウオーキング。久しぶりの実施だ。
久しぶりにどこに行こうかな?
もう、148回もやっている仲間のウオーキングも、最近ややネタ切れだ。
でも、そうは言ってられないな、前に行ったコースに少しアレンジを加えて今回は植物園から歩いてみよう。
 集合時間になって、10名の仲間が集まった。以前は多いときで20数名集まったが、メンバーが無くなったりでずいぶん減ってきた。
 地下鉄北山駅改札前で、自己紹介の後地上に上がったところにある京都府立陶板名画の庭に入る。70歳以上は無料で、隣の植物園との共通券は250円とお得。館内には、名画を陶板で造った物が展示されている。中でも、ミケランジェロの最後の審判はバチカン・システィナ礼拝堂のものと同じ大きさで、圧巻だ。
 陶板名画の森を出て、隣の京都府立植物園に入る。この時期は、咲く花が少なくてちょっと寂しいが、真っ赤なサルビアやケイトウ、コスモス畑や宇宙芋と言われる珍しい植物などもしっかり楽しめた。ちょっと残念だったのは。シンボルツリーのフウがまだ青々としていたことで、もう一回来ないとと思った。植物園会館では「コケ展」も催されていて、様々なコケの盆栽を鑑賞。ミニマムの世界のコケの盆栽に感動を覚えるが、ちょっとちまちま感が好きになれないなあ。中央にある池の周りでは紅葉がちょうど見ごろで、楽しませてくれた。ぐるりと園内を回って大芝生地にある森のカフェの傍の東屋のしたで昼食にする。
 植物園を十分楽しんだ後は、賀茂川の河川敷を歩く。ウオーキングではよく歩くコースだ。河川敷をジョギングする人た自転車に乗る人たちと行くすれ違う。川面には鴨が群れている。快晴の空の下、イチョウの黄色が映える。
 下鴨神社に着くと、七五三参りのかわいい風景に。下鴨神社の境内にある「河合神社」には、鴨長明が方丈気を書いたといわれる組み立て式の「方丈庵」の復元がされている。また、女性の守護神の河合神社の絵馬は表に願い事を書いて、裏の顔に化粧して納めるというカワイイものだ。
 下鴨神社に参拝の後、再び鴨川河川敷を下り三条大橋で解散した。お疲れ様。
b0044663_1134505.jpg
安藤忠雄設計の陶板の庭
b0044663_11354853.jpg
圧巻のミケランジェロの最後の審判。なんだか地獄極楽絵巻に似ているな
b0044663_11395394.jpg
真っ赤なサルビアの後ろはパパイヤ
b0044663_11402880.jpg
ウチュウイモ
b0044663_1140592.jpg
菊も満開
b0044663_11412720.jpg
シンボルツリーのフウ。残念ながらまだ青い
b0044663_1143149.jpg
コスモスももうすぐ終わり
b0044663_11444791.jpg
コスモス園にて
b0044663_1145347.jpg
わー、ちっちゃい(コケ展で)
b0044663_11472199.jpg
紅葉も最高
b0044663_11481610.jpg
河合神社の方丈庵の復元
b0044663_114965.jpg
「美人になれますように」河合神社の絵馬
by take4ni4da | 2016-11-13 23:30 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

バレンタイン京都門前菓子ウオーク

ハッピーバレンタインということで、あんまり関係ないけど
今日の目的は、北野天満宮と今宮神社の門前菓子を求めてウオーク

前夜の大雨、朝まで続いていたので、ちょっとやきもきした。
朝6時、まだ降っていたので、よっぽどメールや電話で中止しようかと思ったほどだ。
でも、天気予報では昼ごろには回復に向うようなのでそのままにした。

10時円町には12名の仲間が集まった。
最近は、567倶楽部の仲間の参加が減っている。
今日も、現在のメンバーが3名と、元メンバーが1名
あとは、僕の友人と、妻とその友人だ。

円町から、丸太町を東に向かい紙屋川沿いに北進してだるま寺(法輪寺)に着く。
境内の中央にある達磨堂には、たくさんの達磨像が安置されている。
まん前にある賽銭箱も達磨の形をしている。
b0044663_16511017.jpg

だるま寺を後にして、西大路通りを北上し一条通を右折してすぐのところの
椿寺こと「地蔵院」による。本堂前の散り椿はまだ鼻が少なく大方がつぼみだ。
b0044663_16513517.jpg

地蔵院から一条通を東に歩く。このとおりは安部清明ゆかりのとおりで、
妖怪ストリートと呼ばれ、商店街の各店の前には妖怪の人形が置かれている。
ちょうどその中ほどに大将軍八神社があり、方除・厄除の神さんだ。
b0044663_16515120.jpg

一条通から左に折れて今出川通りを渡って、北野天満宮に入ると、
梅園の梅も見ごろのようだ。入園料700円の梅園には入らず、
境内の梅を楽しむ。
b0044663_16523449.jpg
b0044663_16525219.jpg

東門の側にある秀吉ゆかりの長五郎餅の売店で、参加人数分の12個かって食べる。
美味しい。
b0044663_16531031.jpg

花街の上七軒の風情のある町並みを抜けて、千本釈迦堂に入る。
境内には、大きなお亀像がある。
大工の夫の失敗にアドバイスして窮地を救ったが、それがばれては
夫の名誉に傷がつくと重い自害したお亀の像である。
b0044663_16535035.jpg

千本釈迦堂を出て狭い道を行き千本通りに出る。
千本通りの地名の由来は船岡山の西方の埋葬地(蓮台野)に向う道に立てられた
千本の卒塔婆からといわれているらしい。
千本通りを渡ってすこし北に行くと釘抜き地蔵(石像寺)がある。
苦しみを抜き取ってくれるということで、奉納された
八寸釘と釘抜きの絵馬が本堂の周りに貼り付けられている。
b0044663_16593917.jpg

さらに北に行き、釘抜きならぬ舌抜きの千本えんま堂(引接寺いんじょうじ)に。
今日はお顔を拝めなかったが、中ほどに大きなえんま像がある。
本堂の裏には、うそ偽りばかり書いて地獄へ落とされて苦しんでいる紫式部を、
すくうために立てられた供養塔がある。その側には、今日参加したFuちゃんに似た
かわいい紫式部像が建っていた。
b0044663_1782843.jpg

そのあと、同じ千本通り沿いにある聖徳太子の母の菩提のためにたてたという上品蓮台寺に
寄って北大路を東にたどり途中のスーパーで弁当を仕入れて、船岡山公園に着いた。
ここから、東方面の展望が良い。中ほどに、今日参加した全員は入れる東屋で弁当を食べる。
b0044663_13502364.jpg

記念写真を撮って、午後は船岡山公園を後にまっすぐ北にたどって今宮神社に。
お参りを済ませて、東門を出ると門前菓子の焙り餅屋に到着。
b0044663_144039.jpg

向かい合わせで建つ二軒の焙り餅屋、本家「かざりや」、元祖「一文字屋」
どっちがどっちやねん。今、弁当を食べたところやろ?
でも、今日の目的のひとつだから、それぞれ6人ずつ別れて入る。どっちが美味しいかな?
僕は、下見のとき一文字屋に入ったから、今回は「かざりや」にお邪魔する。
感想・・・どっちもどっちや。でも、ちょっと今日入ったとこの方が出てくるのが早かったなあ。
向かいに入った人たちは、こちらが食べ終わる頃まだ待っていた。
b0044663_1442350.jpg

ああ、おなかいっぱい。もう食べられへん。
重いおなかを抱えて出発。一休さんで有名な大徳寺を抜けてきた大路通りに出て
東に向うと、ゴールの地下鉄北大路駅に到着。
お疲れ様。
by take4ni4da | 2016-02-14 23:22 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)

ウオークの下見

来週の日曜日に実施する仲間のウオークの下見に行ってきた。

コースは、JR円町駅から、だるま寺、地蔵院、北野天満宮、
上七軒、千本釈迦堂、釘抜き地蔵、千本えんま堂から
船岡山公園で昼食、そのあと今宮神社を通って、
その門前に向かい合わせで、対抗している
焙り餅屋で、焙り餅を食べて、大徳寺から北大路駅にゴール。

前にも一度歩いたコースだが、
そのときは焙り餅屋の前を通り過ぎるだけだったので、
今回は、向い合わせの店のどちらかに入って
その焙り餅を食べようというのが、ひとつの目的だ。

今回の下見では、「本家・かざりや」「元祖・一文字屋和助」のうち
一文字屋に寄って、焙り餅を食べた。
二人で行ったので、二人前頼んだが、
一人前一皿12本もあり、「一人前でも良かったなあ」と、ちょっと後悔。
それも、昼に船岡山公園の側にある中華で食べた昼食の量が多くて
おなかいっぱいだったためだ。
本番のウオークでは昼を控えめにしておこうと思った。

ゴールは、地下鉄「北大路駅」だが、今日は歩き足らなかったので、
そのまま、鴨川河川敷を四条大橋まで歩いて返ってきた。

ときどきあられが降る寒い一日だったが、
日差しがあると、歩いていて汗が滲み出す陽気にもなり
ややこしい一日だった。
b0044663_11364215.jpg
だるま寺(法輪寺)
b0044663_11374650.jpg
大将軍八神社
b0044663_11384456.jpg
北野天満宮の梅も少しではあるが咲いていた。
b0044663_11393886.jpg
千本釈迦堂のおかめ像
b0044663_11404029.jpg
釘抜き地蔵(石像寺(しゃくぞうじ))
b0044663_11423641.jpg
船岡山から、左大文字山と、その後が愛宕山
b0044663_11433910.jpg
平野神社の東門を出たところにある焙り餅屋。左が一文字屋和助。右がかざりや
b0044663_11452913.jpg
これが焙り餅。一人前12本ある。
by take4ni4da | 2016-02-07 23:12 | 567倶楽部ウォーク | Comments(0)


趣味(音楽、山、ウォーキング)中心に気の向くままにいろいろ書いています。よろしかったらコメント頂戴ね!


by take4ni4da

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

カテゴリ

全体
日記
KWAウォーク
山と仲間と囲炉裏村
567倶楽部ウォーク
ナガスポウオーク

フォト
嵐電に乗って
未分類

最新の記事

伊丹スカイパーク
at 2017-10-15 23:37
武田尾廃線跡ウオーク
at 2017-10-09 23:46
木島神社の神輿祭
at 2017-10-08 16:45
ピンクリボン京都スタンプラリ..
at 2017-10-07 23:21
桂川・東海道自然歩道ウオーク
at 2017-09-28 22:31

以前の記事

2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 11月
2004年 10月

最新のコメント

でこさん 参加ありがと..
by take4ni4da at 23:15
2日間お疲れ様様でした。..
by でこ at 21:20
567倶楽部のオフ会はも..
by take4ni4da at 13:48
本当に残念な事です。寂し..
by ukuleleojisan at 17:05
> でこさん 来年は参..
by take4ni4da at 09:59
> RYUさん 今まで..
by take4ni4da at 09:55
暑い中3日間お疲れ様でし..
by でこ at 16:21
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
ベテランさんでも暑かった..
by RYU at 05:41
さくらんぼさん、こんにち..
by take4ni4da at 15:05

メモ帳

フォロー中のブログ

ライフログ

音楽


ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧